コラム

 公開日: 2014-04-01  最終更新日: 2015-03-13

マインドマップを使った自己紹介の方法

マインドマップを使うと自己紹介が簡単になります

組織変更や人事異動の時期となりました。新しいメンバーで仕事を進めるに当たって、自己紹介をする機会がふえることと思います。あなたは自己紹介が得意でしょうか?実は自己紹介にはコツがあります。限られた時間の中で、どれだけ自分の特徴を伝えることができるか・・・作戦が必要なのです。

いわゆるぶっつけ本番では、ほとんどの場合、自分の本当にいいたいことを話始める前にタイムアップとなってしまうことが多いのです。これは、話し始めた時点ではエンジンがかからず、調子に乗ってきたところで、さて本題を・・・という予定が、「えーと」「あのー」と言っているうちに時間がなくなってしまうからなのです。

そこでマインドマップの登場です。
セントラルイメージに自分のイラストや氏名を描きましょう。
そしてブランチを5から7本放射状に伸ばします。
まず、最初のブランチに、自分の氏名、出身地、所属先、出身校のような必要最小限の情報を整理します。
次のブランチには、家族構成について、もちろん飼っているペットも含めて整理します。(個人情報ですから、どの程度まで話すかを自分で決めておくということです。)
さらに、残りのブランチに、趣味、スポーツ、外部活動など、仕事以外の活動についても整理します。(これはあなたの個性を打ち出すものですから、具体的な活動も話せるように準備をします。)
ここまでで、おそらく自己紹介の時間としては、2分〜3分程度になりますので、どのような自己紹介でもスムーズに話せるベースが出来上がります。

話せるネタを用意しておくと安心です

自己紹介の時間がもっと長い場合、例えば飲み会、合コンなどで一人で3分以上話す機会を与えられることもあるでしょう。その場合は、時間に応じて披露できるネタを用意しておくと安心です。例えば、最近もっと恥をかいたこと、もっとも嬉しかったこと、もっともへこんだこと、自分がもっとも自慢できること、すごく苦手にしていることなど、ブランチを追加してそれらの話ができるように、キーワードを書いていきます。
これらの追加のショートストーリーの準備ができましたら、一つのテーマで1分〜2分程度の話ができるように練習をしておきます。

本番の自己紹介でマインドマップをどう活用するか?

マインドマップを描いて配ることをお勧めしているわけではありません。
自己紹介の時間に合わせて話す内容をどのように組み立てるか?
そのときにマインドマップをどう活用するかという意味です。

自己紹介の時間として5分与えられたとします。5分は結構長いですよ。
こういう時は、まず基本情報(氏名〜出身校など)を2分でまとめます。
これで残り時間がまだ3分あります。カップ麺が作れるだけの時間があります。
そこであなたは、残りの3分で話せるショートストーリーとして、マインドマップに描いて準備したものからその場の雰囲気にあったテーマを選択します。3分あれば、おそらく2つの話が可能と思います。

このようにすることで、基本的な情報(2分)+ショートストーリー1(1.5分)+ショートストーリー(1.5分)=5分という感じで、自己紹介をすることができます。

自己紹介用のマインドマップは、基本的には暗記していただきたいのですが、自信のない方は縮小コピーして普段使用している手帳に貼っておくとよいでしょう。必要になった時にさっと見直せば、全体像をすぐに思い出すことができると思います。

あなたもマインドマップを始めてみませんか?


マインドマップは、本で読んだりインターネットの情報で独学でも身につけることができます。
でも、もし、可能であれば、マインドマップセミナーやマインドマップ講座に参加されることをお勧めします。
他にもマインドマップを始めたい方はたくさんいます。一緒に始めると楽しいですよ。
情報交換もできて、生涯の友達ができる可能性もあります。
何より、気持ちが前向きになり、仕事や勉強が楽しくなります。




田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらまで。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているウェブサイトはこちらです。(マインドマップ情報が満載です。)
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップの応用方法についてアドバイスをしてもらいました!

マインドマップの本をいろいろ読んでみましたが、自分が使い...

T.F.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ