コラム

 公開日: 2015-01-20  最終更新日: 2015-03-12

高齢者の逆走の気持ちがわかりました

逆走は有料道路の出口から進入する

高速道路や有料道路は、通常は出口に料金所があるため、逆走を食い止められるはずですよね。
なのに逆走による交通事故が後を絶たないのはどうしてでしょうか。
昨日のニュースでも、逆走をした高齢者ドライバーは、「どこから道路に侵入したかわからない。」と答えていました。
これは、つまり、料金所を通過せずに道路に出口から進入したということです。
首都高速、阪神高速、名古屋高速のような都市部の高速道路は、入り口で均一料金を支払うため、、原則として出口には料金所はなく、一般道に合流するという方法を採っています。また、地方の有料道路でも同様に、入り口で料金を支払い出口には料金所がなく、一般道に合流という形が普通です。(もちろん、東名高速とか名神高速の出口は料金所がありますので、逆走は食い止めることができます。)

有料道路の出口から進入したくなる気持ちとは・・

ドライバーが地元の道を走っている場合には、有料道路の出口を出口として認識しているので、間違いは起きないと思います。ところが、知らない土地の交差点では間違いが起きやすくなります。
私も実は逆走しかけたことがあります。



このような交差点に進入して、右折して一般道路(上り)に入りたかったのです。
一般道路(下り)は、逆走であることは本能的に判りますが、それを超えた次の路線が一般道路(下り)に見えてしまったのです。有料道路の出口になっている路線は空いていて、信号待ちをしている車がいなかったのです。ハンドルを右に切りかけたときに進入禁止マークに気が付いて、あわててハンドルを戻して一般道路(下り)に入ることができましたが、本当にヒヤリとしました。もし、これが夜であったら、進入禁止マークを見逃して逆走していたかもしれません。

地方に住んでいて、ふだんこのような有料道路等の出口のパターンに慣れていないと、逆走してしまう確率が高くなると思います。

カーナビは逆走防止に役立つのか

上の図の場合、「間もなく、次の交差点で右折です。」という音声アナウンスがあると思いますが、それだけでは事故防止にはなりません。
「間もなく、次の交差点で右折です。有料道路の出口がありますので逆走しないように注意してください。」
というようなアナウンスでなければ、事故防止の効果はありません。カーナビメーカーには、改善をお願いしたいところです。

さらに、もし有料道路を逆走していることが判れば、ドライバーに対して警告をするような機能が欲しいところです。
ただし、GPSの機能は走行している車線が正しい向きであるか、逆向きであるかを認識できるほど正確ではない可能性もあります。軍事利用されるとマズイということでわざと精度を落としていると聞いたことがあります。その場合は、カーナビが自分で逆走を感知することは困難となります。

どうすれはこのタイプの逆走のリスクが減るのか

今回ご紹介したケースでは、有料道路と一般道の合流を交差点でするのではなく、交差点よりもっと手前で合流させて、交差点に有料道路の出口をむき出しにしないことが重要です。さすがに一般道(上り)を逆走するドライバーは少ないでしょうから、かなりの確率で逆走を減らすことができると思います。

問題は、有料道路が高架になっている場合です。
この場合は、もっと早く一般道道路に降りてくるようにするか、交差点を過ぎてから一般道道路に降りてくるようにすることが必要となります。いずれにしても大規模な道路工事が必要となりますので費用がかかるのがネックになりそうです。

逆走を防ぐためには脳に刺激を与えることが重要です

運転をするときに緊張感がないと事故につながります。
このような錯覚を起こす交差点はたくさんあります。
また、ほかのパターンの錯覚を招くような道路状況もあると思います。
警察は高齢者の痴呆症だけを原因と考えているようですが、若い方であってもこのようなケースでは、錯覚を起こしてしまう可能性があります。
注意力、推理力、判断力を喚起するような脳トレのアプリで脳を刺激したり、スポーツ、散歩など体を動かして脳を刺激したりするように心掛けましょう。

また、カーナビは内臓されているソフトやデータが古くて、実際の道路状況と異なることもあります。
みなさんも、自分の車が田んぼの真ん中を走っていたり、海の上を飛んでいたりしたことはありませんか?
カーナビのアナウンスがウソをつく可能性もありますから、疑ってかかることも重要です!

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップの応用方法についてアドバイスをしてもらいました!

マインドマップの本をいろいろ読んでみましたが、自分が使い...

T.F.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ