コラム

 公開日: 2011-03-19 

震災地支援のために、私たちがしてはいけない7つのこと


3月11日午後2時46分発生しました「東日本大震災」の被災者に対して心からお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りいたします。

被災地支援のためにしてはいけないこと(nanapiより)
http://nanapi.jp/24862/

3月16日、政府の会見で東日本大震災の被災地での燃料不足が深刻化している問題について”被災地域以外の人に、必要以上に食料やガソリンなどを買いだめをしないように”という依頼がありました。被災しなかった私たちができる協力(=やるべきでないこと)をまとめてみました。

1:食料・ガソリンの買いだめ

非被災地でカップラーメンなどの保存食や念のためのミネラルウォーター、紙おむつやトイレットペーパーの買占めは、普通に必要としている人が買えないばかりか、普段と違う状況に余計な不安を周りに与える、などいいことがありません。

都心部でのそうした動きが過度にすすめば、保存食を求めている被災地へ送るための物資不足にもなります。ガソリンや灯油についても同様。必要に応じて購入するなど、落ち着いて行動したいものです。

簡単な心がけで車の燃費を向上させるコツ
2:資源の無駄使い

電気の無駄使い、ガソリンの無駄遣いはやっぱりいけません。有事の時はみなで助け合い、無駄遣いは控えるようにしましょう。

今すぐ家庭でできる!節電のポイント
3:デマ・風評およびチェーンメール

有事の際に、デマや風評は大変危険です。とくに、チェーンメールを利用することは、不正確な情報が多く人に混乱を招くばかりかインターネットのトラフィック(帯域)を逼迫し、本当に必要なメールやネット接続に悪影響が起こる可能性があります。

ここで重要なのは、正確な情報であっても、出すべきではないということです。”拡散希望”といって、Tweetするのも注意が必要です。

正しい情報の取捨選択のコツ
4:気持ちだけのボランティア志願

被災地に必要なボランティアは、それぞれの分野で一定のテクニックや資格が必要なケースが多いもの。

”自分でもできることを!”という気持ちだけでボランティアを志願する人の気持ちは立派ですが、現地で何の手助けもでないばかりか、体調を崩したり、結果現地の少ない食料や医薬品を消費してしまう、狭いスペースをより狭くしてしまう、などの弊害につながるケースも多いようです。

自分のスキル/体力を見極めてしっかりと考えることが重要です。

5:必要とされない物資を送ること

生ものや賞味期限の短い食べ物や手作りのもの、古着や使用したことのある毛布などは、大変困るようです。

被災地にとって必要のないものは、その場所場所で違う場合が多く、思い込みの送りものはかえってゴミになってしまいます。適切な期間に募金することが懸命です。

東北地方太平洋沖地震にWeb/携帯から募金する方法まとめ
6:必要以上に、公共施設に問合せをしない

本当に問合せを必要としている人の声が、適切な窓口に届かない可能性が高くなります。インターネット等が使える人は、賢くツールを使い、情報を収集するよう心がけましょう。

7:なんでも不謹慎といって、批判する行動

なんでも、”不謹慎”という言葉で批判する行為は、経済活動をシュリンクさせ、非被災者の経済的側面も圧迫させ、募金や支援行動の妨げになることさえあります。

一人ひとりが、節制しつつもポジティブな行動を支援する心構えもまた必要だと思います。

最後に

上記は、もちろんケースバイケースで、すべて悪いということではありません。ただ、自分の勝手な思い込みによる行動が迷惑になっていることも。

ひとりひとりが考え協力していきましょう。

この記事を書いたプロ

有限会社 椿建築デザイン研究所 [ホームページ]

建築家 椿邦司

東京都北区上十条2-20-6 十条オフィス(設計企画部) ※問い合わせ・打ち合わせは十条オフィスにてお願いします。 [地図]
TEL:03-5963-3696

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
実績紹介
W50

かつてご自宅として使われていた住宅の一部をお茶のお稽古が出来る様に8畳の茶室と水屋をへと改装。詳しくは弊社サイトをご覧下さい。http://www.t-a.co.jp/works...

 
このプロの紹介記事
木の風合いを匠の技で活かす建築家 椿邦司さん

和風モダン住宅を建築からインテリアまでトータルでコーディネート(1/3)

 夕景になじむ玄関までのアプローチ、ほのかで上品な室内の灯り、重厚な梁を生かした天井、さわやかな木の香り―。椿建築デザイン事務所の椿邦司さんが手がけ、最近完成にこぎつけた和風モダンな一軒家には、他の一般住宅とは一味違う落ち着きと優しさがあふ...

椿邦司プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

茶室・和風モダン住宅に強い!

会社名 : 有限会社 椿建築デザイン研究所
住所 : 東京都北区上十条2-20-6 十条オフィス(設計企画部) [地図]
※問い合わせ・打ち合わせは十条オフィスにてお願いします。
TEL : 03-5963-3696

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5963-3696

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

椿邦司(つばきくにじ)

有限会社 椿建築デザイン研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
スリランカの天才建築家ジェフリー・バワ
イメージ

スリランカが生んだ天才建築家ジェフリー・バワのホテル建築は素晴らしい!昔タクシー貸切彼の作品を一人で見て回...

[ ]

DIY型賃貸物件が人気!
イメージ

http://suumo.jp/journal/2014/07/02/65194/DIY型の賃貸物件が人気となっている!国の指針も今年発表されて、...

[ 建築NewS ]

T&Aプロモーションビデオ!

Tsubaki&Associates Promotion!椿建築デザイン研究所プロモーションビデオ完成しました!http://www.youtube.c...

[ お知らせ ]

T&A press Vol7 完成しました!!
T&A press Vol7(表)

厳しい時代といわれながらもT&Aは、自然との共存をテーマに安心で快適な空間造りに取り組んで参りました。今年は...

地下室のある住宅現場風景
イメージ

現在進行中の地下室のある住宅現場風景!地下水が心配されましたので、「ボルクレイ地下防水工法」を採用して施工...

[ 現場報告 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ