コラム

 公開日: 2015-01-18  最終更新日: 2015-03-12

関ジャニの高卒認定試験合格の社会的効果

中卒芸能人の劣等感が見え隠れ

関ジャニのメンバーである横山、大倉の2名が、高卒認定試験にチャレンジする番組が放送されました。
人気グループのメンバーが大卒であることはないだろうと想像できますが、高校は卒業しているだろうというのが、おおよその視聴者の反応だったと思います。都会には、芸能人でも通学できる・・・というか、芸能活動を単位として認めてくれて、なんとか卒業させてくれる特殊な高校が存在しているからです。
番組では特に横山の基礎学力の無さを強調した感じがあり、誤字が多いことや歴史上の人名漢字が読めないことが紹介されていた。番組の中でのコメントで、「社会にでたら世間並みの学歴が欲しい」という趣旨の発言をしていて、人気のある芸能人でもやはり学歴は重要であることを認識させられた番組でした。

多忙な芸能生活の中で200時間勉強することは大変である

私は彼らのスケジュールを知っているわけではありませんが、仕事をしながら勉強することは大変であることはわかります。特に横山は2ヶ月で200時間の勉強をしたと報道されています。その中で挫折せずに継続した忍耐力は評価すべきだと思います。
この高卒認定試験は、正式には「高等学校卒業程度認定試験」といいます。もちろん公的な試験ですから、芸能人が受けたからといって手加減をしてくれるわけではありません。合格は彼らの実力です。
試験のレベルは決して高くはありません。例えば、日本史Aを選択していましたが、一般的には日本史Aは工業高校や商業高校で履修しているもので、近代史が中心となっているものです。日本史Bが古代から現代までを範囲としていることと比較すると、日本史Aの勉強にかける時間は比較的少なくて良いのです。

一般受験生はプロの家庭教師に教えてもらうことはできない

横山・大倉の2名は、プロ家庭教師にマンツーマンで教えてもらっています。これは通常の受験生とは大きく異なるところです。家庭の経済的な事情で高校に進学できなかった又は入学したものの退学してしまったという受験生は、自分でコツコツ勉強するしかありません。プロの家庭教師が手取り足とり教えてくれるということはあり得ないでしょう。
彼らの合格は、もちろん本人の努力もありますが、そのような勉強をする環境を番組が用意していたというのも見逃せないですね。
いずれにしても、この番組をみて高卒認定試験にチャレンジしようと思ったと人が出てくるのであれば、2名の努力は大変有意義なのもであったといえます。

社会で成功する人は学校の成績が優秀だったとは限りません。

学校に馴染めなくて不登校になっているが、本人は優れた才能を持っているようなケースがあります。
スティーブ・ジョブズをはじめ、学校では落第生の烙印を押されてても、社会で成功している人はいっぱいいいるのです。東京大学の異才発掘プロジェクトでは、そのような若い人材を評価して、その才能を活かそうとしています。人間の評価は学歴だけでは決まらないのです。努力している姿が美しいのです。

新聞や本を読み、常識をわきまえており、優しい気持ちを持ち、自分の考えがブレない人って、学齢がどうであっても、周囲から慕われると思います。
自分の弱点を認識しながら、常に努力を続けるようにしたいものです。

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップの応用方法についてアドバイスをしてもらいました!

マインドマップの本をいろいろ読んでみましたが、自分が使い...

T.F.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ