コラム

 公開日: 2014-03-28  最終更新日: 2015-03-13

マインドマップを脳科学の観点から見ると?

マインドマップは、右脳・左脳理論に基づいている


右脳・左脳が別々の働きをしているという説は、ロジャー・ウォルコット・スペリーによって提唱されたものです。アメリカ合衆国の神経心理学者であり、デイヴィッド・ヒューベル、トルステン・ウィーセルとともに、1981年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。彼は、コネチカット州ハートフォードにて生まれで、オベリン大学に通い、1935年に英語の学士号を取得、1937年に心理学の修士号を取得し、1954年、カリフォルニア工科大学の神経心理学の教授に就任したとされています。

日本においては、右脳・左脳の理論が広く受け入れられていて、右脳に関する開発に関する研究が盛んです。むしろ、過熱気味とも言えそうです。言語・数字や論理的思考などを左脳が携わっているため、左脳だけではなく右脳も鍛えようというストーリーは非常に明快ですし、想像力、直観力、判断力、空間把握、イメージというような領域については、右脳が支配していると聞くと、正に右脳を開発しなければと思ってしまいます。

確かに脳神経科学的には、左脳を事故等で失った人の後遺症をみれば、左脳が言語・記憶や論理的思考を支配していたということが明らかです。ただ、そのような障害を負った人も成長過程にある幼児から青少年の時期であれば、リハビリによりかなりの機能回復をすることが認められています。つまり、右脳が左脳の機能を代替するようになることもあるということです。

このことは通常では起こりえない極めて特殊な条件下ですから、左右の脳がお互いに補完しあうと結論付けることは時期尚早かもしれません。しかし、脳が完全に機能的に分離していて、他の機能を果たすことがないとは言えないと思います。

したがって世の中に溢れている右脳開発が本当に右脳を鍛えているかどうかはよくわかりませんが、左脳・右脳に限らずいろいろな刺激を与えることは、脳にとっては重要なことだと考えます。リハビリで運動をすると脳に刺激がいって脳の機能が回復するように、幼児期に楽器を習うと脳の機能が成長するように、とにかく新しいことを始めて脳を刺激することは重要であると思います。

マインドマップが右脳に直撃する刺激であるかどうかは私にはわかりませんが、マインドマップを始めると性格、表情などに変化が現れることは間違いありません。生活が楽しくいきいきしてくるような感じです。マインドマップについてある程度時間をかけてトレーニングしないと感じることができないものかもしれませんが、愛好者がこれほど多いということは、その効果が実感できるということだと思っています。

マインドマップであなたの仕事と勉強を根本的に変えてみませんか!!

TLI-Japanが開催するマインドマップ講座の案内はこちらです。



http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップは、プレゼンテーションの準備と実行に大変役立ちました。

 普段の業務はクライアントとの窓口対応ですので、人前でプ...

K・Y
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(47

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ