コラム

 公開日: 2018-05-24 

シェアハウスの破たん問題

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の事業運営会社が破たんしたと思ったら今度は、ゴールデンゲインと言う会社が破たんした。両社ともシェアハウスを投資家向に販売する事業会社だが、両社の共通点はシェアハウスのサブリースと運営の実績年数が短いと言うことである。他に、投資家向けの事業ローンの貸付がスルガ銀行だが、同時に破たんしたのは偶然なのか、金融機関側の問題かは現時点では不明。シェアハウスを運営している知人の話では立地が入居を左右すると言う事だったが、雨後の竹の子の様にシェアハウスが増えてくると両社の物件供給は需給を無視した無謀な事業拡大と思える。シャエハウスは東日本大地震後に特に注目され、その需要に目を付けた一攫千金を狙った一発屋が参入してきた感がある。今回の様な金融機関を巡る疑惑融資の破たんが起きると、長年にわたりシェアハウスに取り組んできた運営会社が可愛そうだ。金融機関は都市も地方も稼げない経済状況なので、リスクを取る貸付は仕方がないだろうが、経営者の質やビジネスモデルの評価を軽視し、然も買い手の与信まで改竄したとなれば、机上の理論ばかり主張する金融庁の金融機関の淘汰が加速する。今の時代は100年の年月が1年で変わる位のスピードで技術が進歩し、何が起きているのか理解するのも難しいが、基本は変わっていないと思われる。低金利の時代に高利回りの商品など胡散臭い商品だ。情報化の時代は誰もが専門家になれるので、知識と経験は違う事に気が付かないと悲劇が起きる。マイベストプロは専門家の集団の紹介だらかではないが、相談すれば事業会社の破たんで困ることはなかったのではないかと手前味噌に考える。

この記事を書いたプロ

株式会社東拓企画 [ホームページ]

不動産コンサルタント 関博文

東京都港区虎ノ門1-16-4 アーバン虎ノ門ビル2F [地図]
TEL:03-3503-1427

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

中古マンション同行キャンペーンをご利用いただいたお客様よりうれしいお便りを頂戴しましたのでご紹介させていただきます。親身に相談にのっていただきありがたか...

サービス・商品

管理組合業身代行サービスのホームページを新たに立ち上げました。アドレス以下の通りです。http://管理組合代行サービス.jp専門的に対応してゆきますので、サー...

 
このプロの紹介記事
不動産総合管理業者 関博文さん

“物づくりの心”を大切にしながら信頼を獲得(1/3)

 建築設計・施工を第一の柱に、建物診断、修繕・改装工事など、不動産に関する業務を幅広く手掛ける株式会社東拓企画。創業者の次男で、二代目社長が関博文さんです。もともと一級建築士事務所だった当社は、昭和50年代から都内の再開発事業に積極的に取り...

関博文プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

クイックレスポンスとワンストップサービスです

会社名 : 株式会社東拓企画
住所 : 東京都港区虎ノ門1-16-4 アーバン虎ノ門ビル2F [地図]
TEL : 03-3503-1427

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3503-1427

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

関博文(せきはくぶん)

株式会社東拓企画

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
分譲マンションと民泊問題

宿泊施設不足で民泊の問題がクローズアップされてきたが、マンション管理の業務を受託している業者としてはマンシ...

[ 分譲マンション ]

マンション等建築物の施工不良工事について

三井不動産レジデンシャルが販売した横浜市のマンションの杭工事に施工上の問題が発見され、建替えが余儀なくされ...

[ 分譲マンション ]

設計図を読む ③

こんにちは。11月も半ばを過ぎ街はすっかり年末モードですね。今年は天災の多い年で私たち日本人にとって忘れ...

設計図を読む ④

みなさん、こんにちは。今日は本当に寒いですね。。。外出時にコートは手放せません。 さて今回は、設備図に...

設計図を読む ⑤

こんにちは。今日はホントに寒いですね~首元が開いた服を着て来てしまい、大失敗です。。。。 さて今回は、...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ