コラム

 公開日: 2014-03-10  最終更新日: 2015-03-13

マインドマップで仕事と勉強の両立

マインドマップでタイムマネージメントしてみよう


あなたはオフィスワークをしながら、資格試験の勉強をしたいと考えているとします。
毎日、夜の9時過ぎまで働き、土日もしばしば休日出勤という状態であるとします。

この生活パターンで、資格試験に合格するための時間を確保することは困難です。
これでは、いつまでたっても合格できないと思います。
それではどうすれば良いのでしょうか。

仕事を辞めて勉強に専念するという選択ができる方は恵まれています。
妻子のあるサラリーマンではそのようなことは許されません。

そうすると、私はやらなければならないことは、
1.とにかく残業を減らす
2.時間を絶対に無駄にしないという強い意識を持つ
3.楽して勉強できる方法などに惑わされない
だと考えています。

効率よく仕事をすることで、自分のために使える時間を確保しなければ、先に進めません。睡眠時間を削って勉強するというのは、現実的ではありません。それよりの隙間の時間でも勉強しなければもったいないという強い意識を持つことが重要です。

例えば東大生に勉強方法を聞いてみると、通学時間、学校の休憩時間、自宅でのお風呂・トイレの中での時間なども、勉強に活用していた人が多いのです。机に座っている時だけ勉強というスタイルでは、勉強時間をねん出できないということです。

そして、わけもわからず、楽して覚える●●法、一度聴いたら忘れない●●術みたいなものに飛びつかないことです。それよりも合格体験記の方がよほど有意義だと思います。

では具体的にどうすればよいのか?
私はマインドマップをお勧めします。まず、仕事の効率化のためにマインドマップを使います。
仕事を切り上げて帰宅するときに、明日すべき仕事をマインドマップでリストアップします。そして、明確に優先順位をつけます。こうすると、脳が明日の段取りを考えてくれて、明日の朝、机についた途端、仕事を開始することができます。

そして、午後からは今日中にできる仕事は何かを考えます。未処理であると、帰宅時にまたマインドマップに描かなければならなくなります。1項目でも減らすために、役所の「すぐやる課」の係長になったつもりで、できることはやってしまいましょう。「後で時間があるときにやろう!」などというのは、タブーです。絶対にそんな考え方をしてはいけません。確認が必要であれば、すぐ内線電話で聞くことです。後でメールしておいて、明日、答えを教えてもらえばいいや・・・という人は、いつまでたっても残業時間を減らすことはできません。

そして家に帰ったら、絶対にボーッとしていてはいけません。せっかくねん出した時間を缶ビール片手にポロ野球観戦なんてありえませんよね。ライバルは時間を惜しんで勉強をしているのです。私はここでミニマインドマップを描くことをお勧めします。今夜はこれだけ勉強するぞという項目を描きだします。その分野が勉強すべき全体のどの部分にあたるのかをしっかり認識するためです。そして、休憩をこまめに取りながら、それらの項目の勉強が終わったら、どんどん大きなチェックマークを書いて消し込んでいきます。ミニマインドマップを続けると、実はこれが快感になるのです。

最後に、書店やネットで見つけた怪しげな勉強テクニックのようなものに、深く入り込まないこと。昔、睡眠学習というのが流行ったことがあります。カセットテープに覚えるべきことを録音して、寝ているときに聞くと自然と覚えられるという方法でした。あなたはこれを信じますか?こんな実証されていない方法を信じてきちんと勉強しなければ、どんな試験でも合格はできないでしょう。

世の中には、似たような怪しげなテクニックを高額な値段をつけて売り込む商法があります。また逆に、きちんと心理学などの理論に基づいた科学的な勉強法もあります。しかし、時間のないあなたはそのような数多くあるいろいろな方法を試して比べている時間はありません。ブレている時間はないのです。

私のお勧めするマインドマップがうさん臭いと感じる人もいるようです。正直、私も最初はそう思いました。ただし、実際に描いてみると効果を実感できました。それがインストラクターになって皆さんにも使ってもらいたいという原動力になっています。世の中には相性というものがありますので、生理的にマインドマップは気持ち悪い、好かん!!と言っている方に無理強いするつもりはありません。

ただ、興味を持っている方には、是非、正しく理解していただき、勉強や仕事に役立てていただきたいと考えています。

あなたもマインドマップを始めてみませんか?


マインドマップは、本で読んだりインターネットの情報で独学でも身につけることができます。
でも、もし、可能であれば、マインドマップセミナーやマインドマップ講座に参加されることをお勧めします。
他にもマインドマップを始めたい方はたくさんいます。一緒に始めると楽しいですよ。
情報交換もできて、生涯の友達ができる可能性もあります。
何より、気持ちが前向きになり、仕事や勉強が楽しくなります。




田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらまで。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/]]

田村敏明が公開しているウェブサイトはこちらです。(マインドマップ情報が満載です。)
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan]]

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップの応用方法についてアドバイスをしてもらいました!

マインドマップの本をいろいろ読んでみましたが、自分が使い...

T.F.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ