コラム

 公開日: 2014-03-09  最終更新日: 2015-03-13

ゲシュタルトって何ですか?

脳は、全体を把握するために、不足している情報は勝手に追加します!


ゲシュタルトとは心理学における概念のひとつで、脳は全体性を持ったまとまりのある構造、つまり全体性を求める傾向があることを言います。この全体を把握する能力が低下した場合、つまり個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象のことを、ゲシュタルト崩壊といいます。

人間の脳は本質的に、全体を把握しないと気が済まないという性質があります。例えば、部分的に欠けている場合には、もっとも合理的に適切と思われる情報を勝手に追加して、全体として簡潔した状態を作り上げようとします。

したがって、一部が欠けたままの状態は常に不安定であり、脳は緊張状態となります。例えば、テレビの芸能レポートで、顔の部分にマル秘マークが表示されて、誰の顔だかわからないようなケース、又は「◎◎億円の超豪邸」というように表示された時、「TOEICで990点を3回続けた取った人の◎◎勉強法」とタイトルの本の表紙を見た時、きっと皆さんは、誰なのか、いくらなのか、どういう方法なのか、知りたくて仕方ありませんね。

この脳の能力は、努力しなくても皆さんはすでに保持しているのです。

<例1>
3 + 8 = __

この算数の問題は日本でごく普通に見られる形式です。
しかし海外では、以下のような形式で出題されることが多いようです。

4 + __ = 12

おそらく、上段の日本の形式は、つまらないと感じると思いますが、下段はちょっとわくわくした感じがありませんか?

<例2>
平成24年の交通事故の多かった都道府県の1位〜3位を答えなさい。

このように出題された場合と、

平成24年の交通事故の多かった都道府県の1位は愛知県です。2位と3位は死者数が同じです。
その都道府県をふたつ答えなさい。

やはり、下段の問題の方が面白く感じます。なんかクイズみたいですよね。
このような脳の特性を意識して勉強をするのと、ただ闇雲に勉強するのでは、結果は全く異なるでしょう。

下の絵はゲシュタルトの説明をするときに良く用いられるものです。



いったいの何の動物が描かれているでしょうか? 鳥? ウサギ?
どうしてこのように、判断に迷うのでしょうか?
脳はどちらかの絵として確定してしまいたいのですが、絵のパーツの中には、鳥として見た場合に異質な感じがする部分があり、ウサギとしてみた場合にも異質に感じる部分があります。そこに注意が行ってしまうと、今度は反対に鳥がウサギに見えてしまうわけです。
もし脳にゲシュタルトの性質がなければ、この絵は「鳥みたいなウサギ見たいな下手な絵」ということで片付けられてしまい、「それで? 何か? もっとよく見てかかなきゃね。」で終わってしまうことでしょう。

あなたの反応はどうでしたか?
「あー、面白い。鳥にもウサギにも見える。誰が考えたの、へえー」と思いませんでしたか?

マインドマップはこのような脳の性質を最大限に引き出すようになっているツールです。ブランチを描いていくと、その上に何かキーワードが乗っていないと何か不安定な気分になり、とにかく関連するものを無理矢理想像して思い浮かべようとするわけです。マインドマップがブレインストーミングに良いと言われるのは、そのような特徴が評価されているからなのです。

あなたもマインドマップを始めてみませんか?


マインドマップは、本で読んだりインターネットの情報で独学でも身につけることができます。
でも、もし、可能であれば、マインドマップセミナーやマインドマップ講座に参加されることをお勧めします。
他にもマインドマップを始めたい方はたくさんいます。一緒に始めると楽しいですよ。
情報交換もできて、生涯の友達ができる可能性もあります。
何より、気持ちが前向きになり、仕事や勉強が楽しくなります。




田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらまで。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているウェブサイトはこちらです。(マインドマップ情報が満載です。)
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan/

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分にあっているマインドマップ講座に出会えました!

私は絵を描くのが苦手でしたし、人前で話すのも緊張してしま...

Y.I.
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(40

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ