コラム

 公開日: 2015-12-05 

規模の経済性を目指す経営の終焉 ~ 大きいことはよくない時代

高度経済成長期の時代を映したヒットCM


森永は昭和42年、大型の板チョコレート『エール』を発売しました。


発売にあたり、商品コンセプトである「従来の板チョコより一まわりほど大きくて値段は50円のお徳用」を、広告でいかに強く印象づけるか検討して出てきた方針は、つぎのようなものでした。


「今までの日本は、小さな幸せ、慎ましやかな幸せが美徳とされてきた。これまでにない速さで経済大国の道を歩みつつあるこれからは、もっとのびのびと胸を張って、大きいことはいいことだと主張しよう」


そうして誕生したコマーシャルが、当時、型破りでひょうきんな指揮者として人気を博しつつあった山本直純を起用した「大きいことはいいことだ」のテレビ CMだったのです。


経済の上昇気流に乗った日本を象徴するように、気球の上から1300人もの大群衆を指揮する山本センセイ…。


ヒットするCMの裏には、キャラクターの魅力とともに、時代を的確にとらえた視点とメッセージがあることの証明にもなったCMと言えます。


でも、この森永「エール」にまつわるコンセプトは、今や高度経済成長期を象徴する昔話に過ぎません。


もはや、「大きいことはいいことだ」ではなく「大きいことは良くないことだ」に変わったのです。


規模の経済の崩壊



新商品の開発、新たなサービスの提供、未知なる市場の開拓・・・イノベーションの競争スピードは増すばかりで、休んでいる暇はありません。


あなたの会社が、次に来るもの、最高のものを見つけるや否や、業界の誰もがそれを真似しようと動き始めます。


技術が特許に守られていたり、暗黙知に依存する割合が大きいイノベーションの場合、競合がその秘伝のソースを解明するのには何年もかかります。


でも、単に着眼点の空白を突いただけのような低いハードルしか設定できない場合、何カ月も経たないうちに、利益を生む差別化がコモディティ同士の競争になり下がってしまうのです。


こうした泥仕合を招く競争の嵐を避けるには、これまで「規模の経済」が最後に残された砦でした。


言い換えると、規模による優位性は、一部の企業には少しだけ安全な避難場所となっていたのです。


多くの企業は、自社の製品やサービスにおける次の成功のサイクルを模索し続けることを強いられますが、ごく一部の企業は、先見の明ではなく規模の活用によって利益を追求することができたのです。


公益事業会社が、規模の経済性によって成り立っている好例と言えます。電力会社がひとたび電線を張り、送電網と各家庭をつないでしまえば、新規参入業者が現れる可能性は極めて低いからです。


イオンやセブン&アイなどの大規模小売業者も、仕入れコストを低く抑え、価格に競争力を持たせるために規模を活用してきました。


味の素やコカ・コーラなどの加工食品メーカーは、規模を活かして市場に素早く効率的に進出しています。


全体として見れば、過去何十年間、規模は世界中の大企業に戦略面で大きな恩恵をもたらしてきたのです。


規模というバリアは、起業家によるイノベーションの脅威から、多くの大企業を守ってきました。


しかし残念ながら、規模により獲得できる優位性は、こらからの時代は長くは続きそうにもありません。


より厳密に言うと、規模によるメリットが消えてしまったのではなく、規模によるメリットが陳腐化したのです。


今日の世界では、規模を活用するために、みずから規模を獲得する必要はありません。


大企業における規模の経済の仕組み



30年以上前に、規模の経済と言った場合、営業面では、点ではなく面で商圏を制圧することや、仕入面ではまとめ買いによる購入単価の引き下げを図ることを意味していました。


その後、インフォメーション・コミュニケーション・テクノロジー(ICT)の発達に伴い、大企業は情報システムを通じて規模の優位性を獲得する形に、方法を変えて来ました。  


その結果、過去30年間、大企業の経営陣は、国外移転やアウトソーシング、オープンイノベーションなどの手法を取り入れてきたのです。


こうした手法は、企業活動を業務機能によってモジュール化する。言い替えると、これまでとても複雑で統合的だったバリュー・チェーンを、ずっと小型で専門化されたバリュー・チェーンの集まりのようにしていくことを意味します。


複雑な製造や社内の物流インフラに頼るのではなく、専門化すれば「効率」が高まると経営陣は気づいたからです。


しかし、小型化されたバリュー・チェーンの集まりをまとめて有機的に機能させるためには、社内外を1つにまとめる大型の情報システムが不可欠になりました。


世界で最も大規模な企業だけが、複雑な情報システムを築き、供給業者と配送業者を統合することで、規模と専門化の両方のメリットを享受することができるようになったのです。


こうした情報の収集と分配は競争優位を促進しましたが、それを行うには相当な規模が必要になります。


企業にとって、販売時点の情報を社内の調達チームに伝え、さらにはさまざまな製造のネットワークにまで伝えるのは、容易なことではありません。


こうした業務を調整できる経営資源を持った企業、すなわち大企業だけが、このメリットを受けられたのです。


しかし、このような規模の優位性によってもたさされた調整力を担保する技術は、どんどん低価格になり、また広く行き渡るようになりました。


例えば、以前は、海外進出、海外製造、海外販売を行うには、独自の人材・独自の情報システム・独自の取引先開拓が必要でした。


しかし、今日ではアリババを使えば済みます。また、以前は24時間営業のコールセンターを運営できるのは大企業だけだけでしたが、今日では小さな企業でもグローバル・レスポンス(コールセンター業務を代行する会社)などを活用することができます。


それだけでなく、クラウドサービスにより、最小規模の企業でも最上級の顧客管理システムを利用でき、フルフィルメント・サービス(商品販売における一連の管理業務)や、会計プログラムも利用できます。


今日では、調達における規模のメリットすらも危険にさらされているのです。(日本ではこれからですが、米国では共同購買サービスを提供するOrderWithMe などが既にあります。)


安定的な利益が存在するところには起業家が集まる。


かつては、情報システムにはコストがかかり複雑であったため、規模による利益が確保できました。


そうした要因により、他社の台頭が阻まれ、小さな企業が団結して規模を活かした購買や製造を行うこともできませんでした。


しかし、低価格でアクセスしやすいICT技術が入手できるようになって、すべてが変わりつつあります。


規模による優位性は陳腐化しつつあり、最小効率規模はどんどん小さくなっています。


これからの時代 企業は”なに”で勝負するか



大企業ですら、規模の経済による差別化が難しくなった以上、企業経営者はすべてが陳腐化するという現実を受け入れるしかありません。


そして、最大であることに依存しない戦略を立てることが、経営者として重要な使命になります。


同時に、これまで全ての戦略がその実現を目指していた「競争優位の持続」が不可能だという現実も受け入れなければなりません。


代わりに、「一時的競争優位の連続」を実現する戦略思考をする必要があるのです。


これらの変化を自発的に行うためには、利益の源泉を「効率」から「顧客価値」、「必要」から「欲求」へと素早くシフトしなければなりません。


言葉で語ることは簡単かもしれませんが、規模の経済を無意識に追い求める発想に毒されてる経営者にとって、企業全体を生まれ変わらせるに等しい一大改革を行うことは、想像以上に困難が伴うはです。


反対に、小規模企業やベンチャー企業は、その小回りの良さを生かして、自社の「強み」を生かした利益創造、事業の新規展開と撤退サイクルの構築、容易に組み変え可能な経営資源体制づくりなどの、動的に安定する経営スタイルを早期に作りあげることを目指すべきです。


これからは、競争に勝つのではなく、戦わずして勝つ土俵を自ら作りつづける企業が、規模の大小に関わらず成長と安定の両方を手にすることができる時代になると断言します。

清水 泰志

株式会社ワイズエッジ
〒104-0061
東京都中央区銀座3-14-13 5F
TEL 03-6264-2370
H P https://wise-edge.co.jp/

この記事を書いたプロ

株式会社ワイズエッジ [ホームページ]

経営コンサルタント 清水泰志

東京都中央区銀座3-14-13 5F [地図]
TEL:03-6264-2370

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
仕事の依頼について

1 依頼人は決裁権限のある方に限る申し訳ありませんがが、決裁権限のある方以外からの依頼は、お引き受けしておりません。該当する方を具体的に申し上げると...

 
このプロの紹介記事
清水泰志 しみずやすし

黒字企業のその先へ!!「競争しない企業」をつくりましょう!(1/3)

 経営と競争は切っても切れない関係だと多くの人が考えます。競争相手に対し、いかに優位性をつくるかという視点で物事を考え、手を打つことがほとんどです。しかし、優位に立ったとしても、業種に関わらず、最終的には価格競争に入ってしまうもの。競争を繰...

清水泰志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

黒字企業の高みへ!極みと未来シナリオで競争しない企業に導く

会社名 : 株式会社ワイズエッジ
住所 : 東京都中央区銀座3-14-13 5F [地図]
TEL : 03-6264-2370

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6264-2370

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清水泰志(しみずやすし)

株式会社ワイズエッジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「競争しない」は戦略論ではなく企業づくりそのものである

ブルー・オーシャン戦略に代表される競争しない経営戦略が10年ほど前から注目されています。しかし、特に日...

[ 戦略思考 ]

損得だけを物差しにしていると行き詰まる経営判断

 儲かるか儲からないかで判断すれば即断即決できる? 経営判断とか決断の重要性を説く話が世の中には溢れてい...

[ 意思決定 ]

なぜ「経営計画」や「経営革新プロジェクト」や「人材育成」は絵に描いた餅に終わるのか

 治療より予防が人間の身体でも企業でも大切だが・・・ 企業と専門プロフェッショナルの関係は、人間と医師の関...

[ 戦略思考 ]

経営者として1万時間かけて何を磨き上げるか?

 1万時間の法則とデリバレイト・プラクティス 心理学者K・アンダース・エリクソンのグループは、スポーツ、...

[ 経営者 ]

意思決定における「最適化」と「満足化」の違いと使い方とは

 優柔不断は性格特性ではありません 生活のいろいろな場面で、選択をすることが多いものです。冬物の...

[ 意思決定 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ