コラム

 公開日: 2016-10-01  最終更新日: 2016-10-10

掛金が全額所得控除になる確定拠出年金

こんにちは。確定拠出年金相談ねっと 認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です

個人型確定拠出年金(iDeCoイデコ)は税金メリットが大きいのが特徴です。

積立てる金額のことを掛金といいますが、掛金全額が所得税・住民税の所得控除になります。

具体的にみていきましょう。
毎月2万円ずつ積み立てするとします。
1月から開始すると12月には、24万円積立てすることができますね。
積立金額が所得控除となり、還付される仕組があります。所得控除とは、所得税や住民税の課税対象から控除できる経費みたいなものです。
通常、積立金は経費にはなりませんが、国が経費と認めているもの(制度)があります。

課税所得が150万円とします。150万円の所得税率は5%、住民税率は10%です。
所得税・住民税の税額は 「課税所得 × 税率」で計算します。

●普通貯金で毎月2万円貯めた場合


●普通貯金で毎月2万円貯めた場合




普通預金は所得控除の対象とはなりませんので、控除額はゼロ円となります。

●全額所得控除の場合


●所得控除ありの制度で貯めた場合




税金が 36,000円(225,000円-189,000円)減りましたね!
年末調整で税金が戻ってくるイメージです。

24万円の積立をしたら、3.6万円税金が戻ってきたということは、204,000円で24万円の積立をしたということです。

同じ24万円積立するなら、お得ですよね。このお得を「節税効果」といいます。

節税効果の大きなこの制度は『確定拠出年金(かくていきょしゅつねんきん)』といいます。
確定拠出年金の大きな特徴が、『掛金の全額が所得控除できる』ということです。

個人年金保険と比較してみましょう


同じ、節税効果がある貯蓄方法として、生命保険があります。
生命保険料控除って聞いたことありませんか?

同じように24万円を年金保険で積立てた場合は、どうなるでしょうか?

年金保険の場合



年金保険の生命保険料控除は 所得税で4万円、住民税で2.8万円が上限となっているので、節税額は 4,800円(225,000円-220,200円)となっています。

◆所得控除の効果を検証


3つの貯蓄方法を比較すると以下のようになります。

実質負担=年間積立額-節税額
節税率=節税額÷年間積立額

表4

同じ24万円を積立した場合でも、節税額を加味すると、実質負担が違ってきます。

1年後この24万円がいくらになっているか?が重要ですが、低金利時代の今、1年間で増えるお金は限られていますね。
仮に、1%増えたとしましょう。(増えたお金に対する税金はここでは無視します)


表5

実質負担した額が1年後どれだけ増えたのか?
この率を「残高÷実質負担」で計算しています。
普通の預金は101.0%、確定拠出年金は118.8%、年金保険は103.1%となりました。
1年後の残高が同じであれば、節税額が大きい制度のほうが有利になります。

もちろん、節税額以上に増やすことができる運用商品があれば、そちらが有利になりますが、マイナス金利の現在、上の例のように18.8%増やすことができる商品はありません。

節税メリットの最も大きい制度が「確定拠出年金」です。隠れた税優遇制度とも言われています。


節税メリットはマイナス金利のような低金利時代にこそ、注目するべきですね。

確定拠出年金のご相談

確定拠出年金に関する各種ご相談を承っております。
以下のフォームからお問い合わせください。
確定拠出年金のご相談受付フォーム

セミナー開催しています


確定拠出年金のセミナーを開催しています。
ご興味のある方はご参加ください!

https://goo.gl/ll4EOA

セミナーバナー

確定拠出年金のセミナー開催しています!


少人数制ですから、しっかり理解したい人はお勧めです。
2016年12月 確定拠出年金 iDeCoセミナー ≪投資・運用編≫

https://wiselife.biz/fp/hkatou/seminar/1534

2016年12月 確定拠出年金 iDeCoセミナー ≪制度編≫

https://wiselife.biz/fp/hkatou

この記事を書いたプロ

株式会社LSFP [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 加藤博

東京都千代田区三崎町3-4-4 小林ビル1階 [地図]
TEL:03-5357-1535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
S様アンケート

2016年11月に確定拠出年金iDeCoセミナーにご参加いただきましたS様のアンケートです。

 
このプロの紹介記事
株式会社LSFPの加藤博さん

「お金の使い方」にあわせた「お金の作り方・ふやし方」お教えします(1/3)

 確定拠出年金をご存知ですか。どんな年金なのか、少し想像がつきにくいですね。「老後資金に向く金融商品の中で、税制優遇が優れている公的制度であり、私が一番お勧めしたい制度です」と話すのは、確定拠出年金に詳しいファイナンシャルプランナーの加藤博...

加藤博プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

個人・中小企業問わず目的に合った貯蓄・運用手段を提示する

会社名 : 株式会社LSFP
住所 : 東京都千代田区三崎町3-4-4 小林ビル1階 [地図]
TEL : 03-5357-1535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5357-1535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤博(かとうひろし)

株式会社LSFP

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新興国株式ファンドを研究してみました①「SBI-EXE-i」
イメージ

こんにちは。CFPⓇ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士の加藤博です。前回のコラム「新興国へ投資する...

[ 確定拠出年金 iDeCo イデコ ]

新興国へ投資する投資信託を検討してみる
イメージ

こんにちは。CFPⓇ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士の加藤博です。一般的に新興国への投資は「ハイ...

[ 確定拠出年金 iDeCo イデコ ]

インデックス型投資信託研究【 SBI TOPIX100インデックスDC】
イメージ

こんにちは。CFPⓇ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士の加藤博です。確定拠出年金口座で運用するなら...

[ 確定拠出年金 iDeCo イデコ ]

iDeCoで積み立てよう!インデックス型投資信託とは?
イメージ

こんにちは。CFPⓇ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士の加藤博です。コラム『iDeCoで積み立てよう!...

[ 確定拠出年金 iDeCo イデコ ]

12月6日火曜日 14時開催 「お得に貯蓄!年金保険 NISA iDeCo」

こんにちは。確定拠出年金 相談ねっとわーく認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です。確定拠出年金...

[ 確定拠出年金 iDeCo イデコ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ