コラム

 公開日: 2018-03-09 

モノの密度をコントロール〜断捨離だけじゃない!すっきり暮らせる住まいの作り方

大好き!と思って買った思い出もあるモノたち。断捨離といわれてもそうそう捨てられるものではありません。とはいえ、だんだん増えてくるモノの管理も置場も大変...
前回ご紹介した光と風を共有する家の子世帯のご夫婦は、そんな悩みをお持ちでした。
たくさんのモノと、スッキリとした住まい。二つの相反するご要望をどのように解決したのかをご紹介します。

スタジオのようなリビング


ほぼワンルームのようなリビング。天井高は3.3mと一般的なお宅より90cm高い大空間です。6年たっても変わらずすっきりと住まわれているご夫妻ですが、ご趣味はファッションとお買い物。特にご主人は、靴や洋服のレアアイテムをたくさんお持ちで、絶対に捨てられない性格です。 では、どうやってこのがらんとして密度の低いリビングを維持できるのでしょうか?

モノの密度にメリハリをつける


ソファの裏の白い壁。ギャラリーのように素敵に飾り付けられた大きな壁が印象的ですが、実は、この裏に寝室と200足入るシューズクローゼット、納戸と ウォークインクローゼットが二段に積まれている、機能的な壁です。 床面積で言えばリビングの2/3に近い広さの、高密度の収納空間が、このスタジオのようながら んとした空間を補完しています。


寝室は、ベッドの巾だけに圧縮した極小空間。マットレスの高さから90cmほど立ち上がった壁の上には間接照明が仕込まれ、その上は開放されているので、さほど圧迫感はありません。
ベッドの先はベッドから55cmほど上がって納戸空間。ここには季節モノやフォーマルなど、頻度の低い洋服類が収納されています。

スキマの書斎

とはいえ、楽しみや日常の動作に使うモノ達をしまい込んでしまうと、暮らしの効率が下がってしまいます。そこで考えたのがスキマの書斎です。


リビングからウォークインクローゼットに入る通路ですが、突き当たりの90cm×50cmの極小空間がご主人の書斎です。ご趣味の本や書類を縦に積み上げることで、パソコンなどの作業スペースを確保しながら、十分な収納量を確保しています。
下からは取り出しにくい、高い位置の段は、上部の納戸からアクセスできる、簡易的なブリッジのような床から出し入れできます。
また,写真右側の開口内に一畳強程度のスペースがあり、そこが奥様の書斎です。持ち帰り仕事やお化粧など、ともするとリビングや洗面などの共有スペースに散らかりがちな作業をまとめることで、忙しいときには出したままにできる、バッファー収納を作りました。

通り抜けできるクローゼット空間


リビングギャラリー壁裏の一階部分は、玄関から書斎まで通り抜けられるクローゼットです。
手前に見えるシューズクローゼット。ここは寝室の下にあたるため、天井高1.4mの、法的には面積に入らない床下収納ですが、高さや段数も靴に合わせて細かく設定できるようにしているので、最大限の200足の靴が収納可能です。


そしてクローゼットは、棚柱を使い、高さや段数を好きなように調整できるシステムとした上、汎用品のクローゼットケースと寸法を合わせて、無駄なスキマなくぎっしりきれいに整理できるようになっています。
流行によって服の丈が変わったり、引出を入れ替えたいときもすぐに対応できる、シンプルなシステムクローゼットです。

見せる収納


とはいえ、せっかく買った大好きなモノ達ですから、全部しまい込んでしまうのではもったいない。
この家ではショーケースを壁に造り付けまし た。ここに入る分は眺めて楽しむモノたち。 時々「展示替え」するのも楽しいですよね。



その他にも、階段を利用した飾り棚や、部屋干しもできる細長いランドリー、水回りの天井高を抑えて作ったロフト収納など、収納のアイデアがたくさん詰まった家です。
ここで重要なのは、密度感の緩急のつけかた。
今回ご紹介した事例のように、「モノが捨てられない」タイプの方でも、空間にまんべんなく物がある状態ではなく、密度感に緩急をつけることで、大好きなモノに囲まれながらも圧迫感のない住まいができました。 家づくりの最初から、じっくりと相談しながら暮らしをデザインすることで、必ず理想の暮らし が実現できます。

次回のコラムでは、収納について、もう少し技術的なお話をしたいと思います。

この家の詳細は津野建築設計室HPでもご紹介していますので、ご覧下さい。
光と風を共有する家/津野建築設計室
また、最後にご紹介した見せる収納の家具の詳細などもご覧頂けます。
ショーケースのような小物入れ

--
津野建築設計室 津野恵美子
http://www.t-troom.com/
ちょっとしたことでも結構ですので,お気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせはこちらから

この記事を書いたプロ

一級建築士事務所/津野建築設計室 [ホームページ]

一級建築士 津野恵美子

東京都世田谷区成城 [地図]
TEL:03-3415-5365

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
直近メディア掲載事例
2018年作品選集

このたびヤマノイエで日本建築学会作品選奨を受賞しました.同賞は,日本建築学会の『作品選集2018』に掲載された100作品のなかから「学術・技術・芸術の総合的視点か...

 
このプロの紹介記事
くつろぎを寸法という数字に置き換え、住まいをつくる一級建築士 津野恵美子さん

人や物に対して心地よさを感じる距離を設計に反映する(1/3)

 一級建築士事務所「津野建築設計室」主宰の津野恵美子さんは、主に一戸建て住宅、別荘、マンションリノベーション等の設計を手がけています。建築雑誌でも、その建築が紹介されるなど業界でも注目度の高い一級建築士です。 東京大学工学部建築学科在学...

津野恵美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

心地よさという感覚を数値化し、空間や暮らしに適切な寸法を出す

事務所名 : 一級建築士事務所/津野建築設計室
住所 : 東京都世田谷区成城 [地図]
TEL : 03-3415-5365

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3415-5365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津野恵美子(つのえみこ)

一級建築士事務所/津野建築設計室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
茅ヶ崎の家の庭づくり
イメージ

先日弊社でで設計監理した、茅ヶ崎の家の植栽工事が完了しました。この家は細長い通路を有する旗竿敷地で、周辺...

[ エクステリア ]

家の庭を考える〜身近にグリーンがある生活
イメージ

緑の多い街並みは歩いていて気持ちがいいですよね。都会の住宅地の中では、個人の宅地のグリーンが、街...

[ エクステリア ]

木造住宅の外壁基礎知識【前編】〜住まいを守る基本性能
イメージ

住宅の外壁について、一般的な基礎知識と仕上の種類についてのコラムです。性能と種類と、前後編に分けてご説明...

[ エクステリア ]

光と風を共有する二世帯住宅
イメージ

最近二世帯住宅が増えていますが、どのお宅でも必ず問題になるのが、何を共有して何を専有するかという線...

[ 作品紹介 ]

収納計画のポイント1〜収納量が格段に上がる!クローゼットの作り方
イメージ

前回「光と風を共有する家」をベースに、家とモノの関係についてお話ししましたが、今回はもう少し収納計画に特化...

[ インテリア ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ