コラム

 公開日: 2014-03-09  最終更新日: 2015-03-13

マインドマップを使ってノートの取り方を変えると・・

ノートの取り方を変えることは、思考方法を変えることです。


仕事の効率が悪い、成果がでない、評価されない、アイデアが出てこないなど、優秀なビジネスパーソンほど、真剣に悩んでいます。他人よりも努力しているのに、どうも歯車がかみ合っていないというか、空回りしているというのか、思うように物事が進まなくて、いらいらして落ち込んでしまうことが多いようです。

そこから脱却するために、書店で店頭に平積みされているビジネス本を読みあさったり、ネットでいろいろは情報を集めてみたりして、解決方法を探ってみるのも一つかもしれません。しかし、そのような情報から、

・眼から鱗が落ちるような衝撃を受けたことがありますか?

・自然に涙が出てきて止まらなかった経験がありますか?

・なにか琴線に触れたフレーズに出会いましたか?

・筆者の言っていることが頭の中でリピートされて聞こえるというような経験がありますか?

・その本を肌身離さず持ち歩き、ぼろぼろになるほど何度も読みましたか?

非常に良いことが書かれています。筆者の経験のエッセンスが詰まっていると思います。現代のように、映像・音楽などのメディアが主流になってくると、書籍から読むという情報のインプットは少し効果が弱いように思います。読み手の感受性というか、筆者との共感がどれくらい深いかということだと思います。

そして、多くの人はもしそのような優れた書籍に出会うと、作者がどんな人であるか調べたくなります。そして、もし講演会があるなら、本にサインを欲しいと思うし、直接話してくれるその場にいたいと思うはずです。

話を本来のテーマに戻しますが、もしあなたが人生や仕事について、メンターと呼ばれるような優れた先人を見つけることができて、その人が使っているノウハウやビジネスツールを自分も試してみたいと思ったとします。それが、XXX思考法、YYY記憶法、ZZZノート法というであったとすれば、まずそれを試してみたいと感じるはずです。

ところが実際にその方法のやり方を聞いてみると、

・なんか当たり前のことをやっていて、斬新な感じがしない

・誰でも似たようなことをしていて、独創性が感じられない

・もともとご本人が優秀で、どんなツールであっても関係ないのではと思ってしまう

などと疑念が生じてくることが多いようです。これは、読者が優秀であればあるほど、ライバル意識が芽生えてきて、そのように思うようです。

わたしは、ビジネスのノウハウやツールに絶対的に正しいものはないと考えています。職種やポジションが異なれば、考えることも自ずと変わるでしょう。そうであれば、自分に最もふさわしいものを自分で探す必要があるのです。そのとき、メンターとなる人を決めて、少なくともその人の考え方を自分の口から説明できほど好きになることだと思います。その人の著作をすべて読む! 講演会に参加する! メールを送る!など、アクティブになる必要があると思います。

もし、あなたがマインドマップというツールが気に入ったとします。マインドマップを使って成功した人にはどんな人がいるのだろう?どの企業がマインドマップを社内研修に使っているのだろう?自分の組織にもマインドマップを使って活躍している人がいるだろうかと考えて欲しいと思います。

あなたがマインドマップがある程度、ビジネスで使われているということを理解されたら、おそらくマインドマプの描き方を学び、自分で書いてみると思います。それで、あなたの仕事は画期的に変化するでしょうか?もちろん、マインドマップにはそのような力はあります。必ず変わります。でも、きっとあなたが目指しているのはマインドマップを使ってノートを取ることではありませんよね。マインドマップを踏み台にして、もっとジャンプして高いところに行きたいはずです。

あなたがしなければならないことは、ノートの取り方を変えるだけではなく、仕事への取組み方や思考方法そのものを変えることが必要なのです。マインドマップを描けるようになることは、すなわち、放射思考、プロアクティブ思考に切り替えることを意味します。是非、マインドマップに限らず、ノートの取り方を変えるということは、単純なメモの取り方を変えるというような小さな変化ではなく、物事をどのように把握するか、将来をどのように考えるかという、新たな視点を持つようになることだと思います。

あなたもマインドマップを始めてみませんか?


マインドマップは、本で読んだりインターネットの情報で独学でも身につけることができます。
でも、もし、可能であれば、マインドマップセミナーやマインドマップ講座に参加されることをお勧めします。
他にもマインドマップを始めたい方はたくさんいます。一緒に始めると楽しいですよ。
情報交換もできて、生涯の友達ができる可能性もあります。
何より、気持ちが前向きになり、仕事や勉強が楽しくなります。




田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらまで。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているウェブサイトはこちらです。(マインドマップ情報が満載です。)
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan/

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップを誤解していました。どうもすみませんでした。

イラストを描いたり色を塗ったりしてマップを作成するだけで...

S.T
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(37

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ