コラム

 公開日: 2015-01-19  最終更新日: 2015-03-12

モラルハラスメントと法定離婚原因について

離婚の原因として認められるかどうかは民法第770条で判断する

民法では以下の5つの場合に、離婚原因になるとしています。
1)配偶者が不貞行為をした場合
性的関係を伴う浮気のことです。

2)配偶者に悪意をもって遺棄された場合
扶養家族が生活に困るという認識がありながら、勝手に家を出てしまった場合などがあります。

3)配偶者の生死が3年以上不明の場合
生死が分からない状態が3年以上続いていれば、離婚できます。

4)配偶者が強度の精神病で、回復する見込みのない場合
医師の診断により、適切な結婚生活を続けることが困難な場合に認められます。

5)その他、重大な理由がある場合
家庭内暴力(DV)、ギャンブル、宗教への極端な傾倒、性の不一致、アルコール中毒、借金苦、など1~4までに当てはまらない事項は、このカテゴリーになります。深刻度合いは裁判によって公平に判断され、すべて離婚理由として認められる保証はありません。

離婚は当人同士が同意すればできる

モラルハラスメントが上記の「その他、重大な理由がある場合」に該当するかどうかは、裁判所の調停委員や弁護士に判断を任せるとして、離婚そのものは当人同士が納得すれば、離婚届にハンコを押せば成立します。

モラルハラスメントは状況説明が大変

□料理がまずいと言う
□妻が謝ってもなかなか許してくれない夫と妻の喧嘩
□体型や行動のことをからかう
□やることなすことが気に入らなくて文句を言う
□無視をする
□舌打ちをする
□自分が正しくて妻が間違っていると決めつける
□人前で妻を馬鹿にし笑う
□専業主婦の妻に「主婦は楽でいい」と言う
このような状況は、モラルハラスメントの典型と言われていますが、法定離婚原因に該当するほど深刻であることを立証することは大変です。克明にメモを取る、録音する、録画するなどの証拠確保が重要なのです。
マインドマップなどでどんどん気になる言動を描き出してそれを整理することで、裁判所の調停委員や弁護士に説得力のある具体的な説明ができると思います。

モラルハラスメントの加害者はその自覚がない

モラルハラスメントの加害者はその自覚がないのです。これは一種の病気みたいなものです。
自分が特別な存在で、常に他人から「すごい人」と言われ続けなければ満足できないのですから、配偶者をバカにして、蹴落として、自分が相対的に上のポジションにいることが当たり前なのです。
今、騒がれている芸能人夫婦の一方(T氏)は、「モラルハラスメントなんてあるわけがない」というようなことを言っているのですが、自分の言動がモラルハラスメントであることに気が付いていないし、認める気もないわけです。自分では当たり前のことなのです。

将来、モラルハラスメントの加害者にならないためには・・

芸能人ではない普通のサラリーマン家庭でも、モラルハラスメントは熟年離婚の原因になり得ます。
上に書いたようなモラルハラスメントの言動・・身に覚えはないですか?

いわゆるエリートの人で、会社等の組織の中で出世した人は、周囲が指示に従ってくれますし反論もしてきませんでしたから、自分が何か特別な人間であると勘違いしている場合があります。それをリタイアしたあとに、家庭内に持ち込むと配偶者との関係がぎくしゃくすることになり、最後には妻がメイドのように扱われるか、又は妻がパワフルな場合は立場が逆転して、夫が粗大ごみ扱いになることになります。

パートナーを思いやりのある魅力的な人間にするためには、相手のプライドを傷つけないようにしながら、家庭の仕事を手伝わせたり、相手のことを思いやるようにするテクニックが必要です。例えば妻は、正面から「どうして〇〇してくれないの?」と怒っても人間関係が悪化するだけですから、「〇〇は私にはできないからお願いできないかしら?」「これだけ〇〇してもらえると助かるんだけど・・。」みたいにおだてて、顔はニコニコしていても、心の中では(さっさと手伝えよな、まったくしょうがない男だあ。自分ではご飯も作れないかわいそうなやつだからなあ。)と見下すことで、ストレスを解消になります。モラルハラスメントの症状が悪化してから離婚を考えるより、いかに思いやりのあるパートナーに変えるかを考えるべきですね。

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップの応用方法についてアドバイスをしてもらいました!

マインドマップの本をいろいろ読んでみましたが、自分が使い...

T.F.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ