コラム

 公開日: 2016-09-05 

好感度が上がる話し方 コミュニケーション力向上 コラム記事 

仕事でもプライベートでも皆さんよく感じていると思いますが、
同じ内容の話をしても、その話し方でイライラさせる人もいれば 、好感度を持って受け入れられる人もいます。
この差というのはどこにあるのでしょうか?




また、好感度を上げる話し方はどのようにすれば身につけられるのでしょうか?
好感度を上げる話し方についてJIJICOで、解説しました。

記事はこちらです

■話し方クオリティ・プレゼンオープン講座ご案内

おかげさまで、毎回好評のグループ講座
少人数制・集中スキルアップ目指します。


第8回 話し方クオリティ・プレゼン実践講座
日程:9月19日(祝日)10:00~16:00 

第9回 話し方クオリティ・プレゼン基礎講座
日程:10月16日(日)10:00~16:00
詳細お申込みはこちらです


■話し方パーソナルトレーニング
■企業・団体向け研修・セミナー
■セミナー・研修準備に関する各種ご相談

この記事を書いたプロ

WACHIKA(わちか) [ホームページ]

アナウンサー 阿隅和美

東京都渋谷区渋谷2-10-16 池川ビル4F [地図]
TEL:03-6681-6899

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

オープン講座話し方クオリティ・プレゼン実践講座をご受講いただいたご感想です。これまでご受講いただいた方・経営者(輸入卸・美容・鍼灸・健康関連・IT)経...

サービスメニュー
イメージ

【主なメニュー】研修・講演は1回から承ります。◎企業・団体向けサービス■企業研修 プレゼンテーション研修 話し方研修 コミュニケーション研修 フ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
WACHIKA代表 阿隅和美さん

ビジネス成功のカギ、「人を付加価値にする双方向プレゼンテーション力」を育成!(1/3)

 「物を中心にしたプレゼンテーションの時代から進化し、人を付加価値としたプレゼンテーションが好まれています。技術や性能だけで商品を大きく差別化するのは難しく、価格競争も限界を迎えた今、プレゼンテーション力や対話力も商品の一部になっていますし...

阿隅和美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネスを成功に導く「プレゼン力」をプロの話し方技術で支援

会社名 : WACHIKA(わちか)
住所 : 東京都渋谷区渋谷2-10-16 池川ビル4F [地図]
TEL : 03-6681-6899

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6681-6899

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿隅和美(あすみかずみ)

WACHIKA(わちか)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
M・S様
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新規顧客獲得のコミュニケーションは
イメージ

個人事業主、士業、医院中小企業の経営者営業、販売スタッフの皆様、どうやって新規顧客を獲得していますか...

[ 経営者・リーダーの話し方 ]

プレゼンテーション研修内製化 コンテンツ協力しました
イメージ

大手メーカーの部内でプレゼンテーション向上プロジェクトにエグゼクティブプレゼンコースのコンテンツを提供い...

[ プレゼンテーション研修 ]

経営者・個人事業主・セミナー成功の秘訣が学べるプレゼン講座
イメージ

個人トレーニングには、経営者の方にも多くおこしいただいています。業界団体のセミナーで話してほしいさあ、...

[ お客様の声 ]

会議でトップマネジメントに好評でした!プレゼンレッスン口コミ
イメージ

プレゼンテーション研修を受講しても効果が中々でない、とお感じの方、いませんか?もしかしたら、プログラ...

[ お客様の声 ]

技術者向けプレゼン研修 評判「ユーザー説明者は、全員受けたほうがいいと感じた」
イメージ

先日、技術者向けプレゼンテーション研修を担当しました。ご感想をご紹介いたします。・ユーザー説明、...

[ プレゼンテーション研修 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ