コラム

 公開日: 2016-09-20  最終更新日: 2017-08-06

金属アレルギーになりにくい純チタンでアレルギー症状が出てしまう理由

金属アレルギーは、普段つけているネックレスやピアスなどの金属が汗で溶けだして体内に入り、体が異物として判断した結果、拒否反応として起こるものです。

今はなんともなくても誰にでも発症する可能性があり、一度発症すると一生その体質は続きます。

したがって、アクセサリーはアレルギーを起こしやすい金属を避けて使用するのが望ましいです。

特に汗をかきやすい夏場や、ピアスホールを開けたばかりの時期は要注意です。

最近は、アレルギーに配慮した商品も目につくようになりました。しかし、アレルギーが起こりにくいといわれるチタン製のピアスを付けていたのに、アレルギーを起こしてしまったという話もよく聞きます。

純粋なチタンでアレルギーを起こすのは非常に稀なケースです。この場合、疑わしいのは「他の金属との合金である」「チタンのメッキが剥がれた」などの理由が考えられます。

一番多いのはニッケルアレルギー

金属アレルギーの症状は、人によって違います。

反応が出る金属も違えば、複数の金属にアレルギーを起こす方もいます。数多い金属の中でも、特にアレルギーと関係の深いものがニッケルです。

ニッケルは、日常生活でももっとも用いられている金属で、50円、100円硬貨、携帯電話、針金などのほか食器にも使われています。また、チョコレートや大豆などの食品、コーヒー緑茶など、ありとあらゆるところに存在するため、アレルギーを起こしてしまうと非常にやっかいな金属です。

さらに、ニッケルアレルギーの方は、性質が良く似たクロムにもアレルギー反応を示すことが知られています。ほかにも水銀、コバルト、スズ、パラジウム、鉄、アルミニウムなどはアレルギーを起こしやすい金属です。

アレルギーを起こしにくいチタン

アレルギーは気になるけれど、アクセサリーを身につけておしゃれを楽しみたい、という方は多いでしょう。

フォーマルな場では、ほとんど必需品と言ってもいいほどです。
それゆえ、なるべく金属アレルギーを起こしにくい素材を選ぶことをおすすめします。

安価なアクセサリーはニッケルやコバルト、真鍮(銅と亜鉛の合金)などが多く、アレルギーが心配な方は避けた方が無難です。

特に気をつけなければいけないのは、ピアスです。

市販されているファッションピアスの素材で、金属アレルギーになりにくいとされているものは、チタン、サージカルステンレス、シルバー、プラチナ、金などです。

しかし、サージカルステンレスにはニッケル、クロムが含まれています。シルバー、プラチナ、金も、純度が高いものは安全性も高いですが、18金、シルバー925、プラチナ900などの合金は、銅やパラジウムが含まれていますので用心してください。

おすすめしたいのはチタンです。チタンは、軽くて丈夫な金属で、イオン化傾向が低く、汗や体液に溶け出しにくいため、金属アレルギーはほとんど起こらないと言われています。

その理由は、チタンは酸素との結びつきが強く、表面に薄い酸化膜を作ります。この酸化膜にさえぎられているため、内部の金属イオンが溶け出さないのです。

このような性質を持つチタンは、歯科インプラントや人工関節などにも使用されるほどで、その安全性には期待が寄せられています。

チタンでかぶれてしまうのはなぜ?

それでも、まったくアレルギーを起こさないわけではありません。チタンでアレルギーを起こす方も稀にいらっしゃいます。

とはいうものの、市販のチタン製品によってかぶれが起こった場合、ほとんどはチタンに対してではなく、他の金属に対してのアレルギーと思われます。

チタンのアクセサリーの多くは、実はチタンと他の金属との合金で、ニッケル、クロム、アルミニウムなど、アレルギーを起こしやすい金属を含んでいる場合があります。

よくあるチタンポストのピアスは、耳に刺すポスト(軸)の部分はチタンでも、ヘッドやキャッチは真鍮であったり、ステンレスであったりします。またポストも純チタンではなく、合金である可能性もあります。

また、ヘッドとポストの接合部分に違う金属が使われており、その金属にアレルギーを起こす場合もあります。

あるいはチタンメッキされているケースでは、メッキが剥がれて、中から現れた金属にアレルギーを起こしているのかもしれません。

ですから、チタンのアクセサリーには、次のようなものがあるということを覚えておきましょう。

・オール純チタン
・チタン合金
・チタンメッキ

上記のなかで、アレルギーが起こる可能性が低い素材はオール純チタンです。

チタン製品を選んだつもりでも、含まれている金属によってアレルギーを起こしてしまった、などということのないように、購入の前によく確認をしましょう。



なかなかオール純チタンのピアスを扱っているところは少ないですが、こちらのピアスは、ポストもキャッチもすべて純チタンですのでオススメです。
↓    ↓
MAREチタンピアス




金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

*土曜日・日曜日・祝日は、予約枠が埋まりやすいので、お早めにご連絡ください。

*月間の制作数は13組が限界です。そのため現在、ご注文から完成まで4ヶ月をいただいておりますので、お早めにご連絡ください。

*ご来店いただかなくても、メールのやり取りだけで遠方からでも、ご注文可能です。お気軽にお問い合わせください。




新作と、お客さまの声を、写真画像とともに、随時こちらで公開しています。最近はご注文数が多く、2日~3日おきに新しく更新していますので、どうぞご覧ください。
↓    ↓
http://ringology.org

この記事を書いたプロ

東京ダイヤモンド株式会社 [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 廣瀬一京

東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL:080-7826-6811

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京ダイヤモンド株式会社の代表 廣瀬一京さん

ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという異なる分野で活躍(1/3)

 ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという全く異なる二つの肩書きを持ちながら、双方の分野で話題を集める廣瀬一京さん。東京ダイヤモンド株式会社の代表、ジーニアスファクトリージャパン株式会社の執行役員として活躍する彼の足跡を辿るこ...

廣瀬一京プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

金属アレルギーにならないレアメタル素材によるジュエリー制作

会社名 : 東京ダイヤモンド株式会社
住所 : 東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL : 080-7826-6811

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
2017年、お盆も休まず営業いたします。

表題の通り、代官山工房は、お盆も休まず営業いたします。わたしはこの仕事が大好きですから、朝9時から23時ま...

[ 営業日・営業時間 ]

タンタルとハフニウムの金属アレルギーパッチテストについて
イメージ

金属アレルギーが100%心配がない金属であるタンタルと、それに次ぐハフニウムですが、それでも事前にテストを...

[ 指輪とアレルギー ]

イリジウムの指輪が値上がりしています。

弊社で数多く扱っている希少金属の中で、もっとも原価の比率が高い金属はイリジウムです。 具体的な数字はここ...

[ イリジウム ]

【金属アレルギー対応】タンタルの結婚指輪を自作する方法
イメージ

こんなご質問をいただきました。 質問: タンタルの指輪を自作する方法のご指導をお願いできないでしょうか...

[ 稀少金属(レアメタル)の指輪 ]

タンタルやハフニウムの鎚目の指輪の作り方
イメージ

最近、ご注文をいただいたり、ご質問をいただくことが多い「鎚目(つちめ)」のデザイン。 そこで、今日は、こ...

[ 稀少金属(レアメタル)の指輪 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ