コラム

 公開日: 2018-05-05 

働くママへ両立なんてしなくていい!

岡山のママたちの元へ行って来ました!

GWに、岡山の働くママ達向けの「自分らしく働く女性になる」セミナーをしてきました「ネガティブなんです」「両立が苦手です」「他人良く思えてしまう」「他人と比べてしまいます」そんな悩みを持ったママさん達ちが集まりました。みなさん。それぞれにお仕事を持っています。家庭での自分、仕事をしているときの自分。一人の人間としての自分においてそれぞれ悩んでいるようでした。素敵な日本料理のお店でフランスの話をするという粋なことをしましたよ!

両立はしなくていい!

朝もZOOMにて他の方へもお話ししていましたが。「両立」についてのことが多い悩みのようですね。ママさんたち!『わかる!わかります!うまく両立したいけどどうしたらうまくいくの?』とな悩む気持ちわかります。私も以前はそう思っていたのでとってもよくわかります。ちょっと冷静に考えて見ましょ!私たちはもともと一つの時間しか持っていないのです。自分という人の人生の時間だけですよね?だから2つ、3つの時間軸を持っているわけではありません。ですので、「両立」という考え方をなくせばいいのです!
「両立」というと、どうしても「うまく両方ともこなす」そんな風に聞こえますよね?構えますよね?「こなさなきゃ!うまくやらなきゃ!」と変な気合いを入れてしまいます。もともと人は1人なので、「両立」は無理なのです。単純に24時間をスイッチの入れ替えをしていろんな自分の役目をこなすだけです。私たちは「ママ」「仕事タイム」「PTA役員」「妻」「娘」「嫁」といろんな顔を持つことがありますが、それを全て自分の一つの時間の中で区切って行えば良いのです。そしてその際にスイッチを入れます。私の場合は洋服です。仕事モードの時は明らかに洋服を変えます。また、ハイヒール・口紅はスイッチポイントであったりします。

自分の未来を見ましょ!

私が普段からお話ている「正しいワガママについて」などについても力説して来ました。
▼こちらの記事などに書いてあるのでぜひ合わせてお読みください▼
家庭に収まって自分がなくなる感覚を持っているママへ
あなたは本当に褒められたことがないでしょうか?人に優しくできないのは余裕がないからです。

両立しなくていい、自分を犠牲にする必要はないとわかったなら、次のステップです。自分の一つの時間を、一度きりの人生をどう生きるか?どう楽しむかです。そこを考えるためには、やはり「未来」を思い描くことです。


集まってもらったみなさん、初めましての状態の方同士でしたが、お互いがお互いの未来を語りありました。宣言し合いました。このワークをすることでみなさん、は明日が楽しみになったそうです!

誰かさんではなく、昨日の自分が相手!

ママさんたちのお悩みで多く聞かれたことの一つに、「みんながすごく思えて、焦る」「人が素敵に見えて」「あの人みたいにと思っている」「いつも隣の芝生が青い」そんな声がありました。まず、どんな素敵な人でも、悩みます。凹みます。必死にこなしているかもしれません。素敵に見えるのは、素敵に見せているからなのです。という事実をしっかり把握しておきましょう。そう思ったら、4割くらいは不安が消えますよね?では残りの気持ちはどうしましょうかね。これはもう、しっかりと理解するしかないのです。戦う相手を間違えてはいけないということ。勝負をかけるのであれば、「誰か」ではなく「昨日の自分」です。先ほども書きましたが、私たち、働くママって暇がない!ママでなくてもきっと精一杯自分の人生を生きてたら暇はないのです。羨んだり、嫉妬したりしている時間ないはず!たとえ、ライバルと思う人に勝てた!と思う日が日が来ても大抵の人が満たされると思っていた気持ちが、満たされず、なんだか虚しい。そんなき持ちになります。戦う相手を間違えているからです。満足しません。忘れないでください。常に心に問いかけるのは、「私はどうしたらハッピー?どうしていくと自分の軸を守れる?」です。そう考えると、人と戦っても答えが出ないということは想像がつきますよね?なぜなら自分がハッピーな状態でいたいのです。それ「あの人に比べてハッピー」って嬉しいでしょうか?嬉しくないですよね?誰かさんのゴールとか、誰かさん輝き、キラキラは気になります。すっごく気になります。わかります!でもそこを気にしていたらいつまでたってもあなたは満たされないということを心に留めておいてください。

背中で見せよう!

子どもたちが『自分たちのせいでママが苦しんでいる、大変そう』と思わないほうがいいですよね?
たった1度の人生を本気で自分のやりたい仕事をして、ママライフも楽しんでいる姿を見せましょう!困難があっても泣きながらも笑顔で乗り越えて成長していく姿を見せましょう!きっと子どもたちはその背中で学んでくれます。『大人になるのが楽しみ!』『ママのような働くママに私もなりたい!』『自分の本当にやりたいことをするって最高なんだろうな!』そんな未来への楽しみを持たせてあげましょう!

我が子にとって最高のママであればいい!

最後にもう1つ!「我が子にあって最高のママであればいい!」ということを忘れないでくださいね!世の中的にいいお母さんである必要はありません。じぃじや、ばぁばに何か言われれも負けないで!私たちの両親の理想の母親になる必要もありません。旦那様とあなたがOKであればいい。お子様があなたを最高!と思っていることが何より大切です!



GW終わったら運動会があったりバタバタな日々。役員のお仕事も始まったりして。あっという間に夏休みが来てしまいますが!私たちママパワーで乗り越えましょっ!

『うちのサークルでも話して!』などのお声があったら全国各地伺いたいと思っています!
いつでもお声掛けください!

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

自分で自分の気持ちをコントロールしたい人へフランス式セルフコ自分とは、一生付き合っていかないといけませんよね?プロに頼るときも時には必要ですが、自分が自分専属コーチになってケアできたらどうでしょう?さらにそれを家族に応用できたら素敵ですよね?セルフコーチングの仕方をお伝えするセミナーです。

この記事を書いたプロ

Ecole de Yuppy (エコール ド ユッピー) [ホームページ]

コーチ 長谷川ゆき

埼玉県越谷市 [地図]
TEL:080-3500-7554

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メッセージ動画

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長谷川様プロフィール写真

「思考・心構え・魅せ方」すべてに変化を引き起こすフランス式ワークスタイルのコーチング(1/3)

 自分らしい生き方をして、自分の好きな仕事で経済的にも精神的にも自立した女性になりたい。こんな生き方を望む女性は多いのではないでしょうか。しかし、自信がない、まさか私の好きなことが仕事になるなんて思えない、私には魅力がないからできるはずが...

長谷川ゆきプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

凛とした生き方へ 女性に向けたフランス式ワークスタイルを提案

屋号 : Ecole de Yuppy (エコール ド ユッピー)
住所 : 埼玉県越谷市 [地図]
TEL : 080-3500-7554

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-3500-7554

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川ゆき(はせがわゆき)

Ecole de Yuppy (エコール ド ユッピー)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お仕事が舞い込んでくるようになりました!

ゆっぴー(長谷川さん)のお茶会に参加しました。 その時、も...

N
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
人に優しくできない人は自分に余裕がないからです!
イメージ

 人が他人へ優しくできる時 人が誰かに優しくできたり、理解してあげようと歩み寄れたりするときはどんなとき...

[ 講師実績 ]

本当にあなたは褒められたことがないでしょうか?
イメージ

 サンクチュアリ出版さんにて登壇! 22日日曜日、文京区にありますサンクチュアリ出版さんで単独イベントさ...

[ 講師実績 ]

30歳超えたらしっかり自分と向き合って生きよう!
イメージ

 20代とはもう同じではいられない。 女性は年齢を重ねるごとに綺麗になります。魅力を増すのです。ですから...

[ 自分を好きになりたい女性へ ]

家庭におさまって自分がなくなる感覚を持っているママの気づき。
イメージ

 本当は感じていた違和感 先日、ご案内していたママのための勉強会詳細:ママ向け「自分らしく働く女性にな...

[ ママの新しい自分の楽しみ方 ]

この春、新しい自分へ変わりたい女性がいますぐにする事!
イメージ

 鍵をかけたのはあなた自身。 当たり前ですが、ドアが開かないのは鍵がかかっているから。あなたがドアの中...

[ 自信が欲しい女性へ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ