コラム

 公開日: 2014-05-13  最終更新日: 2015-03-13

親が認知症の行方不明者とならないようにするには・・

認知症の行方不明者の報道は他人ごとではない

私は両親とは同居していませんが同じ市内に住んでいます。
父は75歳を過ぎて認知症の症状が出始めて、早朝の徘徊が始まりました。
もう退職して10年以上経つのに、「今日は出張で九州に行く」「今日は会社で大事な会議がある」ということで、靴を履いて外に出ます。しかし、そんな妄想の会社はありませんので、その後は結局近所をふらふら歩いて戻ってくるということが何回かあったそうです。一度、地元警察に保護されて家に戻ってきたこともありました。場合によって、そのまま行方不明者になっていたかもしれないのです。

徘徊ができるうちはまだ元気なのです

数年たつと、父は徘徊しなくなりました。症状が改善されたのではなく、「レナードの朝」みたいに毎日、薬を飲んで、病状の進行を遅らせているというのが真実です。父が徘徊できなくなった理由は、

・足腰が弱くなり、階段の上り下りができなくなり、玄関までたどりつけなくなったこと
・玄関までたどり着いたとしても、ロックやチェーンロックの外し方がわからなくなったこと

NHKの番組では、認知症の奥さんを家に閉じ込めるのはかわいそうと、玄関のカギはかけずにセンサーを付けて、奥さんが外出しようとすると「ピン、ポーン」と鳴って教えてくれて、ご主人は一緒に散歩するというストーリーを紹介していました。大変、失礼な言い方かもしれませんが、いずれ一人で外出できなくなる時がきますので、このご主人のように、本人が動けるうちには付き添ってあげるという考え方は、とても大事だと思います。


散歩は脳に酸素を送り込む作用がある

運動をすると心拍数があがり、大きく呼吸するようになりますので、新鮮な酸素が脳にまで届くようになります。家でテレビをみているより、よほど体には良いと思います。ただし、認知症患者の歩くスピードはそれほど速くありませんので、ただ漫然と歩くのではなく、多少の負荷がかかる程度のスピードが要求されます。それが無理だとしても、外の景色を見て、誰かと話をして、手足を動かすということが、良いというのは明らかです。
歩かなくても酸素を取り込む方法もあります。それは呼吸法です。たとえば、丹田呼吸法のように、室内でできるものがたくさんあります。リハビリの一環として、呼吸法を取り入れればそのような酸素を取り入れる効果を期待できると思います。家族の方が室内で一緒に実行していただくと良いと思います。

親が行方不明者にならないようにするには・・

先日の判決で、徘徊者が線路の敷地内に立ち入り事故に合い、JRから賠償金を請求された件は、JR側が勝訴し、家族が責任を負うべきとされました。判決の是非はともかくとして、このようなことにならないためには、身体的な障害がなく徘徊の可能性のある親には、家の敷地から外に出た場合にわかるようにセンサーを付けると同時に、GPS機能のついた携帯を持たせることが考えられます。また、今回の報道と同様に、靴下や下着に名前を書いたり、ポケットや財布に、住所・氏名・電話番号等を記載したカードを入れておくということも大事ではないでしょうか。

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップの応用方法についてアドバイスをしてもらいました!

マインドマップの本をいろいろ読んでみましたが、自分が使い...

T.F.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ