コラム

 公開日: 2014-04-28  最終更新日: 2015-03-13

ニコニコ超会議3は、脳への刺激を求めている人を虜にする!!

ニコニコ超会議3って何?

今回のニコニコ超会議3の会場来場者数は12万4966人だそうです。そしてネット来場者数は759万5978人ということです。これは前回のニコニコ超会議2で記録した来場者数10万3561人ならびにネット来場者数509万4944人を上回っているのです。企業、政党などがスポンサーとして参加しており、一大イベント化しています。
ニコニコ動画会員以外の人がどんどん参加しているところが人気の大きな要因となっているようです。

ネットゲーム、大相撲、阿波首相・・・何がテーマなの・・・

とにかく、いろいろな催し物が開催されて、お祭り騒ぎとなっています。
GW前のこのタイミングでの開催を企画したのは、GWを避けることで来場者を確保しようという狙いがあったのでしょうね。あまりに、いろいろなものがありすぎて、本来の目的は何なの?と聞きたいくらいです。
入場料がそれほど高くないのに、中身が充実しているということでしょうか・・・

アドレナリンを分泌させるのか?それとも単なるバブルか?

ニコニコ動画には、コメントをリアルタイムに書き込める機能がついています。WWWWWWスゲー、かわいー!!!! みたいなコメントがどんどん画面上に現れて流れていきます。視聴者が直接参加できて、それを自分で見ることができるというのが斬新です。
ニコニコ動画は、そういう若者の心をつかんでいるのかもしれません。赤字覚悟でニコニコ超会議3を企画するというのも、その後の広告効果を考えれば、十分採算が取れるという計算があるのかもしれません。

ニコニコ超会議の発想はどこからきているのだろうか?

このような新しいトレンドを作り出す発想の源はどこにあるのでしょうか・・・。
なにか社内で特別なチームがあるのでしょうか・・
まさか、外部の広告代理店に丸投げ・・なんてことはないのだと思います。
ネットオタクとかゲーマーとかいわれる方たちだけでなく、普通の学生、会社員、主婦などにもこの現象が広がっているという点は、注目すべきだと思います。ネットでの来場者760万人というのは、ものすごいです。何をヒントにこのようなイベントを思いついたのか・・

担当者の一人のI氏は、インタビューに答えて、次のように話しています。「ずっとものづくりがおもしろくて、新しいものが好きだったんです。大学院の研究テーマは『バーチャルリアリティーと創造性支援』でした。どうやったらブレストでいいアイデアが出てくるのか、どうしたらアイデアをうまく表現できるのか……。人の創造性がどこからくるのかわかったら、日本の競争力が上がるよねというゴールで研究してました。とにかく広いスペースを小さなブースを幾つも作って埋めていかなければならない。ひとつの企業でブースのテーマを50以上なんてこともあります。ブレインストーミングでとにかくアイデアをひねり出しました。」

想像するに、ブレインストーミングの方法について、ずっと研究されていたようです。納得です。
そうすると、MECE(ミーシー)とかマインドマップとか、その手のツールもかなり検討されたのではないかと思います。この担当者がマインドマップを使っていてくれたら、本当にうれしく思いますね。真実はI氏本人に確認しないとわかりませんけど・・。

マインドマップであなたの仕事と勉強を根本的に変えてみませんか!!

TLI-Japanが開催するマインドマップ講座の案内はこちらです。



http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップを誤解していました。どうもすみませんでした。

イラストを描いたり色を塗ったりしてマップを作成するだけで...

S.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(37

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ