コラム

 公開日: 2014-03-11  最終更新日: 2015-03-13

指先の運動と脳の関係について

頭の良い人は、何か楽器が得意ってこと多くないですか?


小学校や中学校時代には、クラスに数名は何か楽器を幼少のことから習っているという人がいませんでしたか?
なぜかその人達って、何をしてもできる優主な人たちではありませんでしたか?

いわゆる進学校と言われる優主な生徒が集まる高校では、楽器を得意とする生徒が他の平均的な高校より50%以上多いと言われています。幼少のころから指先を使い音感を鍛えることで、脳の発達に何か良い影響があったのだと考えられます。

では、大人になってしまった我々は、今から脳を発達させることはできないのでしょうか。
いや、そんなことはありません!!
脳は使えば使うほど、よく働くようになります。
そのきっかけとして指先を使うことを始めることは非常に重要です。

記憶する時に何か手先を動かすと、効果が増加する!


鉛筆回しってご存知ですか?
少しまえの世代ではやったもので、勉強しながら鉛筆を指でくるくる回す動作のことです。
浪人生はみんなこれができる。なんて言われたものです。
これは、勉強するときや何かを記憶するときに、指先を動かすと良いということが生理的にわかっていて、自然に生まれてきた行動じゃないかと思います。

世界記憶選手権という大会があります。
トランプのカード52枚をそのまますべて覚えたり、永遠と続いている数字をとにかく暗記したりする能力を競う大会です。そこで、参加者が休憩時間にどんなことをしているかというと、ジャグリングなのです。大道芸人がボールなどを3つ以上同時に空中に放り投げて、くるくる回すやつです。やはり、記憶力を発揮するときには、指先を動かすということが効果的であることを示していると思います。

それでは、あなたは何か10個のものを記憶しなければならないとします。
1.目で見るだけで覚える。
2.大きな声を出して読んで覚える。
3.とにかく書いて覚える。
4.絵やイラストを描いて覚える。
5.記憶法を使って覚える。(ごろ合わせ、ストーリー法、イメージ法など)

記憶法を知っている人は、10個なんて簡単に覚えてしまいますので、例外としておきます。
その他の方法では、なるべく五感を使った方が記憶に残りやすいというのは、みなさんの共通の理解だと思います。特に、指先を使うという意味では、3の書いて覚える 4の絵やイラストを描いて覚えるという方法が良さそうです。

さて、覚えたものを思い出すときはどのようにしますか?
1.指を折って順番に言ってみる。
2.紙に、1~10まで番号を振って、それを見ながら言ってみる。
3.心の中で、1は・・、2は・・、3は・・と順番に言ってみる。
4.絵やイラストを思い出しながら、順番に言ってみる。

さあ、どれが一番、効果的でしょうか?
おそらく多くの方は、4の絵やイラストを挙げたのではないでしょうか。
覚える時に自分のオリジナルのイラストを描いていれば、ほぼ100%覚えていると思います。
目も使い、創造力も使い、想像力も使い、色を使い、指先を使います。五感のほとんどを総動員しているわけです。

いままでのあなたの勉強方法は、どういうやりかたでしたか?
ノートに覚えたいことを、文章で箇条書きにする。
色は黒一色。復習は、テスト前1週間になってから。
この方法は、ダメですよね。理由はすでにお分かりだと思います。

もっと指先を使ってノートを取り、そのノートを何回も復習のために見ることが必要です。
思い出す練習が必要です。自分が描いたイラストを思い出すのです!!
楽器の得意な人って、楽曲を何十曲も暗譜していますよね。というか、引き始めると手が勝手に動き続けるといった方が正しいのかもしれません。これは、何十回も何百回も練習した賜物といえます。

ですから、勉強も一度に覚えるという方法ではなく、何度も復習しなければ自分の長期記憶に残りません。
指先を使い、イメージを使い、なんども復習したくなるノートの作り方が重要ということになります。
是非、マインドマップを習ってみてください。すべての要素が入ったノートメイキングの手法です。
手先が器用で、記憶力がよく、頭の回転が速い人を目指しませんか?

あなたもマインドマップを始めてみませんか?


マインドマップは、本で読んだりインターネットの情報で独学でも身につけることができます。
でも、もし、可能であれば、マインドマップセミナーやマインドマップ講座に参加されることをお勧めします。
他にもマインドマップを始めたい方はたくさんいます。一緒に始めると楽しいですよ。
情報交換もできて、生涯の友達ができる可能性もあります。
何より、気持ちが前向きになり、仕事や勉強が楽しくなります。




田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらまで。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているウェブサイトはこちらです。(マインドマップ情報が満載です。)
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan/

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップの応用方法についてアドバイスをしてもらいました!

マインドマップの本をいろいろ読んでみましたが、自分が使い...

T.F.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ