コラム

 公開日: 2015-12-04 

外発的動機づけより内発的動機づけ ~ パチンコ屋の列が何を意味するか

バチンコ屋の開店前から並ぶ人々



パチンコ業界では、遊技人口の減少が止まりませんが、それでも午前中にパチンコ屋の前を通ると、開店を待ちわびる人たちが列をなしている姿を目にすることがあります。


私はパチンコをやらないので、開店間に並んでまで入れ込む理由が分からなかったのですが、パチンコ好きの人に聞くと、「良い台をとるため」「新台で打ちたい」ということらしい。


そして午前10時の開店時間が来ると、待ちわびていた人たちは店内になだれ込み、争うように席を奪い合い、昼飯を食べる時間も惜しんで小さい椅子に尻を押し込んで台に向かい続ける。


そのうちに、日が暮れて暗くなって来ても、席を立つこと無く居座り続けて、閉店時間を告げられて、しぶしぶと店を後にしていく。


気がついたら、夕飯もろくに食べていなかった。


たぶんパチンコにはまっている人って、こんなパターンになりがちなんではないでしょうか。


寝食忘れてやっていることがパチンコだと、あんまり褒められた話に聞こえませんが、このことから学び取れることはあります。


パチンコ屋ではなく舞台が会社だったら



しかし、舞台がパチンコ屋ではなく会社だったらと想像してみてください。


始業時間の1時間以上前から、社員が長蛇の列をつくって、通用口が開く時刻を今か今かと待ちわびている。


待ちくたびれたころ、やっと扉が開くと、自分の席に走って行き、すぐに仕事を開始する。


午前中ずっと仕事をし続け、昼飯もろくにとらず、夕方になって定時をむかえると、頼まれもしないのに残業をし始め、深夜、警備員さんに退室を促されるまで、机にしがみついて仕事をしている。


それで、給料は完全歩合制だとしたら・・・


こんな、モーレツ社員はそうそういないはずです。


でも、パチンコ屋では普通に見られる光景です。


なぜ、パチンコ屋ではモーレツ・パチンカーが普通に見られるのに、会社ではモーレツ社員を目にすることがまれなのでしょうか?


人はやりたいことは一生懸命やる



どんな人でも、自分がやりたいと思うことはとことんやるものです。。人に強制されたり、自分を叱咤激励する必要はない。


本屋に行くと、「こうすれば、やる気が出る!」「モチベーションアップの秘訣!」といった標題の本がたくさん置いてあります。


そんな本の何冊かを手に取ったことがある人も多いはずです。


どうして、この手の本がたくさん売っているかというと、どんな本に書かれていることをやってみてもあまり効果がないからです。


だから、手を変え品を変え、次々と似たような本が出版されることになります。


しかし、パチンコ屋の話で分かるとおり、全てのことに対して無気力な人は少なく、どんな人でも、一つくらい黙っていても情熱を傾けられることを持っているはずです。


もし、やる気が起きない、モチベーションが上がらないという場合は、本質的にはテクニックで解決することではないのです。


すべきことは、「やっていること自体に問題があるのではないか」と疑うことです。


さて、会社という組織を運営している経営者にとって、やる気とかモチベーションは常に気にかかるテーマです。


「うちの社員は、やる気がない」という話を聞くことがよくありますが、やる気は社員の資質の問題ではありません。


パチンコ屋の話で分かるとおり、どんな人でも情熱を持って取り組める資質は持っています。


会社ではやる気のない社員でも、パチンコ屋では熱く燃える奴なのかもしれません。


そういう社長であるあなた自身が、自分の仕事に対して熱い内発的動機づけを持っていますか?

清水 泰志

株式会社ワイズエッジ
〒104-0061
東京都中央区銀座3-14-13 5F
TEL 03-6264-2370
H P https://wise-edge.co.jp/

この記事を書いたプロ

株式会社ワイズエッジ [ホームページ]

経営コンサルタント 清水泰志

東京都中央区銀座3-14-13 5F [地図]
TEL:03-6264-2370

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルティング

<経営学は万能薬ではない>経営学とは、研究者の方によると、企業間の業績値(売上・利益に限らず、数値化可能な離職率、新商品占有率など広く含まれる)の違いを...

 
このプロの紹介記事
清水泰志 しみずやすし

黒字企業のその先へ!!「競争しない企業」をつくりましょう!(1/3)

 経営と競争は切っても切れない関係だと多くの人が考えます。競争相手に対し、いかに優位性をつくるかという視点で物事を考え、手を打つことがほとんどです。しかし、優位に立ったとしても、業種に関わらず、最終的には価格競争に入ってしまうもの。競争を繰...

清水泰志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

黒字企業の高みへ!極みと未来シナリオで競争しない企業に導く

会社名 : 株式会社ワイズエッジ
住所 : 東京都中央区銀座3-14-13 5F [地図]
TEL : 03-6264-2370

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6264-2370

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清水泰志(しみずやすし)

株式会社ワイズエッジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
なぜ「できる」社長ほど人材育成を「できない」のか?

 「できる」社長だからこそ、ぶつかる壁とは 企業の改革や再建の取り組みは、緊急急を要する財務的改革が一...

[ 人と組織 ]

イノベーションの極意は売れている芸人に学べ

 爆笑エピソード・トークを連発する芸人に秘訣はあるのか 一昔前のお笑い芸人さんは、ネタ見せで笑いをとる...

[ 戦略思考 ]

「社員に危機感がない」とお嘆きの経営者へ

 経営者が多用する「厳しい」という言葉 経営者という立場にいると、「年頭の挨拶」や決算時に営業概況を語...

[ 経営者 ]

「結果オーライ」経営から卒業しよう!

 結果評価に現れる経営者の違い 3月に入り、今年度も最終月を迎えました。「年度」という考え方は、お...

[ 戦略思考 ]

補助金に安易に依存しない経営を!

 タダで貰えるなら欲しい補助金 先日お会いした外食業を営むD社長が、こんな話をされました。「うち...

[ 戦略思考 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ