コラム

 公開日: 2015-03-15 

東大のコピペ事件、本当に悪いのは誰?

東大コピペ

コピペは悪いことなのか?

今回は学部生の期末レポートと報道されています。具体的な内容について大学側は明らかにしていませんが、テキストとして使用していた専門書について、取りまとめるような課題だったのだと想像します。問題は、そのようなレポートに他人の論文やレポートをコピペして載せたことですよね。
しかし何か自分の意見を書くときに、先人の見解を参考にしませんか?反対意見を分析してその反論を考えたりしませんか?
引用ということで出展を明らかにして載せていれば、特段問題はなかったと思います。従来から、レポートや論文というものは、そういうものであったと思います。むしろ、どれだけ多くの参考文献を読んでいるかというのが、論文やレポートの評価の基準になっていたりしたのです。他人の意見を自分のレポートや論文に引用することは何も悪くないのです。

コピペ事件で避難されるべきなのは誰?

まず、事件を引き起こした東大生本人は、他人の意見をコピペしてあたかも自分の見解のように偽った部分は避難されてもしかたがないと思います。では、彼(彼女かもしれませんが・・)がそのような行動に走った原因は何なのでしょうか。
・締め切りに遅れそうであったため、単純にコピペしてしまった。
・レポートを自分で書くのが面倒くさくて早く終わらせたかった。
このようなことがあったのかもしれません。しかし、本質的な問題はレポートの課題を課した教授にもあるかもしれません。

教授はどのような課題を出すべきであったのか?

おそらく問題の学生は、自分が提出するレポートを教授がきちんと読まないと考えていたのではないかと想像します。つまり、それらしいことを書いて提出すれば、内容の出来に関係なく単位はもらえるだろうというふうに捉えていたのではないかと思います。そこには、テストの答案のような緊張はなかったのだろうと思います。つまり、教授が何かの問題について、学生に是非を問うような真意をとうような課題を課していれば、内容をきちんと読んで単位の評価をすると考えて、適切に自分の考えを取りまとめて提出したのではないかと想像します。内容を読まないだろうと思われてしまう講義やレポート課題であったことが、学生の研究意欲を削いでしまって三流学生のような対応をとってしまったのではないかと思うのです。
コピペに適した課題を課して、後で提出されたレポートをコピペ検索ソフトにかけて調べるというような全く無駄なことをしているとすれば、大学の体質にも問題があるように思えてしかたありません。
今回の事件で、学生は単位を剥奪されるという重い処分を受けましたが、教授の側にも非がなかったのか検証をすべきだと感じています。

皆さんはどのように思われますか?

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップの応用方法についてアドバイスをしてもらいました!

マインドマップの本をいろいろ読んでみましたが、自分が使い...

T.F.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ