コラム

 公開日: 2016-10-06 

結婚指輪での腫れやかゆみが発症。原因と対策は?

金属アレルギーは、アクセサリーを身に付ける人にとって悩みのタネです。

結婚指輪でも、ネックレスやピアスなどと同じように金属アレルギーを起こす方がいらっしゃいます。

金属アレルギーは、ある日突然、誰にでも発症する可能性があります。指がかぶれてしまうと指輪を身につけることができなくなってしまいます。指にトラブルが出ると、料理や洗濯、デスクワークなど生活に大きく影響します。

毎日身につける結婚指輪で、アレルギーが起きてしまったらどうすればよいのでしょうか?

どんな金属でもアレルギーが発症する可能性がある

結婚指輪をつけている左手の薬指が、かゆくなって赤くなることがあります。

その原因はいくつか考えられます。

指輪は日常的に身に付けているものですので、夏場、汗をかいた時に蒸れてかゆくなることがあります。

また主婦湿疹といわれる症状は、水仕事が原因で、肌のバリア機能が弱っているところへ、指と指輪の間に残っていた洗剤の成分などにかぶれておこります。

そして、金属アレルギーの可能性を疑ってみましょう。一般のファッションリングとは違い、結婚指輪の素材はプラチナやゴールドが多く、金属アレルギーを起こしにくいとされる金属で作られていることが多いです。

しかし、プラチナや金などの高価で純度が高い貴金属でも、アレルギーを起こす方はいらっしゃいます。

ところが、パッチテストを受けてみると、プラチナやゴールドではなく、混ぜられているパラジウムや銅に反応することも多いです。自分は何のアレルギーなのか、パッチテストで把握しておくことも重要です。

金属アレルギーの原因と症状

指輪をただ指にはめているだけでは、金属アレルギーは発症しにくいといえます。

指輪と接触している皮膚が汗をかくと、金属の成分が汗で溶け出し、体内に入ることが原因で発症します。イオン化した金属が体内でたんぱく質と結びつき抗原(アレルゲン=アレルギーを引き起こす物質)となります。

体には、体外から入ってきた異物(抗原)に対抗する抗体を作って防御する働きがあり、これを免疫といいます。この免疫機能がうまく働かないと、本来有害でないものに対して拒否反応を起こすことがあります。

たとえば花粉症も、本来有害でない花粉に対して拒否反応が起こります。金属も人間の生命維持にかかせないもののひとつですが、以上のようなメカニズムでアレルギーが起こります。

どの金属でもアレルギー症状が出る可能性はあり、「これなら安心」というものはありません。

また、一旦アレルギーを起こした金属は、その後も発症する可能性が高いので、避けていただくのが良いでしょう。

症状と対処法

金属アレルギーは花粉症と同じように急に発症するものです。

今まで、毎日つけていた金属に急にかぶれるようになる可能性が誰にでもあります。

なぜ急に起こるのかといえば、前項でお話ししたような理由が挙げられますが、金属アレルギーは解明されていないことが多いのも事実です。

ただ、現代病であることから、環境、ストレス、化学物質との関わりも指摘されています。

具体的にどんな症状が起こるのかといえば、赤みやブツブツ、腫れ、かゆみなどです。ひどい場合には指輪が接触した皮膚の周りにまで炎症が広がり、指輪をつけていられなくなる場合もあります。

かゆみによりかいてしまうと炎症が広がり、かいたところが傷になり、ただれたり、化膿したりする場合があります。

このような症状が現れたら、一旦指輪をはずして様子を見るようにしてください。症状が軽いからといって指輪をつけていると、免疫の働きがどんどん活発になり、悪化していくばかりです。

医療機関を受診すると、かゆみや赤み、湿疹にはステロイド外用薬、ひどくなると抗ヒスタミン剤などを処方されます。

できればパッチテストを受けて、何の金属に反応しているのかを確かめておくと後々の予防に効果的ですし、結婚指輪を作り直す場合もアレルギーの原因となる金属を避けることができます。

コーティングで肌を守る

指輪による金属アレルギーのように、原因物質に触れることで皮膚トラブルを起こす症状を接触皮膚炎といいます。

金属アレルギーを発症してしまった場合、原因となる金属はつけないに限ります。

しかし、どうしてもつけたい時はどうすればいいか?

理屈からいえば、指輪をしていても指輪と皮膚とが直接、触れ合わなければいいのです。つまりコーティングです。

金属に塗るコーティング剤が市販されていますので、指輪と皮膚が接する部分に塗っておくと、金属が溶け出して体内に入ることを防ぎ、金属アレルギーの症状を防止することができます。これは一時的な予防策として有効です。

冠婚葬祭などのフォーマルなシーンに指輪をつけたい時などには、コーティングで対応すると良いでしょう。


コーティング剤は、こちらが使いやすいです。
↓    ↓
JPSメタルコート(金属アレルギー防止液)



金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

*土曜日・日曜日・祝日は、予約枠が埋まりやすいので、お早めにご連絡ください。

*月間の制作数は13組が限界です。そのため現在、ご注文から完成まで4ヶ月をいただいておりますので、お早めにご連絡ください。

*ご来店いただかなくても、メールのやり取りだけで遠方からでも、ご注文可能です。お気軽にお問い合わせください。




新作と、お客さまの声を、写真画像とともに、随時こちらで公開しています。最近はご注文数が多く、2日~3日おきに新しく更新していますので、どうぞご覧ください。
↓    ↓
http://ringology.org

この記事を書いたプロ

東京ダイヤモンド株式会社 [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 廣瀬一京

東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL:080-7826-6811

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京ダイヤモンド株式会社の代表 廣瀬一京さん

ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという異なる分野で活躍(1/3)

 ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという全く異なる二つの肩書きを持ちながら、双方の分野で話題を集める廣瀬一京さん。東京ダイヤモンド株式会社の代表、ジーニアスファクトリージャパン株式会社の執行役員として活躍する彼の足跡を辿るこ...

廣瀬一京プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

金属アレルギーにならないレアメタル素材によるジュエリー制作

会社名 : 東京ダイヤモンド株式会社
住所 : 東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL : 080-7826-6811

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
2016年・2017年、年末年始も休まず営業いたします。

気付けば今年もあと2ヶ月。 つい先日まで真夏だったはずなのに、急に冬の訪れを予感するような、そんな季節に...

[ 営業日・営業時間 ]

鍼灸によるヒフの炎症。金属アレルギーかも。

鍼灸治療とは東洋医学で用いられる治療法のひとつで、鍼や灸で体表のツボから刺激を与え、さまざまな病気を改善し...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

じんましんの原因は何?金属アレルギーかも

突然、蚊に刺されたような大小の赤い発疹が発症し、強いかゆみが起こるじんましん。その特徴は全身のあちこちに現...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

結婚指輪も気をつけなければいけないアトピーの症状

アトピー性皮膚炎は現代社会に増え続け、もはや国民病ともいえるアレルギー疾患です。子どもの時にかかって大...

[ 指輪とアレルギー ]

金属アレルギーと間違う主婦湿疹とは?

手は乾燥、水仕事、紫外線など常に刺激を受けやすく、またいろいろな物に触れる機会も多いので肌トラブルも発症し...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ