コラム

 公開日: 2017-04-21  最終更新日: 2017-04-23

会話が続かない時は? 〜3つの相づち〜

先日の私の研修で、男性ビジネスマンからこんな質問を受けました。
「医療機器の販売で、医師と話をする機会が多いのですが、どうしても『はい』という言葉しか出てこなくて困っています」



取引先でのコミュニケーションで気の利いた言葉が見つからず、困ってしまうことってありますね。
そんな時には、3つの相づちがあることを知っていると会話が弾みます。

① 復唱の相づち
相手が話したことを、そのまま復唱して確認する。
お客様:「以前から使っているこの機械の調子が悪くなってね」
応対者:「お使いになっている機械の具合が悪くなったということですね」

② 要約の相づち
相手が話したことを、まとめて確認する。
お客様:「10分ほど前に機械の調子が悪くなって修理の電話をしたんだけれど、その応対者がすぐに連絡をくれると言ったのに、まだ電話がかかってこないのですが…」
応対者:「担当者からの機械の修理についての折り返しの連絡がまだないということですね」

③ 感情の相づち
相手の感情を受け止め、共感を込めて伝え返す。
子供:「〇〇くんが急いで走ってきて、僕にドンとぶつかったんだけど、謝りもせずそのまま帰っちゃって
   いやだったんだ」
母親:「〇〇くんが急にぶつかってきて謝らないなんて、それは悲しかったね」

気の利いた言葉が見つからなくても、おうむ返しに復唱したり、話を要約したり、気持ちを汲み取って相手目線で話をすると、相手との間に信頼感が生まれ、コミュニケーションがうまく出来る様になります。

この記事を書いたプロ

  [ホームページ]

アナウンサー 五十嵐由美子

東京都大田区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ビジネスで好印象な言葉と応対を教えるマナー講師 五十嵐由美子さん

相手の気持ちに寄り添うマナーで、仕事に自信をつける(1/3)

 「ビジネスマナーのレッスン」と聞くと、何だか堅苦しいイメージがあるかもしれません。社会人として基本のマナーは身につけておきたいけれど、言葉遣いや立ち居振る舞いを厳しくチェックされると、自信をなくしてしまいそう。ところが「失敗してもいいんで...

五十嵐由美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相手の気持ちに寄り添い、心地よい関係を築くマナーを教えます

屋号 :  
住所 : 東京都大田区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

五十嵐由美子(いがらしゆみこ)

 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
電話応対の3つのポイント
イメージ

4月も半ばを過ぎ、新入社員の方もそれぞれの職場で仕事を覚えていく時期です。先日の某新聞に、「新入社員 電話...

マイナスプラス法 〜話し方のコツ〜

今日は、同じ講師仲間とのランチ会。ランチの最中に、心理学の先生が言った言葉にハッとしました。「夜、娘...

『連絡』のコツ
イメージ

 相手の立場に立ったコミュニケーションを 「連絡」は、自分のことや職場のことで、関係者に何らかの影響...

『報告』のポイント
イメージ

 『ホウレンソウ』が上手な人は、コミュニケーションもうまい 「『ホウレンソウ』なら知っています」とい...

”ほう・れん・そう”の重要性
イメージ

”ほう・れん・そう”とは、「報告(ほう)連絡(れん)相談(そう)」の略です。組織全体で目標を一つにし...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ