コラム

 公開日: 2015-04-04 

NPO法人東北開墾の「東北食べる通信」は脳を刺激する!

NPO法人「東北開墾」って何?

NPO法人東北開墾は、高橋 博之氏が立ち上げたNPOです。
東北大震災のあと、元気のなくなった被災地の農業や漁業を元気にするために、立ち上げた法人です。
一般社団法人「日本食べる通信リーグ」(岩手県花巻市)を統括しており、被災地を中心とした第一次産業の生産者の適正価格で生産品を都市部に届けたいという気持ちを実現できるように支援をしています。

具体的には、生産者等は加盟料30万円を支払うことで、この仕組みを利用することができます。それには、生産者と消費者の交流を目的にするといった一定の規則を守る必要がありますが、特に大きなハードルではありません。この仕組みでは、条件を満たせば、個人・企業・地域・団体など誰でも活用することができ、発行する冊子の内容や価格や頻度も自由に決められます。

最近、この仕組みを利用した「○○食べる通信」というおまけ付き冊子の販売が急速に増えています。今後もこの勢いはしばらく続きそうです。

東北食べる通信の編集長の高橋博之ってどんな人?

彼は、1974年、岩手県花巻市生まれだそうです。
2006年に、岩手県議会議員補欠選挙に初当選し、翌年の選挙でもトップ当選を果たした。
彼の凄いところは、徹底したお金をかけない草の根ボランティア選挙で、もちろん政党や企業、団体の支援などは一切受けていないことです。
2011年にはなんと、岩手県知事選に出馬するものの、残念ながら当選は果たせませんでした。ちょっと勇み足だったのかもしれません。しかし、東北沿岸部の被災地270キロを徒歩で遊説するという前代未聞の選挙活動をを展開し、被災者を大いに勇気付けました。
その後、2013年、後援会を解散し事業家へ転身し、NPO法人「東北開墾」を立ち上げたのです。

生鮮食品の「おまけ付き」という発想がユニーク

おまけといえば、子供のお菓子と考えてしまいます。
また、最近ではファッション誌などでも、小物を中心としたおまけが付けられているようです。
逆に、産地直送の通販というものもありますが、一部の食に対するこだわりのある消費者向けという感じで、値段が高い傾向があります。
それを、冊子を販売することがメインで、食材は「おまけ」という発想が新しく、被災者への支援にもなるという点に、NPO法人の東北開墾の意気込みや熱意が加わり、大きなうねりになっているようです。

新しいビジネスには発想の転換が必要です!

ノーベル賞級の発明でなくてもよいのです。
でもこのようなビジネスモデルを生み出す創造力は欲しいですよね。
どうすれば良いのでしょうか?
王道はありません。常に新しいアイデアを生み出すような努力をすべきなのです。
必要は発明の母、つまり、何かを始めたいのであれば、それをどうすれば実現できるのかを徹底的に考えることが必要です。様々な観点から発想を変えてトコトン考えてみるという癖をつけることが必要です。

マインドマップを始めてみませんか?
発想を鍛えるには何かクリエイティブなツールを身につけることが重要です。
人より一歩先を行くためには、新しい発想を生む脳を作ることが必要です。
私の主宰するTLI-Japanでは、アインドマップ講座を開催しております。
是非、あなたもマインドマップを武器にして、能力を最大限に引き出してみませんか!!

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップの応用方法についてアドバイスをしてもらいました!

マインドマップの本をいろいろ読んでみましたが、自分が使い...

T.F.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ