コラム

 公開日: 2015-04-10 

職場のストレスモデル!ストレスの原因に着目することが重要!

職業性ストレスはミスマッチした仕事で起こる反応

WHOは職業性ストレスを「仕事上の要求・圧力によって、自分の知識・知能と合致しない仕事に立ち向かわなければならない人々が持つだろう反応」と定義しています。
職場でのストレス要因には、職場環境や役割上の葛藤、不明確さ、人間関係など環境に大きく左右されるものや、仕事のコントロール、量的負荷と変動性のような仕事そのものに対するもの、そして仕事の将来性不安や欲求に対する認識、不十分な技術活用など心理的な面に起因するものなどがあります。
いずれも、個人に備わっている能力や価値観、性格などによって反応の出方は大きく変わりますが、ミスマッチの大きい要因に大きな影響を受けます。

NIOSH職業性ストレスモデルではストレス要因を3つに分類している

NIOSH職業性ストレスモデルは米国国立労働安全機構が提唱するモデルですが、このストレスモデルではストレス要因を3つに分類しています。
1つ目の要因が上記の職場のストレス要因で、2つ目の要因は仕事以外の要因で、家族や家庭環境を原因とする欲求と定義されています。
NIOSH職業性ストレスモデルでは、職場でのストレス要因だけではなく、仕事以外の要因にも影響を受けるとされています。
3つ目の要因は個人的要因ですが、年齢、性別、雇用保証期間や職種(肩書)、性格、自己評価などがあげられています。
NIOSH職業性ストレスはこれらの要因がいくつも絡み合った結果としてストレス反応が現れるとしていますが、それらの要因は家族や友人、同僚などの支援が緩和要因となるとしています。

ストレスの原因を把握し、健康を害することなく働くことができる職場づくりが重要

職場においては、個人個人のストレス対策だけでは不十分です。
職場のストレス要因の一つである職場環境の改善も重要ですので、個人を取り巻いている環境にどういった問題があるのか、職場のストレス要因の現状を把握し、評価することが求められます。
特に、仕事量や裁量権の有無、職場内の人間関係に問題がないか、業務内容の急激な変化や雇用の将来性に関する不安はないか確認する必要があるでしょう。
こういった職場環境の改善には、職場の情報収集が非常に重要で、各種報告や健康診断結果、労働環境データなどを用いる必要がありますし、必要に応じて標準化された調査票による調査の実施も求められます。
また、職場のストレス要因の軽減だけではなく緩和要件を強化することができれば、それぞれの要因を良い方向へとコントロールすることができるようになるでしょう。

この記事を書いたプロ

ベリテワークス株式会社

産業カウンセラー 浅賀桃子

東京都北区田端1-5-4  米八ビル4F [地図]
TEL:03-5842-1905

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京・心理カウンセラー・メンタルヘルスケア浅賀桃子

一人ひとりの心のケアが、働く人・雇う人の未来を切り拓く。(1/3)

 突然ですが、みなさんは元気な心で働けていますか? 職場に心の調子を崩している人はいませんか? 「私は大丈夫」「うちの会社にそんな人はいないよ」……そう思った人は、もしかしたら現実に気づいていないだけかもしれません。「実感としては、働く人の...

浅賀桃子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

元会社員の実際的な視点で、“働く人の心の健康”をサポート

会社名 : ベリテワークス株式会社
住所 : 東京都北区田端1-5-4  米八ビル4F [地図]
TEL : 03-5842-1905

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5842-1905

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅賀桃子(あさかももこ)

ベリテワークス株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
実施が義務化されている「ストレスチェック制度」について

 ストレスチェック制度がいよいよスタート 平成26年に労働安全衛生法の一部が改正され、「ストレスチェック制...

[ ストレス・メンタルケアに対する基礎知識 ]

メンタルヘルス対策コストとメンタル不調による損失

 メンタルヘルス対策に有効な項目 「労働安全衛生法の一部を改正する法律」では、事業所に対してストレスチェ...

[ ストレス・メンタルケアに対する基礎知識 ]

ストレスチェック義務化に関する法案内容

 「労働安全衛生法の一部を改正する法律」が平成26年6月に公布されました 「労働安全衛生法の一部を改正する法...

[ ストレスチェックの概要について ]

メンタル不調による休職者にかかるコスト

 メンタル不調によって効率ダウン メンタル不調は働いている人の能力に非常に大きな影響を与えます。メンタ...

[ ストレス・メンタルケアに対する基礎知識 ]

ストレス耐性の強化方法

 外的ストレス対処法を知る ストレス耐性を強化するためには、それぞれのストレスに対してどのような対処がな...

[ ストレス・メンタルケアに対する基礎知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ