コラム

 公開日: 2011-02-27  最終更新日: 2014-07-31

「その日」に備える資産防衛術

確定申告新宿区高田馬場
 日本の債務残高が毎年40兆円ずつ増加しており、その引受手である国内金融機関等も
数年のうちに引受けることが限界に近づくと言われています。

日本は破綻しなくとも、それに近い状態になると言う人もいます。(注1)
国の財政が危機的状況になって、破綻近くになると

①国債残高が膨張し国債価格暴落      ②ハイパーインフレ
③15%以上の高失業率             ④高金利

というような現象が現れ、最終局面になると、IMFの条件付き支援で、消費税10~20%
以上になったり、大きな政府や公務員のリストラがされる。

でも、すでに破綻またはそれに近かったアルゼンチン、韓国、ロシアなども立派に立
ち直っているから大丈夫などと思わないで欲しい。

その陰では、破綻の大きな荒波に多くの人が呑み込まれ、甚大な被害を受けているの
だから。
著者は次のように提案してます。

「市場の反乱によりハイパーインフレが起きる、その後大幅な円安により、徐々に日本
経済は回復する」というシナリオに基づいてポートフォリオを組めばいいのです。

(1)円預金
 全ての資産を円預金にするのは危険です。

(2)日本株
 歴史的にみると株価はインフレ率以上に上昇しますが、潰れる会社も多いのでその見
 極めが難しい。

(3)日本国債、社債
 長期の社債、国債は早めに処分すべきです。

(4)不動産
 インフレ・ヘッジとしては不動産も有効ですが、借金してまで買うべきではありません。
 収入が滞るかもしれないし、金利上昇リスクもあります。

(5)借金をする
 ハイパーインフレが来るなら借金は実質価値が激減するから有効な手段です。
 しかし、高金利が予想されるので固定金利か、金利スワップやキャップを買う等準備
 をすべきです。

(6)国際分散投資
 かつて破綻した韓国のウォンは3分の1まで暴落しました。そこで、私が一番お勧めし
 たいのが国際分散投資です。

(7)金投資
 金も有効な手段です。
 しかし、金は世界経済がインフレかデフレかで決まるので日本がインフレになっても
 為替レートが逆に動けば効果が少なくなるかもしれません。

  これから見直しを考えるべきでしょう。備えあれば憂いなしです。





     100年に1度の不況は
      100年に1度のチャンスになるかもしれません。




                とおやま ひでゆき





(注1)『日本破綻』 「その日」に備える資産防衛術      
<著者略歴> 
藤巻健史1950年、東京生まれ。一橋大学商学部を卒業後、三井信託銀行に入行。

(注2)国債と長期金利の歴史を振り返ると、経済大国の没落は、低金利が長く続いた
後に、国債暴落と長期金利の突然の上昇によって起こってきた。
 例えば、イタリアの都市国家ジェノバやオランダ、英国はいずれも経済大国として
君臨したが、その後、衰退した。
引き金となったのは、低金利の後の、突然の国債の暴落・長期金利の暴騰だった。

   <お知らせ>
 3月セミナー       
平成23年 3月24日(木)「これで会社を守れる!労働基準法のポイントセミナー」
15時半~17時 20名 当事務所セミナー室
        一般2,000円、会員1,000円 講師、当社税理士・社会保険労務士。
         http://www.to-yama.com/ 
 
<所員ブログ>
http://blogs.yahoo.co.jp/tji3min/
=========================================
   公認会計士 遠山事務所
   税理士法人 とおやま
   会社設立 相続税 東京都新宿区 経理代行
   URL http://www.to-yama.com
      TEL 03-5285-4123
=========================================

会社設立東京
http://www.to-yama.com/kaisyaseturitu/seturitu.html

相続税東京
http://www.to-yama.com/souzoku/souzokusoudannjyo.html

経理代行東京
http://www.to-yama.com/outsourcing/keiridaikou.html

この記事を書いたプロ

税理士法人とおやま [ホームページ]

税理士 遠山秀幸

東京都新宿区高田馬場1-31-18 高田馬場センタービル6F [地図]
TEL:03-5285-4123

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談案内
相続無料相談

相続無料相談    初回ご相談は30分無料です。お気軽にお電話でお申込み下さい。・遺言書作成お手伝い・遺産分割協議書作成お手伝い・相続手続きお手伝い・相...

料金のご案内
会社設立料金0円で安く設立!

会社設立料金0円   プロに手続きを任せると順調に安く設立できます。会社設立の専門家<料金のご案内>設立手数料0円+実費20万5千円=20万5千円(税務顧問契約...

 
このプロの紹介記事
相続、法人に強い公認会計士&税理士 遠山秀幸さん

東京都新宿区を中心に開業以来関与した法人は800社以上 会社設立・法人設立や相続税申告の事例数は圧巻(1/3)

 高田馬場駅からすぐのところにある大きなビル。その1フロアに遠山さんが所長を務める「税理士法人とおやま」があります。総勢30名超のスタッフが働く大所帯が手がけるのは税理士一般業務のほか、法人・個人の信用調査サービス、決算前検討会、税法等の改...

遠山秀幸プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

800社の実績。失敗しない会社設立は税理士法人とおやま

事務所名 : 税理士法人とおやま
住所 : 東京都新宿区高田馬場1-31-18 高田馬場センタービル6F [地図]
TEL : 03-5285-4123

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5285-4123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠山秀幸(とおやまひでゆき)

税理士法人とおやま

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
運を引き寄せる5つの方法
税理士 新宿区

 運を引き寄せる5つの方法  経営の8割は運で決まるというのは澤田さんです。(注1)運のいい人も悪い人も一読の...

[ 東京の税理士が考える ]

決算月の決め方 どの月が良いか?その1 新宿区の会社設立

決算月の決め方なら、新宿区の会社設立は税理士法人とおやま会社設立手数料0円のご案内会社設立をしたお客様に「...

[ 会社設立・起業の成功 ]

決算月の決め方 どの月が良いか?その2 新宿区の会社設立

決算月の決め方なら、新宿区の会社設立は税理士法人とおやま会社設立手数料0円のご案内会社設立をしたお客様に「...

[ 会社設立・起業の成功 ]

決算月の決め方 どの月が良いか?その3 新宿区の会社設立 

決算月の決め方なら、新宿区の会社設立は税理士法人とおやま会社設立手数料0円のご案内会社設立をしたお客様に「...

[ 会社設立・起業の成功 ]

決算日の変更 決算月の決め方 その4 新宿区の会社設立

決算日の変更なら、新宿区の会社設立は税理士法人とおやま会社設立手数料0円のご案内会社設立をしたお客様に「あ...

[ 会社設立・起業の成功 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ