コラム

 公開日: 2018-01-09 

光と風を共有する二世帯住宅

最近二世帯住宅が増えていますが、どのお宅でも必ず問題になるのが、何を共有して何を専有するかという線引きです。 せっかく一つ屋根の下に一緒に住むのならば、よいものは共有したいけれど、それぞれの世帯の独立性は保ちたい。土地に余裕のない都市型住宅ではとても難しい課題です。このご家族は、共有と専有の線引きをどこに設定することで、心地よい距離感を実現したのでしょうか。

黒い壁に開けられた高い入口を共有する

共有と聞くと、玄関や水回りなどの機能をイメージする方が多いかと思いますが、この家では「窓」を共有しました。

黒と白の外観が特徴的な家ですが、こちら完全分離型の二世帯住宅です。


黒い艶のある外壁に鉄錆色が重厚な門扉。一軒の邸宅としての顔を持っています。

屋外の共有玄関

ですが、黒い壁に開けられた大開口をくぐると、一転して白い壁と木の床に、メインツリーという、親しみやすいスケール感の細長い中庭が現れます。

ここは二世帯共有の「玄関」です。 でもあくまでも屋外の空間なので、延べ面積には入らず、内部空間はそれぞれの世帯の専有空間として有効に使えます。 門を閉じれば半中庭空間にもなるので、季候のよい時期は、一階で飼っているわんちゃんが自由に出入りできる、お気に入りスペースにもなっています。

共有の大開口とはずれた位置にある専有の窓

黒い壁に開けられた大開口は、町に対してこの二世帯の家族が共有する窓ですが、黒い壁の内側の白い壁に開けられた室内の窓は、あえて共有の大開口とはずらした位置にあります。

外の開口とはずらすことで、プライバシーは保ちつつ、光や風は十分に取り込めます。


一階の親世帯からの眺めです。右下の窓は愛犬が中庭を見るための窓ですが、低い位置の開口なので、気持ちのよい風を取り込むこともできます。 左上の大窓だけは外の開口とぴったり位置が合っていますが、ここは地元にご友人が多いお父様が、遊びに来たお仲間を出迎えるための窓です。 手前に植えられたエゴノキのメインツリーが、外と柔らかく遮断しています。

南側の大窓を共有する

敷地の南側は隣地のアパート駐車場です。将来的に建物が建つ可能性もありますが、現状では貴重な南採光です。

ここでも黒い壁に開けられた大きな窓が力を発揮します。この大きな窓は2.7m×2.7m。一般的なバルコニー下のスペースと同じよう大きさですが、この家では、上下階の中央に、二世帯が開口を共有する高さで開けました。真ん中の位置にある二階のバルコニーの床は、グレーチングなので、一階への採光を邪魔しません。

二階の子世帯から外を見たところです。

こちらの窓は、外の大開口とは半分ずれた高さにあるため、適度に外の景色を遮りつつ、白い壁に光が反射して明るい面を作って、落ち着いた室内風景となっています。


上の写真は、一階の親世帯から外を見たところ。ちょうど視線の高さに壁が回っていることで、外の人と目が合ってしまうようなことなく、上半分に開いた大窓から十分な光を取り入れられます。
フェンスと同じ高さの下窓の外側は花壇になっており、家庭菜園も楽しめます。

まとめ

親世帯と子世帯。生活時間や習慣も異なる二家族なので、機能は完全分離ですが、町に対する大窓を共有することで、一軒の家に住んでいる感覚が強く表れています。 外側の大窓と室内の中間スペースを共有していることで、日常的に自然なコミュニケーションも生まれるため、トラブルの元になりやすい生活音なども、ほとんど気にならないそうです。
二つの家族で光と風を共有する家です。

光と風を共有する家

この家の他の写真は、ギャラリー内の「光と風を共有する家」でもご覧頂けます。

--
津野建築設計室 津野恵美子
http://www.t-troom.com/
ちょっとしたことでも結構ですので,お気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせはこちらから

この記事を書いたプロ

一級建築士事務所/津野建築設計室 [ホームページ]

一級建築士 津野恵美子

東京都世田谷区成城 [地図]
TEL:03-3415-5365

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
くつろぎを寸法という数字に置き換え、住まいをつくる一級建築士 津野恵美子さん

人や物に対して心地よさを感じる距離を設計に反映する(1/3)

 一級建築士事務所「津野建築設計室」主宰の津野恵美子さんは、主に一戸建て住宅、別荘、マンションリノベーション等の設計を手がけています。建築雑誌でも、その建築が紹介されるなど業界でも注目度の高い一級建築士です。 東京大学工学部建築学科在学...

津野恵美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

心地よさという感覚を数値化し、空間や暮らしに適切な寸法を出す

事務所名 : 一級建築士事務所/津野建築設計室
住所 : 東京都世田谷区成城 [地図]
TEL : 03-3415-5365

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3415-5365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津野恵美子(つのえみこ)

一級建築士事務所/津野建築設計室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
収納計画のポイント2〜片付けしやすい収納とは?
イメージ

前回は、モノと建築の基準寸法を元に、効率のよいスペースの作り方についてお話ししました。とはいえ、「適切な収納...

[ インテリア ]

収納計画のポイント1〜収納量が格段に上がる!クローゼットの作り方
イメージ

前回「光と風を共有する家」をベースに、家とモノの関係についてお話ししましたが、今回はもう少し収納計画に特化...

[ インテリア ]

モノの密度をコントロール〜断捨離だけじゃない!すっきり暮らせる住まいの作り方
イメージ

大好き!と思って買った思い出もあるモノたち。断捨離といわれてもそうそう捨てられるものではありません。とは...

[ 作品紹介 ]

ちょこっと作業に便利な、小さな書斎の個性的な事例9選
イメージ

書斎。どちらかというと男の空間のイメージが強いかもしれません。 設計のお仕事を頂いても、書斎のご要望...

[ インテリア ]

現代住宅にもマッチする引戸。引戸のメリットとデメリットの検証
イメージ

日本の伝統的な家屋に使われてきた引戸。そのため引戸=和風のイメージがあるのか、洋風のインテリアでは、無...

[ インテリア ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ