コラム

 公開日: 2016-10-02  最終更新日: 2016-10-03

夏にピアスをあけるのはNG!?かゆみや赤みが出やすい理由

ピアッシングにトラブルはつきものです。回避するために、できることはやっておきたいものですね。

ところで「夏にピアスを開けるのはNG」というのを聞いたことはありませんか?

夏になると髪を束ねたり、アップにしたりする女性が増えてきます。そうなるとピアスを付けて耳元を彩りたくなるものです。また長期の休みのうちに、ピアスホールを完成しておきたい学生さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

その一方で、夏のピアッシングに対する不安の声も聞こえてきます。「夏にピアッシングをすると化膿しやすいのでしょうか?」などという疑問もネットなどで見られます。本当に夏場のピアッシングは避けるべきなのでしょうか?

ピアスをあけるのに適さない季節は?

ピアッシング直後のピアスホールは、いわばただの傷です。ピアスを外すと自然に治癒していき、ふさがってしまいます。

しかし 1カ月以上ピアスを外さないでいると、ホールは皮膚に覆われピアスをはずしてもふさがらなくなり、ピアスホールが完成します。

ピアッシングからピアスホールが完成するまでの間は、皮膚トラブルの起きやすい期間です。

それでは、トラブルの発症は季節に左右されるのでしょうか?

結論からいえばピアッシングに限っていうなら、季節は関係ありません。ネックレスや指輪による金属アレルギーは、汗をかく夏に発症することが多いです。それは汗で溶けだした金属イオンが体内に入りこむことが原因だからです。

しかし、ピアスによる金属アレルギーの場合は、金属が体液に触れてイオン化することによって起こります。これは汗をかく、かかないに関係なく発症する可能性があります。

ただ、プールや海に行く方は夏のピアッシングはやめておいたほうが良いでしょう。

ピアスホールが完成しないうちにプールに入るのは衛生上よくありません。とはいっても、冬場はしもやけ、春は埃っぽいなど、ピアスにとってマイナス要因は夏に限らず存在しますので、その時々に適切なケアを行う必要があります。

季節よりもその後のケアが大事

ピアッシングは、基本的にどの季節に行ってもかまいません。

進学、就職などのタイミングで春に行う人もいれば、夏休みに開ける人もいます。自分の誕生日やクリスマスにピアスをプレゼントされ、それをきっかけに開けるという人もいるでしょう。

ただ、ピアスによるトラブルを避けるために、ピアッシングの前後に気をつけたいことはあります。

まず、アレルギーの心配のある方はパッチテストを受けて、体質に合わない金属を把握しておくことが大事です。

たとえば以前、ネックレスでかぶれたことがあるような場合、ピアスでもアレルギーを発症する可能性が高いです。

同じ金属を使用すると反応が起こります。また、パーマやヘアカラーはピアスホールが完成しないうちはやめておいたほうが無難です。

必要であれば、ピアッシングの1週間前までに行っておくことをおすすめします。直前に行うと、髪に残った薬液が、シャンプーをする時に傷口を刺激するおそれがあるからです。

ピアスで金属アレルギーや感染症を起こさないためには、その後のケアも大切です。具体的にはどのようなケアを行えばいいかというと、まず開けて3日間はなにもせず安静にしておきます。

触れたり動かしたりなど、刺激を与えるのはNGです。その後、痛みもなく順調に回復しているようであれば、ケアの開始です。

従来の方法としては、消毒をするのが一般的でしたが、消毒液にかぶれることがあるため、最近では使用しない場合もあります。

ファーストピアスをつけたままで、ピアスホールとその周りを毎日シャワーで洗って汚れを溜めないようにします。ピアスホールが完成するまでは通常1カ月以上かかります。

耳たぶの薄い人で1カ月、厚い人で1カ月半など、個人差があります。その間は、ファーストピアスはつけたままで、前後に動かしながら洗います。そのためにも、ファーストピアスはポスト(軸)が長めのものを選んでおくと便利です。

夏にアレルギー症状を悪化させないために

以上のように、ピアッシングの前の準備と後のケアをきちんと行えば、夏のピアッシングも問題ないといえます。

しかし、金属アレルギーなどの皮膚トラブルが夏に悪化してしまうことはあります。

夏の肌は汗により細菌が繁殖しやすい状態になっており、かゆみや赤みが発生することがあります。掻いてしまうと傷口に細菌が繁殖し、化膿することもあります。

また、汗をかいたあと、ピアスのまわりが蒸れているのを放置しておくのもトラブルの元です。

さらに夏は紫外線によるダメージも心配されます。傷口には汗も水分もよくありません。汗をこまめに拭きとって清潔を保つこと、シャワーの後の水分をよく拭き取ること、直射日光を避ける対策をとることなどを心がけておくと良いと思います。




金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

*土曜日・日曜日・祝日は、予約枠が埋まりやすいので、お早めにご連絡ください。

*月間の制作数は13組が限界です。そのため現在、ご注文から完成まで4ヶ月をいただいておりますので、お早めにご連絡ください。

*ご来店いただかなくても、メールのやり取りだけで遠方からでも、ご注文可能です。お気軽にお問い合わせください。




新作と、お客さまの声を、写真画像とともに、随時こちらで公開しています。最近はご注文数が多く、2日~3日おきに新しく更新していますので、どうぞご覧ください。
↓    ↓
http://ringology.org

この記事を書いたプロ

東京ダイヤモンド株式会社 [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 廣瀬一京

東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL:080-7826-6811

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京ダイヤモンド株式会社の代表 廣瀬一京さん

ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという異なる分野で活躍(1/3)

 ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという全く異なる二つの肩書きを持ちながら、双方の分野で話題を集める廣瀬一京さん。東京ダイヤモンド株式会社の代表、ジーニアスファクトリージャパン株式会社の執行役員として活躍する彼の足跡を辿るこ...

廣瀬一京プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

金属アレルギーにならないレアメタル素材によるジュエリー制作

会社名 : 東京ダイヤモンド株式会社
住所 : 東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL : 080-7826-6811

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
【採用募集】結婚指輪の制作に情熱を注げる方を募集します。

前回の、子育てママの求人→ http://ameblo.jp/ringology/ent では、たくさんのご応募をいただきまして、まこ...

[ 採用情報 ]

12/2日経新聞に代官山指輪工房の記事を掲載いただきました。
イメージ

本日の日経新聞で、弊社・代官山指輪工房のことを記事にしていただきました。タンタルやハフニウムな...

[ メディア掲載情報 ]

金属アレルギーの検査はどこに行って何をすればいいの?

ネックレスや時計、あるいは指輪やピアスによる湿疹、かぶれが起きた時、治療や検査をするためにはどこに行けばい...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

金属アレルギーが起こりやすい季節は夏

ネックレスやピアスを身につけていて、突然かゆくなったり、肌が赤くなったりしたことはありませんか?それは...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

女性が金属アレルギーを引き起こす身の回り品

私たちの身の回りは金属で溢れています。金属は私たちの体にとっても、生活にとっても不可欠なものです。しかし、...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ