コラム

 公開日: 2017-08-05  最終更新日: 2017-11-30

ちょこっと作業に便利な、小さな書斎の個性的な事例9選

書斎。どちらかというと男の空間のイメージが強いかもしれません。 設計のお仕事を頂いても、書斎のご要望は圧倒的に男性から。 でも、「ワークスペース」「スタディコーナー」「本読みスペース」そんな名前で考えれば、家族みんなが必要なスペースです。必ずしも広いスペースは必要ありません。気持ちよく使える書斎を作ってみませんか。

垂直にのびる書斎

とはいえ一発目はわかりやすく「男の書斎」で す。 二層吹抜の本棚と壁にはさまれた1.4mほどの巾の机の前は一面の窓。地面から1mほど高い床が道に張り出したように作られているので、 数百m先まで見通せる、面積は小さいながらもスケール感の大きな書斎です。


キッチンの奥のお母さんの書斎

キッチン作業の合間にちょっとした待ち時間ができることってありますよね。その時に、ダイニングで作業を始めてしまうと、毎回片付けるのが大変です。 そんなときのため、お母さんのための書斎をキッチンの片隅に作りました。 片隅と言っても、二つの窓に面していて、小さいながらも明るくのびのびとしたスペース。デスクには薄い引出も組み込んであるので、お子さんの幼稚園や学校で配られたプリントなどもしまっておけるし、タブレットやPCを充電しながらレシピ確認することもできます。


ボクの書斎

お父さんやお母さんのスペースを見て、自分の分も欲しくなったお子さんのため、急遽スペースづくりをしてあげたそうです。 書斎の上の段の本棚には、作った「作品」も展示されています。


上三つの書斎は全てこのダイニングに連続しています。垂直の書斎は本棚の右奥。ボクの書斎は本棚正面。お母さんの書斎は右手前のキッチン入り口の奥です。それぞれこもれる場所だけど、 気配は感じる。みんなで集まる場所の中に、自分専用のコーナーがある。そんなゆるい関係性を 作りました。

スキマのある家

スキマの書斎

こちらもリビングと連続しつつも、こもれる書斎です。 W.I.Cに入る通路の奥に作った80cm×45cmの 極小スペース。でも、既製品のサッシが見えないように枠で囲んで、明るい磨りガラスだけを切り取ったような正方形の窓や、上にブリッジが架かった吹抜の本棚などのアイテムに、ぎっしり詰まった趣味のモノ達が、お仕事から離れて好きなことに没頭できる至福の時間を演出します。

光と風を共有する家

緑豊かな落ち着く書斎

こちらは独立した部屋となっているクローズな書斎。避暑地の別荘の中に作られたスペースで す。 暑い時期はまとまった日数滞在するため、独立したお仕事空間が必須のご要望でした。別荘らしくデスクの前の窓からは林の木々が一面に広がっています。 年配のご主人のため、重厚感があって上品な木目の、欅の板を採用。手前側の扉の中にはとっておきのワインを入れておくセラーが仕込まれています。


同じく別荘の寝室に備え付けられたカウンターデスク。 別荘という用途上、個室には、お子さんだけではなくお客様が泊まることも多いため、ホテルライクなデスクをしつらえました。

富士山麓の家

ミニ書斎

マンションリノベのリビングコーナーに造り付けたデスクです。ちょっとした書類や保証書。 パソコンやプリンタなど、家事の合間にやってしまいたい作業などを片付けるためのデスクです。 リビングの他の家具と、色やデザインを統一し た造りになっています。


松濤の改装

ロフトベッドの影に隠れた落ち着いたワークスペース

こちらは一人暮らしのワンルームリノベで造り付けられたワークスペースです。 ロフトベッドの奥に作られたL型の空間は、家に持ち帰って仕事をすることも多いSEのクライアントのため、広めの造りとなっています。 手前側のくぼみはロフトベッドに上がるハシゴと一体になった本棚です。


反転する家

ご紹介したスペースはほとんどどれも巾1.5m以下の小さなスペースですが、他の空間との連続感や窓の有無、天井高の操作などによって、いろいろなスケール感のスペースができています。書斎があるメリットは、なんと言っても集中した自分だけの時間が作れること。ちょっとした空間ですが、あるのとないのとでは大違いです。
あなたなら、どんな書斎を作りたいですか?

--
津野建築設計室 津野恵美子
http://www.t-troom.com/
ちょっとしたことでも結構ですので,お気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせはこちらから

この記事を書いたプロ

一級建築士事務所/津野建築設計室 [ホームページ]

一級建築士 津野恵美子

東京都世田谷区成城 [地図]
TEL:03-3415-5365

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
直近メディア掲載事例
2018年作品選集

このたびヤマノイエで日本建築学会作品選奨を受賞しました.同賞は,日本建築学会の『作品選集2018』に掲載された100作品のなかから「学術・技術・芸術の総合的視点か...

 
このプロの紹介記事
くつろぎを寸法という数字に置き換え、住まいをつくる一級建築士 津野恵美子さん

人や物に対して心地よさを感じる距離を設計に反映する(1/3)

 一級建築士事務所「津野建築設計室」主宰の津野恵美子さんは、主に一戸建て住宅、別荘、マンションリノベーション等の設計を手がけています。建築雑誌でも、その建築が紹介されるなど業界でも注目度の高い一級建築士です。 東京大学工学部建築学科在学...

津野恵美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

心地よさという感覚を数値化し、空間や暮らしに適切な寸法を出す

事務所名 : 一級建築士事務所/津野建築設計室
住所 : 東京都世田谷区成城 [地図]
TEL : 03-3415-5365

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3415-5365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津野恵美子(つのえみこ)

一級建築士事務所/津野建築設計室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
茅ヶ崎の家の庭づくり
イメージ

先日弊社でで設計監理した、茅ヶ崎の家の植栽工事が完了しました。この家は細長い通路を有する旗竿敷地で、周辺...

[ エクステリア ]

家の庭を考える〜身近にグリーンがある生活
イメージ

緑の多い街並みは歩いていて気持ちがいいですよね。都会の住宅地の中では、個人の宅地のグリーンが、街...

[ エクステリア ]

木造住宅の外壁基礎知識【前編】〜住まいを守る基本性能
イメージ

住宅の外壁について、一般的な基礎知識と仕上の種類についてのコラムです。性能と種類と、前後編に分けてご説明...

[ エクステリア ]

光と風を共有する二世帯住宅
イメージ

最近二世帯住宅が増えていますが、どのお宅でも必ず問題になるのが、何を共有して何を専有するかという線...

[ 作品紹介 ]

収納計画のポイント1〜収納量が格段に上がる!クローゼットの作り方
イメージ

前回「光と風を共有する家」をベースに、家とモノの関係についてお話ししましたが、今回はもう少し収納計画に特化...

[ インテリア ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ