コラム

 公開日: 2016-07-14 

拙速を避けろ!~意思決定をしないという意思決定

もう一つの重要な意思決定


直近2回のコラムで、意思決定をテーマにしてきました。

関連コラム▼
意思決定の質を上げるために大切な最初のフレーム設定とは
メタ意思決定(=意思決定の意思決定)こそが経営者の重要マター

「フレーム設定」に関する話では主に「なに」に焦点を当てて、「メタ意思決定」に関する話では主に「どのように」に焦点を当てていました。


これら2つのコラムの補足として、もう一つ重要な意思決定のタイプがあることを伝えるのが今回のコラムのテーマです。


それは、「意思決定をしないという意思決定」があるということです。


経営者であれば、常に具体的な「なに」かを決めなければならないと考えている方もおおいでしょう。


しかし、意思決定を意識的にしないことは必ずしも不合理ではありません。


無理に意思決定をする必要がないことは、状況に応じて発生することだからです。


たとえば、つぎに消費税が8%から10%引き上げられる時期(2017年4月から先延ばしにされそうですが)が目前に迫っている状況を考えてください。


原材料仕入がある製造業や商品仕入がある販売業の経営者は、増税前に原材料や商品を余分に買い入れておくべきかどうか一度は考えるはずです。


どうせ必要になるものなので、増税の前に買っておくということ自体は合理的です。


だだし、消費税率の差額は2%に過ぎないので、増税後に駆け込み需要の反動から、価格が2%以上下落するようなことがあると、わざわざ時期を早めて高い買い物をしたことになります。


このような可能性を考えると、現在どうしても必要な仕入以外についてはとりあえず様子見をする、つまり今ではなく後で意思決定するという意思決定自体は合理的といえます。

理論的自由度より重要な戦略的自由度


意思決定をしないという意思決定をすることは、ときには合理的な場合がありますが、いろいろな資源の中で時間だけは一方的になくなっていくことは強く意識しておく必要があります。


消費税引き上げに伴う原材料や商品の仕入では、消費税引き上げ時期の前に購入しようが後に購入しようが、多少の金額的なメリットがあるかないかに過ぎず、大きな違いはありません。


しかし、あるコンペに参加するかどうか、事業提携の提案に応じるかどうか、値引き要請を受け入れるかどうか、といった決定事項については、決断せずに時間が経ち期限が過ぎれば、特定の選択肢を失うことになります。


そこで、「意思決定をしないという意思決定」とはどういうことなのか、もう少し深く考えてみます。


たとえば将棋の世界で、プロ棋士たちが苦労するのは、序盤戦でも終盤戦でもなく中盤戦だそうです。


なぜなら、序盤戦と終盤戦は、ある程度「打ち手」が限られているからです。


だから、いちばん頭を悩ますのは、最も自由度の高い中盤戦なのです。


そして、羽生名人などの超一流の棋士たちが中盤戦において大切にすることは何かというと、「打ち手を狭めない」ことなのです。


そのため、おおくの棋士たちは、中盤戦では、その先の打ち手の自由度が高まっていく方向に駒を進めていくと語っています。


これと同じ発想が、これからの時代の戦略的な意思決定にも求められます。


現代の経営環境においては、戦略的な意思決定に迷った場合は、戦略的自由度が高まる方向へ打ち手を進めていくことが得策であることがおおいのです。


しかし、こう述べると「何をするか決める」ということは「何をしないかを決める」ことでもあるから、わからない場合は基本的に「なにも決めず、なにも行動しなければ、自由度は最大化するのではないか」という反論が出そうです。


なるほど。でも、ここで述べているのは「戦略的自由度」についてであって、「理論的自由度」についではありません。


理論的に可能な打ち手が数多くあるということは、戦略的な意思決定の場面では、あまり意味がありません。


大切なことは、現実的に実行可能な打ち手が数多くあるということなのです。


したがって、この戦略的自由度を高めるということは、決して明確な意思決定をしないことを意味しません。


もし経営者が、そうした受動的な姿勢や傍観者的な態度をとるならば、理論的自由度は残りますが、戦略的自由度はむしろ減っていくのです。


たとえば、A社から事業提携の話を持ちかけられたときに、「A社以外にもっと良い提携先が現れるのではないか」という受身の姿勢で回答を先のばしにしていたら、A社以外の企業からも事業パートナーとしての意欲や戦略性に乏しい企業だという評価を受けることになり、現実的に実行可能な打ち手は急速に減っていく結果になります。


つまり、ときには「意思決定をしない意思決定」が合理的であり得るのは、戦略的自由度を損なわない打ち手である場合に限られるのです。


動的安定経営とは、未来の不確実性の存在を重視し、戦略的意思決定において自由度を高めることを目的としています。


そのために、意思決定基軸を構築するとともに、組織や財務などの経営基盤の柔軟性と迅速性を高めることで、意思決定における自由度の幅を広げることも実現するところに特徴があります。


戦略的な意思決定の自由度の大きさを拡大するために、自社でなにに取り組むべきかについて、経営者として熟考してみてはいかがでしょうか。

清水 泰志

株式会社ワイズエッジ
〒104-0061
東京都中央区銀座3-14-13 5F
TEL 03-6264-2370
H P https://wise-edge.co.jp/

この記事を書いたプロ

株式会社ワイズエッジ [ホームページ]

経営コンサルタント 清水泰志

東京都中央区銀座3-14-13 5F [地図]
TEL:03-6264-2370

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルティング

<経営学は万能薬ではない>経営学とは、研究者の方によると、企業間の業績値(売上・利益に限らず、数値化可能な離職率、新商品占有率など広く含まれる)の違いを...

 
このプロの紹介記事
清水泰志 しみずやすし

黒字企業のその先へ!!「競争しない企業」をつくりましょう!(1/3)

 経営と競争は切っても切れない関係だと多くの人が考えます。競争相手に対し、いかに優位性をつくるかという視点で物事を考え、手を打つことがほとんどです。しかし、優位に立ったとしても、業種に関わらず、最終的には価格競争に入ってしまうもの。競争を繰...

清水泰志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

黒字企業の高みへ!極みと未来シナリオで競争しない企業に導く

会社名 : 株式会社ワイズエッジ
住所 : 東京都中央区銀座3-14-13 5F [地図]
TEL : 03-6264-2370

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6264-2370

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清水泰志(しみずやすし)

株式会社ワイズエッジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
なぜ他社の成功事例を真似ても上手く行かないのか?

 確実で効果がある経営手法は探せば見つかるか? 会社を経営している社長の多くが知りたいことは、「何をど...

[ 戦略思考 ]

なぜ「できる」社長ほど人材育成が「できない」のか?

 「できる」社長だからこそ、ぶつかる壁とは 企業の改革や再建の取り組みは、緊急急を要する財務的改革が一...

[ 人と組織 ]

イノベーションの極意は売れている芸人に学べ

 爆笑エピソード・トークを連発する芸人に秘訣はあるのか 一昔前のお笑い芸人さんは、ネタ見せで笑いをとる...

[ 戦略思考 ]

「社員に危機感がない」とお嘆きの経営者へ

 経営者が多用する「厳しい」という言葉 経営者という立場にいると、「年頭の挨拶」や決算時に営業概況を語...

[ 経営者 ]

「結果オーライ」経営から卒業しよう!

 結果評価に現れる経営者の違い 3月に入り、今年度も最終月を迎えました。「年度」という考え方は、お...

[ 戦略思考 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ