コラム

 公開日: 2011-01-25 

伝えるちから



こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。。



かなり前の話ですが、池上彰さんの著書「伝える力」を読みました。

うーん、なるほど、と思い当たるところがたくさんあり、とてもいい勉強になりましたね。



最近というか、バブル崩壊のあところから、やたらメディアに「カタカナ」や「和製英語」が増えた、と感じていました。

僕なんか、カタカナを言われたり、書かれたりしていると、すぐに「広辞苑」やネットで意味を調べますが、これはちょっと問題だなあ、と思いました。

要するに、相手がいっている「カタカナ」や「和製英語」の意味が分からないと、会話や判断ができなくなってしまう、ということです。



よく「したり顔」で、そういう「カタカナ」、「和製英語」を使う人をよく見かけます。

だから、「馬から落馬する」という言葉が、ふっと平気で通ってしまうんですよね。



僕もサラリーマン時代、アメリカに出張し、英語で交渉する仕事をやっていました。

ある意味、アメリカ人が相手の方が「楽」な場合がありますね。

英語には、時には遠まわしに表現することもありますが、ほとんどが「ストレート勝負」です。

だから「YES」、「NO」がはっきりして、すぐ次の行動に移れるんです。



ところが、日本人の「美徳」の一種ではありますが、遠まわしな表現、ともすると「曖昧模糊」な言葉があり、「うーん、どうなんだろう・・・」と迷うことも時にはありますよね。

これが一番困る。



僕は、日本語についての必携書籍は「広辞苑」、英語なら、「英英辞典」。

特に「英英辞典」はお勧めですよ。

「表現の使い分け」にも助かります。



池上さんも専門的な「カタカナ」表現には、否定的なようです。

常に「聞く立場」にたてば、当たり前のことで、話し手は、「相手はこのような専門用語は分かるだろう」と勝手に思いこんでいるだけであって、聞く相手は、「何を言っているんだろう、でも意味を聞くのは恥ずかしいし・・・」という、「最悪のコミュニケーション(会話)」になってしまいます。



僕も仕事柄、お客様の相談を聞いていますが、こちらからは出来る限り「分かりやすく」、分かりやすいものは、もっと分かりやすく、お話させていただいている「つもり」です。



「「つもり」ですから、これも僕の自己満足に過ぎず、これからも、「もっと分かりやすく」、「もっと、もっと分かりやすく」お話させていただくよう努力、精進していきます。

「相手が分からなければ、何の意味も無い」ということです。



この記事を書いたプロ

吉田行政法務事務所 [ホームページ]

行政書士 吉田武広

東京都府中市紅葉丘2-4-48 [地図]
TEL:042-369-5441

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
多摩の行政書士 吉田武広さん

電話、面談、メールで無料相談 お気軽にどうぞ(1/3)

 吉田行政法務事務所は「あなたの法務のパートナー」をモットーに、暮らしに関わるあらゆる法務の相談に応じています。取材に伺うと、行政書士の吉田武広さんはお客様と電話中。歯切れのよい口調とわかりやすい説明で丁寧に応じていました。 「相談される...

吉田武広プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

遺産相続手続を安心サポートします。

事務所名 : 吉田行政法務事務所
住所 : 東京都府中市紅葉丘2-4-48 [地図]
TEL : 042-369-5441

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-369-5441

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田武広(よしだたけひろ)

吉田行政法務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ホームページを「リニューアル」しました!

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。このたび、弊事務所のホームページを「リニューアル」しました。...

法定相続人に行方不明者がいる場合
イメージ

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。これは、私の実務経験も含めてお話しします。ある方が亡くなられ...

遺留分の放棄とは・・・

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。相続事案の中で、結構神経質になるのが、「遺留分」です。「遺留...

遺言書よりも優先されるものは・・・
イメージ

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。さて、「遺言書」は亡くなった人の「最後の意思表示」と考えられ...

死亡保険金の判例

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。「死亡保険金」は、相続財産に該当しない、というのが原則です。...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ