コラム

 公開日: 2014-02-27  最終更新日: 2015-03-13

地頭力を鍛えるのにマインドマップは有効でしょうか?

地頭力は、偏差値とは別です。


私は、仕事ができる能力=地頭力があると考えます。
では地頭力を鍛えるにはどうすればよいのでしょうか。

1.問題発見能力を鍛える。
現状に甘えている人は、身の回りの問題点を見つけることができません。

・全体を見る力
・物事を分解して単純化する力
例えば、STAP細胞を発見した小保方(おぼかた)晴子さん。
彼女は自分で考えた理論を実証するために、コツコツと努力を重ねて最後に成功したわけですが、途中で論文を発表しようとしてイギリスの出版社に送った時に、その細胞の作り方が従来の枠を超えた突飛もない方法であるため、「生物学の歴史を冒涜している」と相手にされなかったと語っています。
開発した新しい万能細胞「STAP(刺激惹起性多能性獲得)細胞」は、iPS細胞よりもとても簡単に作ることができるということで、まさに地頭力の優れた典型的な人物といっても良いでしょう。

2.問題解決能力を鍛える
革新的な答えを得るためには、発想の転換が必要です。

・発想を転換して常識を疑う力

ジャック・アンドレイカという少年をご存知でしょうか?
彼はおじさんを膵臓がんでなくしました。85%以上もの膵臓がんが2%未満の生存率しかない手遅れの状態で発見されます。なぜこんなことになるのか? 彼は、とんでもない方法で膵臓がんの早期発見を可能にする方法を発見しました。超安価、効果的、かつ侵襲性の低い方法を、なんと16歳の誕生日を迎える前に作り出したのです。彼のこの功績は、TED(NHKでは、スーパープレゼンテーションという番組名)で優秀賞を授与されることで世界中にインパクトを与えました。膵臓がんを見つける検査薬を開発するという強い信念がついに実を結んだということです。彼の素晴らしいところは、その方法が従来の方法とは全く異なる視点から作られたオリジナルの方法であったことです。たまたま、学校の科学の授業で習ったナノカーボンが自分の検査に大変役立つことに気付いたのが成功のポイントです。発想の転換と物事の関連性を把握する力の相乗効果がこの成功を生み出したのだと思います。

3.リーダーシップを発揮して人を動かす
アイデアを出すだけでは、まだ最後まで到達していません。

・コミュニケーション能力

実際に問題を解決することが最終目標であるからです。
問題を解決するには、自分だけではうまくいかないことが多く、必ず協力者が必要です。
組織に身を置くビジネスパーソンの場合、チームワークが必要となりますし、上司の説得も必要でしょう。そのためには、人を動かすコミュニケーション能力がとても重要です。

以上の能力を高めれば、地頭力が強化されて必ず組織の中であなたは評価されるはずです。
そのために、マインドマップを活用するすることも有効です。

マインドマップを使うと問題解決が容易になる!


コンサルタントが好んで使うツールの中に、MECEと呼ばれるものがあります。
これはブレインストーミングをするときに、漏れなくダブりなく様々な可能性を考えるというものです。
マインドマップの放射思考はこれと大変良く似ています。発想を重ねてどんどん広げていきます。連想のマップといっても良いでしょう。これにより、あなたは他の人より、より多くの選択肢の引出を用意することができ、それらの比較も容易になりますから、これにより、あなたは先を読めるできるビジネスパーソンの仲間入りができるはずです。

そして、重要なのはコミュニケーションです。
問題を解決するために、誰とどのような協議をすればよいのか、的確に動く必要があります。平たく言えば、根回しが上手になることが重要であり、役員から現場の担当者、自分の属している部署から他の主要な部署の間で、コーディネーターのような役割を果たすことです。
これは性格にも依るのですが、マインドマップを見せながらキーパーソンに相談をしていくことで、あなたを中心にした人間的なネットワークが構築できるはずです。コツコツと情報交換、報告、相談等をくりかえしていくと、次第に心理的な距離が縮まり円滑な人間関係が構築していけるはずです。
マインドマップを初めてみて興味を持ってくれる人も現れると思います。マインドマップの話題で盛り上がって、仲間が増えていくのは本当に楽しいことです。
*******************************************************



TLI-Japan マインドマップ講座
ThinkBuzan マインドマップ公認インストラクター 田村敏明
マインドマップを活用して、仕事と勉強を変える具体的な方法についてお知りになりたい方は、
こちらのウェブサイトで詳しく解説をしております。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan/
********************************************************

田村敏明が講師を担当するセミナーの情報はこちらです。
http://mbp-tokyo.com/tli-japan/seminar/

田村敏明が公開しているマインドマップのウェブサイトはこちらです。
http://netdxer.wix.com/mindmap-tli-japan

この記事を書いたプロ

TLI-JAPAN [ホームページ]

講師 田村敏明

東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL:080-4225-8954

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マインドマップ無料相談室
無料相談室

マインドマップに興味をお持ちの皆様へマインドマップについてのご質問に丁寧に回答いたします。マインドマップについては最高の思考ツールと言われたり、逆に胡散臭...

Lumosity情報
イメージ

最近、Lumosityに関する問い合わせが増えてきました。私の知りうる限りの情報をここにアップしていきます。脳トレアプリに興味のある方は、是非、覗いてみてください...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
マインドマップ活用法を教えるセミナー講師

描き方だけではない「マインドマップ」の利用法を伝授。ビジネスマンを対象としたセミナーを開催(1/3)

 英国人トニー・ブザンが提唱する思考・発想法である「マインドマップ」。頭の中の思考・発想を、イラストを使ってカラフルな放射状の図に表すものです。思考の整理・記憶の定着に適したツールとして、近年注目を浴びています。しかし、マインドマップの「描...

田村敏明プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ビジネス経験で培われたマインドマップの実践的活用方法を伝授

事務所名 : TLI-JAPAN
住所 : 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ1009号 [地図]
TEL : 080-4225-8954

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4225-8954

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田村敏明(たむらとしあき)

TLI-JAPAN

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マインドマップの応用方法についてアドバイスをしてもらいました!

マインドマップの本をいろいろ読んでみましたが、自分が使い...

T.F.
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Lumosityで頭は良くなるのでしょうか?
イメージ

 Lumosityは脳トレーニングアプリです Lumosityのブレイン・トレーニング・プログラムは、「Speed」「Memo...

[ 脳トレ ]

マインドマップとメモリーツリーの違いについて

 メモリーツリーは「ドラゴン桜」7巻に紹介された? マインドマップとよく似たノートの作り方として、メモリー...

[ マインドマップ ]

マインドマップインストラクターと囲碁
イメージ

囲碁には脳を活性化する作用があります。先を読み、相手の動きを読み、対策を考える。そのようなトレーニング...

[ 脳トレ ]

マインドマップのビジネスでの活用理由
イメージ

 マインドマップが、ビジネスの現場で活用される理由 マインドマップをビジネスでどのように活用するか...

[ マインドマップ ]

ThinkBuzanのインストラクターリスト
Global Instructors

 ThinkBuzanのインストラクターリスト ThinkBuzanのインストラクターは、Global Instrutors List公式ウ...

[ マインドマップ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ