コラム

 公開日: 2011-03-22 

遺留分の放棄とは・・・


こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。

相続事案の中で、結構神経質になるのが、「遺留分」です。

「遺留分」とは、「相続財産を法定相続分のとおりに取得できなくても、相続人の最低限の生活に必要な財産を請求できる権利」のことです。

この遺留分は、法定相続分の2分の1に相当します。

たとえば、相続人が配偶者(法定相続分 2分の1)、子供2人の場合(子供それぞれ4分の1)、「配偶者4分の1、子供それぞれ8分の1」になります。

ただし、兄弟姉妹には「遺留分」はありません。

これは、兄弟姉妹は、自立して生活しているだろう、という考えのものです。

「相続の放棄」は相続開始前、すなわち、どなたか相続関係にある人が亡くなる前には、行うことはできません。

「遺留分の放棄」は、相続の開始前でも、家庭裁判所に申立て、許可されれば、実現します。

当事者同士での「契約書」、「確約書」のような書面をとりかわしても、「遺留分の放棄」の効力は発生しません。

民法第1043条1で、「相続の開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けたときに限り、その効力を生じる。」と定められています。

また、「遺留分の放棄」が家裁で許可される重要な要件として、「本人(放棄する人)の意思であること」が挙げられます。

ご参考までに、家裁の「遺留分の放棄」の書式を掲載します。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_26.html (裁判所の申立て書式です。)






この記事を書いたプロ

吉田行政法務事務所 [ホームページ]

行政書士 吉田武広

東京都府中市紅葉丘2-4-48 [地図]
TEL:042-369-5441

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
多摩の行政書士 吉田武広さん

電話、面談、メールで無料相談 お気軽にどうぞ(1/3)

 吉田行政法務事務所は「あなたの法務のパートナー」をモットーに、暮らしに関わるあらゆる法務の相談に応じています。取材に伺うと、行政書士の吉田武広さんはお客様と電話中。歯切れのよい口調とわかりやすい説明で丁寧に応じていました。 「相談される...

吉田武広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

遺産相続手続を安心サポートします。

事務所名 : 吉田行政法務事務所
住所 : 東京都府中市紅葉丘2-4-48 [地図]
TEL : 042-369-5441

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-369-5441

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田武広(よしだたけひろ)

吉田行政法務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ホームページを「リニューアル」しました!

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。このたび、弊事務所のホームページを「リニューアル」しました。...

法定相続人に行方不明者がいる場合
イメージ

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。これは、私の実務経験も含めてお話しします。ある方が亡くなられ...

遺言書よりも優先されるものは・・・
イメージ

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。さて、「遺言書」は亡くなった人の「最後の意思表示」と考えられ...

死亡保険金の判例

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。「死亡保険金」は、相続財産に該当しない、というのが原則です。...

遺言は「公正証書遺言」を強くお勧めします!
イメージ

こんにちは。 吉田行政法務事務所の吉田です。さて、昨日、新聞で、身寄りのないご老人に関し、「虚偽の遺言書...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ