コラム

 公開日: 2016-10-08  最終更新日: 2016-10-10

確定拠出年金の年金受取は不利ですか?

こんにちは。
確定拠出年金相談ねっと 認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です。

小規模企業共済等掛金控除


控除証明書が送付されてくる季節になりました。

生命保険料控除や損害保険料控除と同じように、
個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の控除証明書が送付されてきます。

毎年、10月に 国民年金基金連合会から「掛金払込証明書」届きます。
初回の掛金の納付が10月以降の場合、翌年の1月に送付されます。
年末調整や確定申告で必要ですから、しっかり確認しましょう!
こちらのコラムに詳細を記載しています

分割受取りは公的年金控除がつかえる


前回のコラムでは、
確定拠出年金の分割受け取り時の税優遇「公的年金控除」について
ご説明しました。
こちら

確定拠出年金を分割受取するときは公的年金控除が使えます。

受取期間中は、雑所得として税金が掛かる場合もあります。
健康保険や介護保険は所得に応じて保険料が決まりますので、
雑所得がいくらになるか?注意が必要です。

公的年金は原則、65歳から受け取ります。
60歳から65歳までの「つなぎ年金」として確定拠出年金を
分割受取りすれば、年額70万円まで公的年金控除を使えばゼロ円となります。

60歳から65歳までの公的年金控除の枠がもったいないと考える方は、
シミュレーションしてみてはどうでしょうか。

一括受取の場合は、
全額を無税で受け取れる場合があるので一括受取を選ぶ人が多いです。
厚生労働省のデータでも 90%以上の方が一括受取を選択しています。
自宅をリフォームしたり、車を買い換えたり、住宅ローンの残債を返済する場合は
一括受取りしたほうが有利です。

とりあえず「一括受取して現金化する」という場合は、少し考える


一括受取りした金額を運用しながら、生活費として取り崩していくという場合は
確定拠出年金の分割受取りも検討してみましょう。

確定拠出年金を分割受取した場合、未受取額は非課税で
運用できるという税メリットがあります。

例えば、元本+運用益で1000万円 貯めたとします。
毎年10%(約100万円)ずつ取り崩していく場合

1年目 取崩額 1000万円×10%=100万円
1年目残高1000万円―100万円=900万円

となりますね。

確定拠出年金口座では、残高の900万円を運用することができます。
仮に 運用利回りが1%だった場合、
運用益は900万円×1%=90,000円
となります。

確定拠出年金口座の中では、運用益90,000円は非課税となります。

このように、確定拠出年金口座は受取期間中も運用できますし、
運用益は非課税というメリットがあります。

なお、分割受取する場合は、口座管理手数料が毎月かかります。
口座管理手数料は金融機関によって、異なります。(最安は64円/月 最高は539円/月)

最安値の金融機関を選択した場合、64円×12ヶ月=768円 年間口座維持コストが
かかります。

768円÷20%=3,840円以上の運用益がでないと、コストのほうが大きくなりますね。

また、振込の都度 給付事務手数料 432円が差し引かれるという費用が掛かります。

一括で全額受取りして、それを自分で運用する場合、
運用益に課税されることもありますので、
分割受取も併用するなど、もっとも節税できる受取方法を選ぶことが重要です。

 「

分割受取期間も運用できて、運用益が非課税となる


「分割受取期間も運用できて、運用益が非課税となる」
という事も、確定拠出年金口座の税メリットです。


DCはずっと非課税

確定拠出年金口座の税金メリットは

貯めるとき
増やしているとき
受け取る時

【分割受取りの場合】
据え置くとき
取り崩すとき

NISA(少額投資非課税制度)の非課税期間は5年です。
運用益に対する非課税期間は確定拠出年金が有利です。

退職所得控除の額一杯までは一括で受取して、
残額があれば運用しながら分割受取りするという方法もできます。

受取時に、節税効果が高い受取方法を選ぶようにしっかりと検討しましょう。

確定拠出年金のご相談

確定拠出年金に関する各種ご相談を承っております。
以下のフォームからお問い合わせください。
確定拠出年金のご相談受付フォーム

確定拠出年金のセミナー開催しています!


少人数制ですから、しっかり理解したい人はお勧めです。
2016年12月 確定拠出年金 iDeCoセミナー ≪投資・運用編≫

https://wiselife.biz/fp/hkatou/seminar/1534

2016年12月 確定拠出年金 iDeCoセミナー ≪制度編≫

https://wiselife.biz/fp/hkatou

この記事を書いたプロ

株式会社LSFP [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 加藤博

東京都千代田区三崎町3-4-4 小林ビル1階 [地図]
TEL:03-5357-1535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
S様アンケート

2016年11月に確定拠出年金iDeCoセミナーにご参加いただきましたS様のアンケートです。

 
このプロの紹介記事
株式会社LSFPの加藤博さん

「お金の使い方」にあわせた「お金の作り方・ふやし方」お教えします(1/3)

 確定拠出年金をご存知ですか。どんな年金なのか、少し想像がつきにくいですね。「老後資金に向く金融商品の中で、税制優遇が優れている公的制度であり、私が一番お勧めしたい制度です」と話すのは、確定拠出年金に詳しいファイナンシャルプランナーの加藤博...

加藤博プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

個人・中小企業問わず目的に合った貯蓄・運用手段を提示する

会社名 : 株式会社LSFP
住所 : 東京都千代田区三崎町3-4-4 小林ビル1階 [地図]
TEL : 03-5357-1535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5357-1535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤博(かとうひろし)

株式会社LSFP

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
個人年金保険の年利回りを計算してみました②
イメージ

こんにちは。CFPⓇ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士の加藤博です。老後資産を準備する方法として個...

[ 確定拠出年金 iDeCo イデコ ]

個人年金保険の年利回りを計算してみました①
イメージ

こんにちは。CFPⓇ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士の加藤博です。老後資産を準備する方法として個...

[ 確定拠出年金 iDeCo イデコ ]

新興国株式ファンドを研究してみました①「SBI-EXE-i」
イメージ

こんにちは。CFPⓇ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士の加藤博です。前回のコラム「新興国へ投資する...

[ 確定拠出年金 iDeCo イデコ ]

新興国へ投資する投資信託を検討してみる
イメージ

こんにちは。CFPⓇ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士の加藤博です。一般的に新興国への投資は「ハイ...

[ 確定拠出年金 iDeCo イデコ ]

インデックス型投資信託研究【 SBI TOPIX100インデックスDC】
イメージ

こんにちは。CFPⓇ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士の加藤博です。確定拠出年金口座で運用するなら...

[ 確定拠出年金 iDeCo イデコ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ