コラム

 公開日: 2014-02-28  最終更新日: 2015-03-13

右脳を鍛えると勉強や仕事ができるようになるというのは本当?

右脳を鍛えるには、その方法が重要です。


右脳を鍛えるトレーニングのようなものが世の中には氾濫している。例えば、画像の一部がゆっくり変わっていくのを探すというトレーニングがありますが、あれで変化する場所を探し当てる人は、作者の視点に立ってどこを変化させても視聴者や読者が気がつかないかと考えるか、トレースできる人だと思います。多分、この辺りじゃないかという一種の勘だと思います。つまり、問題を作る人の考えと波長が合えば、答えを見つけられる可能性が高いということだと思います。

では、この能力を高めると、勉強ができるようになるのでしょうか。学校の先生がどのような問題を出題するかといういわゆる山勘の能力は若干高まるかもしれません。仕事では、例えばクレームの電話がかかってきたときに、何を怒っているのか、どうすれば怒りが収まるのかが他の人よりちょっと早く理解できるかもしれません。

それらの効果は、右脳を鍛えることにより高まる能力として期待していたレベルでしょうか?おそらく違うと思います。右脳を鍛えることにより、難しくて誰も解けなかった数学の問題が解けるようになるとか、新商品の開発のアイデアが浮かぶとか、そういう効果を期待していたのではないでしょうか。

トニーブザンのマインドマップのセミナーでは、例えば、紙を止めるクリップを何に使えるか、その用途を徹底的に洗い出します。逆に、クリップでは絶対できないということを列挙して、それをディベートのように、本当にそれができないか徹底的に議論します。とにかく、普通にはできないと思われていることを発想を変えてその可能性を追求するというトレーニングを実施します。

参加者は、はじめ何を馬鹿な・・・そんなことできるはずがないと思っていたことが、視点を変えていくと、可能性が見えてくるということを実際に体験することができます。これはマインドマップを描くテクニックとは直接関係していないように思えるでしょうが、実はマインドマップは可能性を追求したいという脳が持つ人間の本来の欲求をうまく利用しているのです。

ある問題の解決策を探りたい時に、その可能性をどうやって検討していくか?右脳が本当に発達した人であれば、溢れるように解決案が出てくるかもしれません。しかし普通は、腕組みをしてめを閉じて、じっと考えると思います。そのときに、ただ考えるのとマインドマップのブランチを描いて考えるのでは、明らかに違いがあるのです。

例えば、「電車の中で必ず座れる方法を4つ挙げなさい。」という問題が出されたとします。ただ、目を閉じて通勤ラッシュの社内の様子を思い浮かべていてはダメです。マインドマップのブランチを色を変えて4本描いてみるのです。常識にとらわれずに、大胆な発想をすることが必要なのです。座席に座るとは言っていない。車両の屋根の上や網棚でもいいじゃないか。新聞紙を敷いて床に座るとか?必ず始発の電車に乗るというのはどうだ。足に包帯を巻いて松葉杖をついていたら、席を譲ってもらえるのではないか。トイレに行けば座れるだろう?トイレがない電車は?乗らなければいいんじゃないか?走っている電車はなくて、博物館に展示されている電車でもいい?指定席券を買えばいいじゃん?電車の運転手になれば?

発想の転換は、トレーニングが必要です。あーはーのクイズを見ているだけでは、右脳は鍛えられません。脳は不完全なものがあると、完成させたいと考えます。穴埋め問題のようなものは、とにかく何か入れてみたいと考えるのです。ブランチを描いた時にその上に乗せるキーワードを何かひねり出すということが、大変良いきっかけとなるわけです。是非、発想の転換をするトレーニングにをしてみてください。それが、数学の難問の解決の手がかりを見つけてくれる能力を高めてくれるでしょう。会社員であれば、来月の製品の売り上げを伸ばす方法、経費を削減する方法、取引先を喜ばせる方法などを見つけられるようになると思います。

マインドマップであなたの仕事と勉強を根本的に変えてみませんか!!

TLI-Japanが開催するマインドマップ講座の案内はこちらです。



http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップは、プレゼンテーションの準備と実行に大変役立ちました。

 普段の業務はクライアントとの窓口対応ですので、人前でプ...

K・Y
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(47

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ