コラム

 公開日: 2015-04-24  最終更新日: 2015-05-09

チョークアート教室のレッスンは

チョークアート教室は下絵を使うレッスン


チョークアート教室が一般の絵画教室と違うところ・・・・。
それは下絵があるという事です。

一般の絵画教室ではそこにあるモチーフや風景などを
1から教わりながら描き、それをもとに色をのせ作品を完成させるイメージ だと
思いますが、チョークアート教室では講師が描いた下絵を使います。
教室のレッスンで始めから絵を描くことはありませんので安心してくださいね。

教室ではまずチョーク(オイルパステル)やちょっとした指使いに
慣れるためのレッスンから始まります。
ですから自分で絵が描けない方でもすぐに始めることができるわけです。

用意された下絵をボードに転写し、
講師の指示に従い色をのせ、グラデーションを作り
立体的なイラストを描き作品を作り上げていきます。

絵心がないと絵は描けないと描くことを諦めてしまう方が
多いですが、チョークアートを通してまずは絵の楽しさが
お伝えできればと思っています。

色々な下絵を使う事でそのうち自分の下絵も作れるようにもなりますよ。

チョークアート教室は絵画教室というよりは、
どちらかというとぬり絵教室という方が近いかもしれません。

自分で絵を描く事が出来ない方でも楽しめるのがぬり絵。
チョークアート教室は簡単に言えば
クレヨンのようなオイルパステルを使ったぬり絵教室だと思って下さいね。

下絵

この記事を書いたプロ

Wanplus chalk(ワンプラスチョーク) [ホームページ]

講師 伊藤美穂

東京都練馬区関町北1丁目 [地図]
TEL:090-5752-7698

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
東京都練馬区でチョークアート教室「Wanplus chalk(ワンプラスチョーク)」を主宰するチョークアーティスト、伊藤美穂(いとうみほ)さん

子どもからシニアまで、誰もが手軽に楽しめるチョークアート(1/3)

 新しいアートの楽しみ方として、最近注目を集めている「チョークアート」。カフェやレストランでお客様を迎える手描きの看板、結婚式のウェルカムボードなどで目にされる方も多いのではないでしょうか。西武新宿線武蔵関駅より徒歩約5分、吉祥寺駅からもバ...

伊藤美穂プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

幅広い作風で年代に合わせたアートの楽しさを教える教室

屋号 : Wanplus chalk(ワンプラスチョーク)
住所 : 東京都練馬区関町北1丁目 [地図]
TEL : 090-5752-7698

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5752-7698

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊藤美穂(いとうみほ)

Wanplus chalk(ワンプラスチョーク)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

教室の看板を見てこれだ!と思い看板製作を依頼しました。

自分のサロンをリニューアルする際、看板をどうしようか迷っ...

エトワール様
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
チョークアートは看板?絵画?
イメージ

最近、耳にすることが多くなってきたチョークアート。チョークアートが看板か、絵画のどちらかというと答えは両...

チョークアート習得後の楽しい活用方法
イメージ

チョークアートの本来の活用法はアート看板ですが一般の方にはアート看板というのはあまり縁がないのも事実です...

オイルパステルだって寒いんです ~寒い季節のチョークアート~
イメージ

今年は暖冬と言われていますがやはりそこは冬。朝晩冷え込むようになりましたね。今回は寒い季節のオイルパス...

チョークアートで物を見る目が変わる?
イメージ

 ある生徒さんのお話 以前ある生徒さんからチョークアートを始めて街中を歩く楽しみが増えました。と言われ...

シニアチョークアート教室 ~ 最高齢生徒さんは90歳 ~
イメージ

 最高齢の生徒さん 先日のシニア向け出張チョークアート教室で、とてもお元気でお話好きな生徒さんにお会い...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ