コラム

 公開日: 2016-09-10  最終更新日: 2016-09-22

女性の転職 30代は正社員にとまどい、40代は意欲的

 人材総合サービスのエン・ジャパンが、正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト『 エンウィメンズワーク 』利用者を対象に「仕事の選び方」についてアンケート調査を実施した(女性595名が回答、調査期間2016年6月23日~7月20日)。この中で、「仕事を選ぶ際に妥協できることは何ですか?」という質問に対する回答が、20代・30代・40代で異なるのが興味深い。

20代女性は業界よりも仕事内容重視

 まず20代は、30代・40代と比較して、「業界」は妥協できると答える人が多い。「業界よりも仕事内容重視」とのことで、まずは自分のやりたいことに挑戦したいという気持ちが感じられます。

 これに対して30代、40代と年齢が上がるにしたがって業界を妥協できなくなってくるのは、一つには自分のそれまでの経験を活かして同じ業界で転職をしたいということがあるでしょう。でもそれだけでなく、業界によって女性の「働きやすさ」や「評価の受け方」にかなり違いがあるということが分かってくるから、業界を選びたいと思うようになるのではないだろうかと感じます。



出産・子育て期の30代女性は、働き方にとまどい

 次に30代。この年代だけがとび抜けて高く「妥協できる」と答えた項目が「雇用形態」です。ちょうど出産・子育て期の30代。妊娠出産を考えるとフルタイムで働くのが難しい、または自分は正社員を希望しても小さい子どもがいると採用されないのではないか、と感じているため、雇用形態を「妥協せざるをえない」のではないかと推測されます。

 そもそもこのアンケートが「正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト」の利用者に向けておこなわれた調査であることを考えると、本人は正社員を希望しているのに、実際には契約社員や派遣社員、パートタイム勤務などにならざるを得ない実態が見えてきます。

40代女性に就業意欲の高まり

 そして40代が妥協できるのは「残業時間」。時間に余裕が出てきて、多少残業があってもしっかり働きたいと言う意思が感じられます。私の周囲にも、「子どもが小学校高学年になったので、仕事を始めたい」と言う専業主婦の方や、「高校・大学と子どもの学費が掛かるようになってきたので、これまでのパート勤務から正社員になって収入を上げたい」と言う女性などがたくさんいます。

 また、未婚の女性にとっても、先の生活を考えて、今よりも収入の高い、安定した正社員になっておきたいと考える年齢でもある。理由は様々ですが、女性の40代は「就業意欲が高まる」年代だと言えるでしょう。



 転職に限らず、優先順位をつけて何かを「妥協」することは必要。でもその妥協点は、できれば外的要因ではなく「自分の価値観」で決めたいもの。

 20代、30代、40代それぞれの年代で「優先したい」ことと「妥協できる」ことがありますが、自分の納得のいく選択、すなわち自分の価値観に反さない選択をしてほしい。働く女性たちを、これからも応援していきます。

女性の活躍を応援するキャリアコンサルタント Facebook

研修・講演・キャリアコンサルティングの活動報告や、日々の話題をFacebookで更新中です
「女性の活躍を応援するキャリアコンサルタント」 森ゆき Facebook

この記事を書いたプロ

森 ゆき [ホームページ]

講師 森ゆき

東京都中野区江原町1丁目 [地図]
TEL:080-5498-2077

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
企業向けサービス
女性の活躍を応援するキャリアコンサルタント森ゆき

 20年の企業勤務と3人の子どもの出産・育児で、企業論理と働く女性の両方の「リアル」を熟知。複合的な視点で企業の女性活躍推進やビジネススキル向上をご支援します。...

自治体向けサービス
女性の活躍を応援するキャリアコンサルタント森ゆき2

 自治体やハローワークなどが主催するセミナー・研修の企画および講師をお受けします。経験豊富な講師が、女性の再就職、仕事と育児の両立、中高年の就職活動などの講...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
女性の活躍を応援するキャリアコンサルタントの森ゆきさん

働きやすい環境づくりは、企業成長の鍵。企業と働く女性の「リアルな本音」をつないで組織を活性化する(1/3)

 女性活躍推進法が制定されるなど女性の働き方への注目が年々高まる日本。労働人口減少が予測されることもあり今後の企業の持続的発展は女性の活躍次第といっても過言ではありません。 「時短勤務や産休・育休といった働く女性をバックアップする仕組みも...

森ゆきプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

働く女性と企業、両方の「本音」に通じた実践的なアドバイス

屋号 : 森 ゆき
住所 : 東京都中野区江原町1丁目 [地図]
TEL : 080-5498-2077

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5498-2077

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森ゆき(もりゆき)

森 ゆき

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

森先生の研修のすすめ方は、受講者のことを考えておこなってくれて、優しい方でした。

 若手~中堅社員向けに、ビジネスマナーからクレーム対応、...

小売業界M社
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
モチベーションが上がる、仕事に活きる、『キャリアトランプ®』で笑顔の研修を
イメージ

 『キャリアトランプ®』 それは笑顔をつくる不思議なカード  その場にいる人たちが、キャリアトランプ...

[ 研修 ]

中小企業のワークライフバランス、発注企業の責任大、大企業の取り組みに期待
イメージ

 企業での長時間労働が問題視されている。日本で女性管理職が増えないのも、男性の家事育児時間がのびないのも、...

[ ワークライフバランス ]

欲しい子供は何人?「理想」「現実」ともに減少 ~出生動向基本調査 2015を考える~
イメージ

 国立社会保障・人口問題研究所が5年に一度おこなっている「出生動向基本調査」(2015年)が発表されました...

[ 女性の働き方 ]

自治体主催の婚活パーティー、東京でもスタート、10月から港区で
イメージ

 男女の出会いの場としての「婚活パーティー」。初めて耳にしたときはなんて画期的な企画だろう!と感激しました...

[ ワークライフバランス ]

子どもを持つ女性として日本で初の宇宙飛行士 山崎直子氏と出会って
イメージ

 昨日9月12日は「宇宙の日」。毛利衛氏が1992年に日本人として初めてスペースシャトルに搭乗して飛び立った日を記...

[ 女性の働き方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ