コラム

 公開日: 2014-04-12  最終更新日: 2015-03-13

「伝え方が9割」(佐々木圭一)とマインドマップの関係

伝え方が9割は、緻密に計算されて書かれている

この本を読んでまず感じたことは、フォントの大きい字や小さい字があり、基本的に縦書きですが、横書きのコラムが何回も出てきて、とてもリズムが良いということです。それに、イラストやグラフが何度も出てきて、わかりやすい雰囲気を作り出しています。
これらの工夫により、その本を手に取った人はとにかくページをパラパラとすべて見てみたいという気分になります。それに、前書きがすごく長〜いのですが、ここにすべてが凝縮されています。私でもこれくらいならできそうだという気にさせられます。

人間の本能に基づいたコトバはグローバルだ

これは、「伝え方が9割」のp.184に出てきます。
以下のような効果を最大限に活かすようなコトバを作り出すことが重要と書かれています。

言語が違っても、サプライズがあると人はドキドキします。
人種が違っても、ギャップがあると人は感動します。
地域が違っても、赤裸裸なものに人はひきこまれます。
国が違っても、リピートがあれば記憶に残ります。
文化が違っても、クライマックスに注目します。

実は、ここに書かれていることは、マインドマップの特に、記憶術に関するテクニックと似ているのです。

マインドマップの記憶に関する法則との関連性

記憶すべき項目の中に、異質なものがあると記憶に残り易いという法則があります。例えば、机、本、ノート、学校、勉強、オバマ大統領、参考書、鉛筆、問題集・・・という言葉を暗記する場合に、「オバマ大統領」だけが異質であり、記憶に残り易いという法則です。オバマ大統領以外は、普段の勉強に関連する言葉がならんでいますので、「オバマ大統領」はどうしてここにあるのか???という気持ちになります。それが記憶に残りやすくなる理由です。

赤裸裸な表現については、単に勉強とか記憶とかいうものではなく、感性に訴えるものと言えるでしょう。他人のことであっても、生々しい表現があると、びっくりしたり、共感したり、感情が揺り動かされます。それが強い経験=記憶となって、忘れられないということになります。

リピートについてもマインドマップの記憶法則に合っています。マインドマップの記憶法では、こまめに休憩を取ることを進めています。人間の集中力は本人の意思とは関係なく、それほど長く続かないものなのです。休憩を取りリフレッシュすることで、常に新しい気分で授業を受けたり、話を聞いたり、本を読んだりすることができます。そして短期記憶としてインプットされた情報は、繰り返すことで長期記憶に変わっていきます。マインドマップの創始者であるトニーブザン氏は、最低5回復習をすることを勧めています。
これらの法則は、人種や言語には関係なく、グローバルに共通しているのです。誰か他人に何かを伝えたいとき、しかもそれを短期記憶ではなく長期記憶になるようにしたいときは、リピートが大変重要なのです。

マインドマップであなたの仕事と勉強を根本的に変えてみませんか!!

TLI-Japanが開催するマインドマップ講座の案内はこちらです。



http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップを誤解していました。どうもすみませんでした。

イラストを描いたり色を塗ったりしてマップを作成するだけで...

S.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(37

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ