コラム

 公開日: 2016-06-07  最終更新日: 2016-07-08

「人手不足」は、御社の「問題点」ではありませんよ!(その2)

企業内でマイナスの事態が生じた時、「問題解決のプロセス」を使って考えればよいのですが、一般的には『原因の分析』と『解決策の案出』が重視されがちです。
しかし、前回説明したように、スタートの「問題点の把握」で勘違いをしたために、いつまで経っても妥当な解決策に行き着かないケースが多いのです。

「人手不足」は問題点ではなく、原因ととらえる


結論から言うと、「人手不足」とは、例えば「ミスが多発している」という問題点の“原因候補の1つ”に過ぎないのです。

問題点: ミスが多発している
原因候補①: 担当者の基礎技術力が低い
原因候補②: 担当者の意識が低い
原因候補③: 作業手順が緻密に定められていない
原因候補④: 作業そのものが複雑すぎる
原因候補⑤: 一人当たりの負担が大きい ⇒ その原因として「人手不足」

問題点とは「企業やお客様の困った状態」であり、原因とは「なぜ?問題点が発生したのか」ということです。いくつかの原因が重なって1つの問題点が起こるケースが多く、逆に言えば、1つの原因(人手不足)だけを何とかして・・・何とななるものではないのです。

logical

「人手不足」を嘆く前に、やるべきことは山ほどある


こうして全体像を俯瞰して見ると、「人手不足」はそれほど重要な要因ではないことが分かります。「人手不足」を嘆く前に、やるべきことは山ほどあるわけです。

●基礎技術力が低いのなら・・・研修やOJTにより基礎技術力を上げさせるのが先決です。
●意識が低いのなら・・・仕事の目的・目標を再認識させたり、評価制度を見直す必要があります。
●作業手順が不明確なら・・・作業手順を整理してマニュアル化すべきでしょう。
●作業が複雑なら・・・各工程ごとに作業を洗い出し、単純化・専門化・標準化により再構築しましょう。

これだけのことに対処して、それでもダメなら、そこで初めて「人手不足をなんとかしよう」という話になるのです。

ビラ配りのような単純作業の繰り返しで済む業務なら、最初から「人手の充足」だけを考えても問題は解決するかもしれません。
しかし、ある程度高度な業務になってくると、上記のように原因候補を洗い出し、各々に対して解決の方向性を見出していくことが、効率よく低コストで問題を解決するための王道なのです。

基礎技術力を上げて、意識を向上して、作業を標準化してマニュアル(教育ツール)としてまとめていけば、たいていの現場でミスは限りなくゼロとなり、わざわざ高いコストをかけて人手を入れようという意見も同時にゼロになることでしょう。

『問題点』と『原因』を見分けるコツがある


このように「問題解決のプロセス」は問題を解決する上で大切な道筋ではありますが、スタートの「問題点」をいかに的確に把握するかがポイントです。

そのためのコツを紹介します。それは、「問題点かな」と思った事象、例えば「人手不足」に語尾として「から」や「ため」を付けてみることです。
  人手不足だから(人手不足のため) → ミスが多発している
このように言葉がつながったら、『後者が問題点』、『前者が原因候補の1つ』ととらえ、他に原因候補がないかを考えて洗い出します。

いかがでしょうか。何が問題点で、それが原因なのかを、きちんと仕分けしながら考えていくと、その企業で取り組むべき問題解決の流れが非常に明確になってくるのです。

では、『原因の分析』の次に位置づけられる『解決策の案出』は、どのように考えればよいのでしょう?

※関連リンク
1日で問題解決力がアップする研修 ⇒ ズバリ!問題発見・解決力だ

関連ブログ


組織活性化のヒントなどを満載!⇒ブログ(最新の記載)

講師歴30年のエッセンスをここに!⇒ブログ(マネジメント関連の記載一覧)

この記事を書いたプロ

マーケティングオフィス・ウラベ [ホームページ]

経営コンサルタント 占部正尚

東京都品川区東五反田3丁目1番4号ブラウドタワー高輪台705 [地図]
TEL:03-6320-9963

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

33

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著作
business-peptalk

重版御礼! ご購読いただいた皆さま、ありがとうございます。(1)内 容:職場で上司が部下にやる気を出して欲しい時に、「やる気がないのか!」と問い詰めるの...

講演・研修
taikei

1.講演企業経営の現場で成果に直結するマネジメント手法を、90分~120分程度で解説します。主な『講演テーマ』一覧2.研修お客様から「受講前と後と...

 
このプロの紹介記事
マーケティングオフィス・ウラベの占部正尚さん

言葉は第六の経営資源。「ペップトーク」と「ロジカルシンキング」で社員のやる気、企業の力を引き出す(1/3)

 ビジネスパーソンに向けて数多く行われる研修。ビジネスは人と言われるとおり、企業・組織のビジネス力を向上させるために欠かせない経営投資ですが、その一方「瞬間的にモチベーションがあがったように見えたが元の木阿弥」「座ってレクチャーを聞いただけ...

占部正尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

今日からスグ組織が変わる!「ペップトーク×論理的思考」研修

会社名 : マーケティングオフィス・ウラベ
住所 : 東京都品川区東五反田3丁目1番4号ブラウドタワー高輪台705 [地図]
TEL : 03-6320-9963

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6320-9963

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

占部正尚(うらべまさたか)

マーケティングオフィス・ウラベ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
5年かけて積み重ねられたものは「文化」です!
イメージ

よく「石の上にも三年」と言いますが、大きな組織の改善や社員教育において成果を出すには、ある程度の期間が必要...

[ 成果につながる「ビジネス発想」 ]

クロワッサンをネタに・・・心に響く「言葉がけ」とは(後編)
イメージ

職場において「発想の変換」をうまく利用すると、言葉がけの改善にもつながり、不満を持っている社員を動機づけた...

[ 勇気づけの言葉がけ「ペップトーク」 ]

クロワッサンをネタに・・・心に響く「言葉がけ」とは(前編)
イメージ

ペップトークは、相手の心に響いてポジティブな発想を引き出し、勇気づけるショートスピーチです。その基本的な考...

[ 勇気づけの言葉がけ「ペップトーク」 ]

習得・修得・体得・・・ “三得” の違いが、企業の成果を左右する!
イメージ

最近、世の中は自己啓発ブームなのか、さまざまなテーマのセミナー(研修)が連日開催され、また書店の棚には自己...

[ 成果につながる「ビジネス発想」 ]

「金の斧」と「鉄の斧」、あなたはどっち?

皆さんは、山で木を切る「木こり」です。ある日、手から斧がすっぽ抜けて池にポチャン・・・すると神様が現れて、...

[ 成果につながる「ビジネス発想」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ