コラム

 公開日: 2017-09-13 

数学の文章題は大事な部分に線を引きましょう

これは当然のことです

しかし、どこが大事か分からない生徒さんもいます

基礎から積み上げ、大事な所がどこか判断出来るようにします

数学が苦手な生徒はたくさんいて、苦手は単元も色々ですが、共通するのは、
どこかに「穴」があるということです。
 その「穴」が多いと大変なので、それを探し、1つずつ埋めていく作業が必要です。
それが出来るのが個別指導専門教室です。
 戸山学院早稲田校は塾長1人で講師ゼロなので、無料相談も無料体験授業も
塾長が担当します。入会後も保護者と塾長、塾生と塾長の間で話が進みますので、
安心です。
 横浜時代の個別指導塾では同時に4人の講師が入り、12名の塾生を担当しましたが、
新宿の小さな場所に引っ越し、塾生は同時に3名しか入室出来ないようにしました。
 講師と打ち合わせをしたり、講師が書いた授業報告書を読むこともなくなり、塾長の時間を
全て、直接、塾生に向けることが出来るようになりました。




 

オンライン部は月額8640円で学び放題、無料お試し3日間可能

英語検定過去問
首都圏公立高校入試過去問(東京新聞)

戸山学院03-6233-9575

この記事を書いたプロ

戸山学院早稲田校 [ホームページ]

講師 竹内鉄雄

東京都新宿大久保2-21-10 ジュネス大久保102 [地図]
TEL:03-6233-9575

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
英検対策無料メルマガ
イメージ

 2015年度に1億人を超えました。センター試験に代わる新テストでは英語4技能をバランスよく測定することになります。英検などの外部検定利用タイプ入試も増えてい...

毎月の学習報告
イメージ

【学習期間】2016/09/01~2016/09/30【学習時間】18時間01分55秒 【学習項目】 中学英語:・Stage1Lesson4unit13 He is not a Japanese girl. Sh...

 
このプロの紹介記事
戸山学院の竹内鉄雄さん

急がず休まず、努力を続けることで、生徒に自信をつけさせる個別指導塾(1/3)

戸山学院は新宿区の新大久保駅と西早稲田駅、それぞれの駅からほど近い場所に位置する学習塾です。現在小4から高3までの児童・生徒が通っていて、なかでも高校受験と大学入試で数多くの実績を誇っているそうです。塾長である竹内鉄雄さんは、元教員。退...

竹内鉄雄プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

元教員が提供する通塾とデジタル教材を融合させた効果的な学習法

会社名 : 戸山学院早稲田校
住所 : 東京都新宿大久保2-21-10 ジュネス大久保102 [地図]
TEL : 03-6233-9575

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6233-9575

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

竹内鉄雄(たけうちてつお)

戸山学院早稲田校

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
返済不要の給付型奨学金制度のある大学(2017年5月21日現在)

 神奈川大学 http://www.kanagawa-u.ac.jp/admissions/faculty/stipendiary/overview/理系学部で自宅外通学...

[ スカラシップ ]

土曜授業が6年間続くと学習時間は
イメージ

 土曜授業が3時間とすれば  50分かける3で150分  年間35週として5250分  それが6年間...

[ センター試験 ]

子供の貧困問題の深刻化
イメージ

 本日、JIJICOに、子供の貧困問題に関する私の記事が配信されました。1人でも多くの方々の目に触れることを願っ...

[ スカラシップ ]

高校入試における英語外部検定試験導入の動き
イメージ

             大学入試における英語4技能測定   上智、早稲田、東京理科、明治、青山学院、明...

[ 英語検定対策 ]

スピーキングが大事な理由を御存知ですか?
イメージ

 今日は、旧知の塾長から電話があり、色々と話しましたが、「これからはスピーキング」ということになりました。...

[ 英語検定対策 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ