コラム

 公開日: 2017-12-08 

「医療費控除」とはどんな制度か

こんにちは。
練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。

前回医療保険の加入前に知っておきたい制度として「高額療養費」」制度の考え方をお話ししました。
今日は医療費としての視点ではなく税金の面からの視点で医療費のことをお話しします。
いわゆる「医療費控除」のお話しです。

「医療費控除」の仕組み

前回お話しした高額療養費は月ベースであるのに対して、医療費控除は年間ベースの話です。
確定申告の必要がありますが、高額療養費制度とあわせてこの制度の利用も可能です。

制度の概要はとしては、まずある年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費の合計、つまり窓口の自己負担額から保険金などで補てんされる金額を差し引きます。さらにそこからその年の総所得金額が200万円以上の方は10万円を差し引いた額を税金の計算上、その方の所得から差し引ける制度です。
わかりにくい説明ですが、計算式にすると次のような感じになります。

「医療費控除=支出した医療費合計-保険金などで補てんされる金額-10万円」
(なお式の中の「10万円」は総所得金額200万円以上のケース)

一例ですが所得(収入ではありません)が300万円の方が、年間に医療機関の窓口で30万円を支払い、保険金でなどで5万円補てんされた場合、
「30万円-5万円-10万円=15万円」
となり、この金額を先程の所得から差し引くことになります。

注意するのは税金から差し引くのではなく所得から差し引くという点です。
例えば会社員の方であれば給与所得から、自営業の方であれば事業所得から差し引くということです。
したがって医療費控除は「所得控除」の一つであるということになります。
課税される所得が多少ではありますが減ることになりますので、税金を下げることができるかもしれません。

ちなみに余談ですが、いわゆる「住宅ローン控除」の適用を受ける方は、1年目について確定申告が必要になります。
こちらは税金から差し引くことになる「税額控除」となります。
なお「住宅ローン控除」については当事務所のホームページでお話ししていますので関心のある方はリンク先からご覧いただければ幸いです。

医療費の対象は?

さてこの医療費の対象になるものにはどういったものがあるのでしょうか?
病院の窓口で負担した医療費はもちろんですが他にも次のようなものがあげられます。

・入院中の食事代や部屋代(差額ベッド代は含まれません)
・通院費(ガソリン代や駐車場代は含まれません)
・治療等に必要な薬代
といったものがあります。
病気治療のため6か月以上寝たきりの方の場合おむつ代も含まれることもありますが、医師の証明書等が必要になりますのでかかりつけ医さんにご相談ください。

また今年(2017年)から2021年末までの時限措置ではありますが、「セルフメディケーション税制」という制度があります。
ドラッグストアで購入できる一部の市販薬を対象にして一定の金額を総所得から控除できる制度です。
ただし医療費控除との併用はできません。
どちらかの選択適用ということになります。
「セルフメディケーション税制」の詳細は当事務所のホームページでお話ししていますので、そちらをお読みいただければ幸いです。
今年から知っておきたいセルフメディケーション税制について
(その5まで続きますのでお時間がありましたらご覧ください。)

前回お話しした高額療養費制度と同じようにこの医療費控除のような制度も存在します。
前回の繰り返しにはなりますが、まずは医療費に関する公的な制度を少しでも理解して医療保険などの加入を検討されるといいでしょう。

この記事を書いたプロ

うえの行政書士FP事務所 [ホームページ]

行政書士 上野誠

東京都練馬区石神井町2-15-20-106 [地図]
TEL:03-6671-5089

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
うえの行政書士FP事務所 代表 上野誠さん

10年のFP実務経験も持つ行政書士!遺言・相続、ライフプラン…より良い人生づくりをお手伝いします(1/3)

 司法書士行政書士事務所での20年を超える業務経験をもつ上野誠さんが昨年、独立開業しました。 上野さんの強みは、行政書士の他、ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士、JCDA認定キャリア・デベロップメント・アドバイザーと幅広い資格に裏...

上野誠プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

行政書士とFPの豊富な実務経験!遺言相続、人生設計をサポート

事務所名 : うえの行政書士FP事務所
住所 : 東京都練馬区石神井町2-15-20-106 [地図]
TEL : 03-6671-5089

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6671-5089

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野誠(うえのまこと)

うえの行政書士FP事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
いわゆる「20歳前障害」と障害基礎年金について

こんにちは。練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。さて前回「障害年金」のお話しをさ...

[ ライフプラン ]

万一のときのことを考えて「障害年金」についても知っておきましょう

こんにちは。練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。先日日本年金機構が障害基礎年金の...

[ ライフプラン ]

住宅購入時における購入申し込みから引渡までのおおまかな流れ

こんにちは。練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。前回に「ローン特約」のお話しを、...

[ ライフプラン 住まい ]

不動産売買契約書の「ローン特約」とは?

こんにちは。練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。先日2回ほど「手付金」に関しての...

[ ライフプラン 住まい ]

相談を受け振り返りをし研鑽すること

こんにちは。練馬区の行政書士・ファイナンシャルプランナー上野誠です。 自分の相談業務を反省すること ...

[ ごあいさつ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ