コラム

 公開日: 2016-12-12 

育休、最長2年に延長、は吉か凶か?

最長1年半を延長して2年に、厚労省が方針固め

 現在、最長1年半まで認められている育休(育児休業)。しかし、子どもを預けて仕事に復帰したくても保育園に入れず、退職せざるを得ない女性が多いことを受けて、厚生労働省は育休を最長2年に延長する方針を固めた。「育休2年まで」については各方面で賛否両論が沸き起こっている。



■「最長2年」ではなく「最長2歳」にすべき
 まず一番重要なのは、「最長2年まで」ではなくて「最長、子どもが2歳になるまで」とするべきだと言うこと。この2つは同じように見えて全然ちがう。

 「2年まで」は母親が2年間休むことを想定している。しかし、2年間の育休は長すぎる。仕事上のキャリア構築をあきらめろと言っているのに等しい。育休を延長するのであれば「2歳まで」として、その間の育休取得は夫婦でシェアをするという考え方で進めてほしい。ノルウェー、スウェーデン、ドイツなどでは10年以上前から、父親に一定の育児休暇を取得するよう割り当てる制度「パパ・クオーター制」が導入されている。日本でもこれを機に、父親にも育休期間を割り当てて、父親が育休を取得した家庭には給付金を増額するなどの制度を設計するべき時だろう。

父親の子育て2

■保育園の整備や、保育士の確保を後退させない
 もう一つ重要なことは、1歳を過ぎても保育園に入れていない子どもは、たとえ親が育休の延長ができたとしても「待機児童」であると言う定義を変えてはいけないということ。待機児童の増加に悩む自治体からは、「待機児童解消のため」に育休の延長を望む声が多い。しかし、厚労省も発表しているように、育休延長の目的は「女性の離職を防ぐ」ためであり、「見かけ上」待機児童を減らすことではない。育休を延長させた結果、保育園の整備や保育士の労働条件の改善が後退するようでは本末転倒なのです。

結婚1

 育休の延長そのものは、「多様な働き方」につながる可能性もあり、決して悪いことではない。しかし、制度の設定には今後十分な議論が必要だ。父親の育休取得をどのように促すか、企業に対しては何を義務付けるのか、育休が延長された分の育休手当(育児休業給付金)の増加分の財源など、考えなければならないことはたくさんある。

 何よりも、多くの女性が安心して、そして納得して出産・子育てができ、仕事上もキャリアが分断されることなく活躍していかれるような社会制度でなければならない。それが、女性も男性も、満足感を感じながら生活をしていかれる社会の実現につながるのです。

女性の活躍を応援するキャリアコンサルタント Facebook

研修・講演・キャリアコンサルティングの活動報告や、日々の話題をFacebookで更新中です
「女性の活躍を応援するキャリアコンサルタント」 森ゆき Facebook

この記事を書いたプロ

森 ゆき [ホームページ]

講師 森ゆき

東京都中野区江原町1丁目 [地図]
TEL:080-5498-2077

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
企業向けサービス
キャリアコンサルタント 森ゆき_1

 20年の企業勤務と3人の子どもの出産・育児で、企業論理と働く女性の両方の「リアル」を熟知。複合的な視点で企業の女性活躍推進やビジネススキル向上をご支援します。...

自治体向けサービス
女性の活躍を応援するキャリアコンサルタント森ゆき2

 自治体やハローワークなどが主催するセミナー・研修の企画および講師をお受けします。経験豊富な講師が、女性の再就職、仕事と育児の両立、中高年の就職活動などの講...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
女性の活躍を応援するキャリアコンサルタントの森ゆきさん

働きやすい環境づくりは、企業成長の鍵。企業と働く女性の「リアルな本音」をつないで組織を活性化する(1/3)

 女性活躍推進法が制定されるなど女性の働き方への注目が年々高まる日本。労働人口減少が予測されることもあり今後の企業の持続的発展は女性の活躍次第といっても過言ではありません。 「時短勤務や産休・育休といった働く女性をバックアップする仕組みも...

森ゆきプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

働く女性と企業、両方の「本音」に通じた実践的なアドバイス

屋号 : 森 ゆき
住所 : 東京都中野区江原町1丁目 [地図]
TEL : 080-5498-2077

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5498-2077

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森ゆき(もりゆき)

森 ゆき

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

森先生の研修のすすめ方は、受講者のことを考えておこなってくれて、優しい方でした。

 若手~中堅社員向けに、ビジネスマナーからクレーム対応、...

小売業界M社
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
管理職になりたがらない社員増加!管理職を拒否しても幸せか?
イメージ

 管理職になりたくない会社員が増えている この4月に管理職に昇進した方も多いのではないでしょうか?「課長...

[ ワークライフバランス ]

上司に不満を持つ人は9割 嫌いな上司の下でどう行動すれば良いか?
イメージ

 春は異動や入社の季節。気の合う同僚や理解のある上司と出会い、互いに尊敬し合いながら楽しく仕事がしたい。こ...

[ 女性の働き方 ]

モチベーションが上がる、仕事に活きる、『キャリアトランプ®』で笑顔の研修を
イメージ

 『キャリアトランプ®』 それは笑顔をつくる不思議なカード  その場にいる人たちが、キャリアトランプ...

[ 研修 ]

中小企業のワークライフバランス、発注企業の責任大、大企業の取り組みに期待
イメージ

 企業での長時間労働が問題視されている。日本で女性管理職が増えないのも、男性の家事育児時間がのびないのも、...

[ ワークライフバランス ]

欲しい子供は何人?「理想」「現実」ともに減少 ~出生動向基本調査 2015を考える~
イメージ

 国立社会保障・人口問題研究所が5年に一度おこなっている「出生動向基本調査」(2015年)が発表されました...

[ 女性の働き方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ