コラム

 公開日: 2018-07-02 

独身の方は保険についてどう考えるとよいか?

こんにちは。
練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。
今日は最近時折ご相談の中で目にする「独身者の方の保険加入をどう考えるか」という点について同じ独身である私の視点でお話しさせていただきます。

誰のために死亡保障が必要なのか考える

すでにコラムでは下記のリンク先でお話しをさせていただいていますが、保険の加入を検討するにあたって必要保障額という考え方があります。
保険の見直しの基本 「必要保障額」

リンク先でもお話ししていますが、あらためてこの必要保障額をどう考えるか触れておくと以下の式で考えることになります。
「支出見込額-収入予定額=必要保障額」

さて今回の独身者の保険加入において考えるべきポイントがこの式の中における「支出見込額」の部分です。
この支出見込額については当事務所ホームページ内のブログでお話しをしていますので下記のリンク先をあわせてお読みいただけると幸いです。
「必要保障額」における「支出見込額」

この「支出見込額」は上記のリンク先でも触れていますが、基本的に自分が亡くなったあとの遺族の生活資金をどう見積もるか、という視点がその柱になります。
実際よく言われているのは子どもがいらっしゃるご家庭を想定して、子どもが独立するまでの生活資金と子どもの独立後の生活資金を試算し、その合計を検討します。
具体的には次の計算式です。
「子ども独立前の家族生活資金=現在の月間生活費×0.7×12か月×末子大学卒業までの年数」
「配偶者のみの生活資金=現在の月間生活費×0.5×12か月×末子大学卒業時点からの配偶者平均余命」
この2つの合算で遺族の生活資金を考えることになります。

ところでここまでお話ししてお気づきかと思いますが、この試算は結婚してお子さんが誕生し、というご家庭を想定しています。
ですから私のように独身の一人暮らしで、今のところ親の生活もきちんと親自身で回っているという方の場合はこの遺族の生活資金を見積もる必要がない、ということになります。
つまり死亡保障を準備しておかなくてもいいといえるでしょう。

ただ独身の方でもご自身がご両親や兄弟姉妹の生計を維持しているという方の場合は、先程の式とは違う考え方で遺族の生活資金について考える必要があるかもしれません。
この場合は今ご自身に何かあった場合に例えばご両親の年金額や余命を考えて不足額を試算し、あるいは兄弟姉妹の場合はその方々がお仕事できるのかどうかなど様々な検討を加える必要がでてきます。
いずれしても死亡保障を考えるにおいては「誰のために」ということが基本です。
両親が旅立たれ兄弟姉妹もしっかり生活を営んでいるという独身の方であれば基本的に死亡保障を備えた保険の加入を考えることはまずないでしょう。

医療保険に入る前に

独身の方の保険に関するご相談をお受けしていて気にかかる点としては、医療保険に加入されている方が意外と多いという点です。
私自身は医療保険についてはあまり重要視していません。
実は独立する前の勤務先が加入していたものをそのまま解約せずに残してはいます。
ただ正直なところ毎月の支払いが負担になってくればいつやめてもいいという風に考えています。

なぜ医療保険を重要視していないかということについては、やはりこのコラムでもすでにお話ししている「高額療養費」制度の存在があるからです。
詳細はリンク先をぜひお読みいただきたいのですが、例えば69歳以下で年収が約370万円から約770万円の方の場合、窓口での自己負担額がある月に30万円だったとすれば、約21万円が高額療養費と支給され、実際に自身が支払う金額は約9万円ということになります。
ただしこのケースで月をまたいでしまうと利用できないケースもでてはきます。
自己負担額が約8万円を下回ると高額療養費制度は利用できませんので2か月にまたがってしまうと確かに利用が難しくなるわけです。
ただそれでも2か月それぞれ8万円ずつですから合計16万円あればカバーはできるのではないでしょうか?
これに入院したとすれば食事代や差額ベッド代なども検討する必要はあります。
先ほどの高額療養費制度に関するリンク先では、10日程度入院した場合で約10万円の負担になる試算をしています。

こうしてみると確かに大きな病気になった場合の不安はあるものの病気や入院でかかる費用について毎月医療保険の保険料を支出する必要があるのかは検討の必要があるでしょう。
余裕を持って考えても約30~50万円の「医療用貯蓄」があれば無理に医療保険の加入を考えなくてもいいと思います。
むしろ医療保険の加入を検討するのであれば「ガン保険」への加入を検討するほうが望ましいでしょう。
ガン保険についてはこのコラム内のこちらのお話しでも触れていますが、長い戦いになるかもしれませんので金銭的な負担を軽減するために加入を検討することが考えられます。
ただしガンの治療であっても高額療養費制度は利用できますから、あまりたくさんの保障を盛り込みすぎて保険料が負担にならないように注意したいところです。

独身者にとっては保険の加入を検討するよりも柔軟に対応できるような金銭の準備、すなわち貯蓄などで資産を作ることを考えることがより大切になります。
そして何よりも日頃の生活を見直して健康維持になるべく努めるよう、自戒もこめて心得ておくようにしていきましょう。

この記事を書いたプロ

うえの行政書士FP事務所 [ホームページ]

行政書士 上野誠

東京都練馬区石神井町2-15-20-106 [地図]
TEL:03-6671-5089

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
うえの行政書士FP事務所 代表 上野誠さん

10年のFP実務経験も持つ行政書士!遺言・相続、ライフプラン…より良い人生づくりをお手伝いします(1/3)

 司法書士行政書士事務所での20年を超える業務経験をもつ上野誠さんが昨年、独立開業しました。 上野さんの強みは、行政書士の他、ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士、JCDA認定キャリア・デベロップメント・アドバイザーと幅広い資格に裏...

上野誠プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

行政書士とFPの豊富な実務経験!遺言相続、人生設計をサポート

事務所名 : うえの行政書士FP事務所
住所 : 東京都練馬区石神井町2-15-20-106 [地図]
TEL : 03-6671-5089

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6671-5089

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野誠(うえのまこと)

うえの行政書士FP事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
いわゆる「20歳前障害」と障害基礎年金について

こんにちは。練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。さて前回「障害年金」のお話しをさ...

[ ライフプラン ]

万一のときのことを考えて「障害年金」についても知っておきましょう

こんにちは。練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。先日日本年金機構が障害基礎年金の...

[ ライフプラン ]

住宅購入時における購入申し込みから引渡までのおおまかな流れ

こんにちは。練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。前回に「ローン特約」のお話しを、...

[ ライフプラン 住まい ]

不動産売買契約書の「ローン特約」とは?

こんにちは。練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。先日2回ほど「手付金」に関しての...

[ ライフプラン 住まい ]

相談を受け振り返りをし研鑽すること

こんにちは。練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。 自分の相談業務を反省すること ...

[ ごあいさつ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ