コラム

 公開日: 2014-03-13  最終更新日: 2015-03-13

マインドマップで集中力は鍛えられるだろうか?

集中力を鍛える方法はたくさんあります。


集中力は、私たちにとって大変重要な能力です。
学生にとってもビジネスパーソンにとっても、長時間、同じ作業を続けるということは、大変なことです。
新しい知識を得るためにあまり興味のない本を読み続けるということは本来苦痛なのです。

ではこの集中力(ある意味、忍耐力かもしれませんが・・。)を鍛えるにはどうすればよいのでしょうか。
単に、学習の前に集中力を高める方法という意味ではなく、従来の自分の集中力のレベルをもっと高めるという意味です。

<静的な集中力>
・自律訓練法や自己催眠のテクニックを使ってアルファー波の出る状態にする。

・座禅やヨガのような呼吸法のテクニックを使って、集中できるようにする。

・囲碁、将棋、チェスのような知的ゲームを趣味にして日々トレーニングする。

<動的な集中力>
・武道を習う。受け損なうと自分が痛い目に合うという状況のもとであれば、自ずから集中力は高まる。

・習字、そろばんを習う。シンプルですが、みなさん体験済みのことだと思います。

・テニス、ジョギング、水泳等、一般的なスポーツを始めて、ストレスを発散する。

このように、集中力を高める方法はたくさんあります。皆さんの好みに合わせて好きな方法を選択すればよいのですが、結構費用がかかったり、トレーニングにかなりの時間を要するというデメリットもあります。

私がお勧めしたいのは、絵を描くことです。
絵を描くというと、水彩画とか油絵を思い浮かべると思いますが、そうではありません。むしろ、マンガとかイラストといった方がいいかもしれません。たとえば、芸能人の似顔絵、ペットなど動物、自動車などの乗り物などを、ボールペンやカラーペンで描く方法です。
始めは思ったように描けないのですが、何回かチャレンジしていますと、次第にどこに注意すればうまく描けるかという観察力が高まってきます。また細かなペンの動き、繊細な筆圧のコントロール、陰影のつけ方など、自然と指先に神経を集中させることになります。
このような目の使い方、指の使い方が脳に大変良い刺激になって、結果としてマンガを描いていると集中力が高まるということにつながります。

集中力を高める自分独自の方法を見つけよう!


「マインドマップを描くと集中力が高まります。」と説明されることがあります。また、「マインドマップの神秘的な効力が、潜在意識を通じて集中力を高めます。」のような解説も見ることがあります。マインドマップのインストラクターである私としては、このようないい加減な説明をして欲しくないと感じています。
集中力が高まる機能を単にブラックボックスにして、「ほらね、気持ちが集中できたでしょ?」という説明は科学的ではないからです。

勉強が得意な人、自分自身で瞬間的に集中力を高めることができる人は、無意識のうちに、勉強の前に何かユニークな準備態勢を取っていることが知られています。例えば、

・ペンを指先でくるくる回す。(右手も左手もできるようになっているから不思議です。)
・紙に英単語や漢字を何回も書いて、気持ちを落ち着かせる。
・鉛筆をナイフやカッターを使って手で削る。
・トイレに行ってすわって、これから何の勉強をするのか、頭の中でスケジュールを組み立てる。
・好きな小説を10ページほど読んで、気分を落ち着かせる。

ほかにもその人独自の方法を編み出して無意識のうちに実践している人は少なくないと思います。

ここから、ある法則が見られます。
つまり、「指先の運動」と「リラックス」です。
身体全体はリラックスしているのですが、指先だけは神経が集中している状態です。
したがって、あなたも勉前に集中したいのであれば、何等かの方法で同じ状態を作り上げればよいわけです。

マインドマップは、絵を描くことで集中モードに入ります!

もし、あなたが集中モードに移行するための特別な手段をもっていあない場合でも、マインドマップを使うと無意識のうちに、集中力を高めることができます。それは、セントラルイメージとしてイラストを描くことで実現されます。これから何を学ぶのか良く考えて、それを端的に表現できるイラストを楽しく描いていくプロセスで、リラックス+指先緊張モードができあがるわけです。
さあ、あなたも一度マインドマップでどれほど集中モードに入れるか体験してみませんか?

あなたもマインドマップを始めてみませんか?


マインドマップは、本で読んだりインターネットの情報で独学でも身につけることができます。
でも、もし、可能であれば、マインドマップセミナーやマインドマップ講座に参加されることをお勧めします。
他にもマインドマップを始めたい方はたくさんいます。一緒に始めると楽しいですよ。
情報交換もできて、生涯の友達ができる可能性もあります。
何より、気持ちが前向きになり、仕事や勉強が楽しくなります。




田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらまで。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているウェブサイトはこちらです。(マインドマップ情報が満載です。)
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan/

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップを誤解していました。どうもすみませんでした。

イラストを描いたり色を塗ったりしてマップを作成するだけで...

S.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(37

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ