コラム

 公開日: 2015-12-02  最終更新日: 2015-12-07

アップルもついに陥ったイノベーションのジレンマ ~ iPhone6s

iPhone6s/plusに感じるアップルの変化



iPhone6s/plusが9月12日に売り出されてから3ヶ月弱が経過して、私の周囲でもiPhone6s/plusを手にしている人が多くなりました。



一年前のiPhone6の発表のときは、新型iPhoneを誰よりも先に手に入れたい人たちが、アップルストアの前に1週間以上前から泊まり込みをする姿が、連日ニュースで流されていました。



しかも昨年は、ワケの分からない人々がたくさん列に紛れ込んでいて、騒動にまで発展していましたが、今年は新型iPhoneの発表を泊まり込みで心待ちにする人の姿が、話題にすらなりませんでした。



昔から、アップルの商品を熱烈に愛するエバンジェリストがたくさんいますが、どうやらアップルというブランドの神通力も、少しづつ色あせている気がします。



それも無理はありません。アップルの新商品から、サプライズに値する目新しさが、年を追うごとに失われているからです。



一昨年の新製品の発表で、iPhone5C、iOS7、指紋認証、docomoでの取り扱い開始が発表されたとき、情報量は多いけれどイノーベーティブという点ではすでに物足りなさを感じました。



昨年のiPhone6の発表のときは、画面サイズが大きいplusがラインナップされたことは、アップルの中では目新しいことでしたが、Android陣営ですでに6インチクラスの画面サイズの端末が出ていたので、イノベーティブさはほとんどありませんでした。



それでも昨年は、今までにない製品であるApple Watchが発表されましたが、今年は既にある製品のバージョンアップ版の発表しかなく、ますますイノベーティブさは失われた感があります。



ただし、Apple Watchは当初”iWatich”と名付けられると思われていましたが、フタを開けてみるとApple Watchとなっていました。



このネーミングの変更はアップルの自信の無さの現れなのでしょう。実際、Apple Watchは市場に新たなムーブメントを起こすことが出来ていません。



それと、iPhone5s/5c以降、新商品の情報が頻繁に事前にリークされるようになり、しかもその情報が正確だというところも、アップルに起きた変化の一つです。



つまり、ジョブズがこの世を去ってから、アップルの情報管理力が低下しているということになります。



ジョブズが生きていたころは、新しい製品を出すたびに、イチイチ発表を匂わせ、もったいをつけ、ジョブズ入魂のプレゼンテーションで大々的に発表し、熱が冷めないうちに即座に世界中に流通させていました。



そして何よりも、そのすべての過程をアップルは完全にコントロールしていたのです。



これらの事実からわかることは、アップルの、というよりはジョブズの頑なともいえる集中と選択路線と価値重視の戦略から、市場シェア獲得の戦略へのシフトが、確定的になったということです。



その証拠に、製品としてのサプライズは起こせなくても、iPhone6s/plusの売れ行きは絶好調なのです。


アップルに変化が生じた理由とは



昨年のiPhone6/plusから、販売方法そのものが高額な下取りプログラムや月々サポートなどで、価格を下げシェアを取りに来ています。



シェアを気にしないというジョブズ流からすれば、大転換というほかないでしょう。



ところで、なぜiPhone6s/plusは売れているのでしょうか?



特に6plusの売れ行きが良いことから考えると、画面サイズという極めてシンプルな便益に、ユーザーの多くは飛びついたことになります。



製品が複雑なウォンツ型から、シンプルなニーズ型へと変容したのでしょう。



ジョブズが、ブラックベリーをはじめとする「キーボードスマホ」を、「こんなのアカン!」と切り捨て、iPhoneを紹介した瞬間から、スマホ時代は幕を開けました。



その時点では、iPhoneを求めるユーザー・ニーズはどこにもなく、ジョブズによってはじめてウォンツが喚起されたわけです。



しかし、最初は新たなウォンツを喚起するイノベーティブな商品であったとしても、生活を「楽にする」「便利にする」という欲求にアプローチしている限り、それは時間の経過とともに「なくてはならないもの」へと変化していく、という悲しい現実があります。



そして、ニーズ対応型の製品になった途端、ユーザーはベタなスペックの違いを求めるようになります。



今回、iPhone6s/plusがかつてないほど売れているという事実が指し示すことは、イノベーター理論に照らして言えば、iPhone自体がレイト・マジョリティ向けの商品になったということです。



もともとアップルの戦略は、業界のスタンダードを狙わないことでした。



マイクロソフトのビジネスモデルがデファクト・スタンダード狙いとするなる、アップルのそれは、ブロックバスター(圧倒的な大ヒット製品)狙いだったはずです。



しかし、企業規模が大きくなったうえに、カリスマ創業者が亡きアップルは「新しい市場の創造」から「現実の市場への適応」への転換を図った、あるいは余儀なくされたと私の目には映ります。



高い利益率を守る、ブランド価値を守る、シェアを気にせずユーザーを確実に囲い込む、というジョブズの思想から、アップルの今回の発表イベントは、アップルが限りなく普通の企業に近づいた記念イベントだったのかもしれません。


アップルで起きていることは他人事ではない



製品にはプロダクト・ライフサイクルがあるので、イノベーティブな製品は最初のうちは、イノベーターやアーリー・アダプターだけが受け入れるだけです。



しかし、普及を進めるため、あるいは普及が進んだ結果、主たるユーザーが、レイト・マジョリティへと移っていくことは、よくあることです。



「次のイノベーティブなモノやコトを生み出せるかどうか」 このことこそが重要なのです。



現在のアップルについて言えば、iPad以降イノーベイティブさを売りにしたブロックバスターが出てこないという点にこそ、課題があります。



変化に対して受身にならずに、自ら変化を次々と生み出し、高付加価値を市場へ提供し続けることこそ、アップルに限らず規模の大小・国籍の別を問わず、企業経営において最も重要な戦略的課題であることを、経営者は自覚する必要があります。



「アップルほどの企業だから、そんなこと出来る」と、最初から諦めている社長もいますが、それは誤解です。



全ての会社には「本物の強み」があり「実現した未来」がある。それを生かしてビジネスを展開すると決断するところから、すべてが始まるのであり、ジョブズもその一点からスタートしています。



「自分はなぜ今の仕事をしているのか?」経営者としてあらためて自らに問い掛けてください。

清水 泰志

株式会社ワイズエッジ
〒104-0061
東京都中央区銀座3-14-13 5F
TEL 03-6264-2370
H P https://wise-edge.co.jp/

この記事を書いたプロ

株式会社ワイズエッジ [ホームページ]

経営コンサルタント 清水泰志

東京都中央区銀座3-14-13 5F [地図]
TEL:03-6264-2370

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
仕事の依頼について

1 依頼人は決裁権限のある方に限る申し訳ありませんがが、決裁権限のある方以外からの依頼は、お引き受けしておりません。該当する方を具体的に申し上げると...

 
このプロの紹介記事
清水泰志 しみずやすし

黒字企業のその先へ!!「競争しない企業」をつくりましょう!(1/3)

 経営と競争は切っても切れない関係だと多くの人が考えます。競争相手に対し、いかに優位性をつくるかという視点で物事を考え、手を打つことがほとんどです。しかし、優位に立ったとしても、業種に関わらず、最終的には価格競争に入ってしまうもの。競争を繰...

清水泰志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

黒字企業の高みへ!極みと未来シナリオで競争しない企業に導く

会社名 : 株式会社ワイズエッジ
住所 : 東京都中央区銀座3-14-13 5F [地図]
TEL : 03-6264-2370

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6264-2370

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清水泰志(しみずやすし)

株式会社ワイズエッジ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「競争しない」は戦略論ではなく企業づくりそのものである

ブルー・オーシャン戦略に代表される競争しない経営戦略が10年ほど前から注目されています。しかし、特に日...

[ 戦略思考 ]

損得だけを物差しにしていると行き詰まる経営判断

 儲かるか儲からないかで判断すれば即断即決できる? 経営判断とか決断の重要性を説く話が世の中には溢れてい...

[ 意思決定 ]

なぜ「経営計画」や「経営革新プロジェクト」や「人材育成」は絵に描いた餅に終わるのか

 治療より予防が人間の身体でも企業でも大切だが・・・ 企業と専門プロフェッショナルの関係は、人間と医師の関...

[ 戦略思考 ]

経営者として1万時間かけて何を磨き上げるか?

 1万時間の法則とデリバレイト・プラクティス 心理学者K・アンダース・エリクソンのグループは、スポーツ、...

[ 経営者 ]

意思決定における「最適化」と「満足化」の違いと使い方とは

 優柔不断は性格特性ではありません 生活のいろいろな場面で、選択をすることが多いものです。冬物の...

[ 意思決定 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ