コラム

 公開日: 2015-01-19  最終更新日: 2015-03-12

商社の人材道場では何を鍛えているのか?

Toshiaki Tamura

商社マンは学生時代何をしているのか?

大手総合商社は、大学生の人気がすごく高い。それは平均年収が高いからです。
その就職戦線の中で誰が勝ち残るのかというと、体育会系の運動部で活躍してきた学生なのです。
商社は伝統的に、ラグビー、公式野球、応援団など、上下関係に厳しい組織で、肉体的にも鍛えられた人材を受け入れています。そのような人たちが母校の後輩を優先して採用するというスパイラルが存在しているのです。

優秀な社員は子会社に出向させる

ある程度経験を積んだ社員は、子会社のマネジメントの一員として、出向させることが多いようです。
法務、財務、経理、税務、人事など、規模は小さいもののさまざまな分野の経験を積むことができるからです。
公認会計士や税理士等の資格を持っているとその傾向が強いように思えます。

商社でいきていくために必要な能力とは?

ずばり、
・リーダーシップとバイタリティ
・英語力とコミュニケーション能力
・会計税務と管理能力
の三つだと思われます。

1.リーダーシップとバイタリティ
商社では新しい仕事を見つけて事業に育てていくことが必要です。
リーダーシップをもって積極的に自分の仕事を見つけて、成果を出すことが要求されます。
年齢や経験にとらわれずに、自分が関係者のコーディネーターとなって、引っ張っていくという意気込みが重要なのです。
商社では海外勤務は当たり前です。
英語圏以外の国に派遣されても、生きていけるバイタリティが必要で、肉体的と精神的な強さが必要になります。
体育会系運動部で養われた忍耐力が発揮される分野でもあります。

2.英語とコミュニケーション能力
商社に勤めるならば英語は必須アイテムです。
英会話ができるのは当たり前で、商社によって管理職になるにはTOEICで750点以上が必要などと、条件を設定しているところもあります。もちろん、取引相手が英語を話せないケースもありますから、英語以外であっても担当する商品やサービス等について説明できるような語学力やボディランゲージや気力・根性が必要ということです。

3.会計知識と管理能力
商社では特に経理部だけでなく営業部などでも取引に必要な会計知識を広く求められます。
商社マンは、自分の事業の企画書などにおいて、損益分岐点分析などをツールとして自在に扱うことが要求されます。
そして提案する資料には、綿密な会計情報を盛り込みそれを適切に説明できなければなりません。
少なくとも企業の活動結果を示す財務諸表を読めるレベルの知識が必要とされます。

商社にいなくても自分の潜在能力を鍛えることは可能だ!

商社に勤めていないからそのような人材になれないと悲観するのはまだ早い。
商社マンでなくても、例えば、スポーツジムで体を鍛え、TOEIC800点を獲得できるように英語を勉強し、当然英会話の力もつけ、日商簿記1級(税理士試験や公認会計士試験も)を合格するように簿記・会計の勉強をすればいいのです。
総合商社から輩出される優れた人材を見て「いいなあ」「すばらしい」なんて感心していてはだめです。
あなた自身が商社マンなんかに負けるものか!!と自己研鑽に励むことが重要なのです。
そうすれば、近い将来、ヘッドハンティングの会社から、魅力的な仕事と処遇をオファーされるのも夢ではありません。

限られた時間でそのような勉強を継続することは容易ではありません。
強力なインセンティブと勉強のためのツールやスキルといったものが必要になります。
勉強方法に正解なんてありません。
自分が納得できる方法を信じて結果を出すしかありません。
記憶法、速読法、思考法など、世の中にはいろいろなテクニックが溢れています。
ただ単に本を開いてノートに写すというような方法で、真面目に努力すれば報われるという考え方はおそらく間違っています。明確な目標を定めて、毎日毎日それにちょっとずつ近づいていくような勉強方法に切り替えることが重要です。ビジネスマンで成功した人は、どうやって勉強時間をねん出していたのか、どのようなテクニックを習得していたのか、真似てみることが成功への一歩ではないでしょうか。

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分にあっているマインドマップ講座に出会えました!

私は絵を描くのが苦手でしたし、人前で話すのも緊張してしま...

Y.I.
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(40

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ