コラム

 公開日: 2016-08-31  最終更新日: 2016-09-07

ネックレスでかぶれる人の為の金属素材選び

女性はネックレス、ピアス、ブレスレットなど、貴金属のアクセサリーを身につけておしゃれを楽しみますが、金属アレルギーは一度発症すると体質は元に戻らないと言われていますので十分に注意が必要です。

ネックレスなどをつけているとき、金属が汗などに触れて少しずつ溶け出し(イオン化)、体内にあるたんぱく質と結合してアレルゲンになります。そして、アレルゲンに対する抗体が体内で作られ、異物であるアレルゲンを排除しようと働きます。このときにかぶれなどの不具合が体に現れて、金属アレルギーを発症してしまいます。

ネックレスのチェーンに用いられる素材で、もっとも金属アレルギーを引き起こす可能性が低いのはチタンです。
色味については、少し黒っぽいイメージがあるかと思いますが、細いチェーンを選ぶとそういった色も目立たなくなります。

チタンの良さは軽いということ、耐食性に優れていること、ほかの貴金属と比べても硬度があることなどです。硬度があるため、細いチェーンであってもすぐに切れてしまうといったことはありません。

なお、チタンを使った市販のチェーンには、留め金は別の金属が使われていることもありますので注意してください。

アレルギーを起こしやすい金属とは

ネックレスをしていて「首まわりがかぶれてしまった」という経験をした女性は多いのではないでしょうか。

ここで、金属によるかぶれ、金属アレルギーを起こすプロセスを見ていきましょう。

金属製品を見につけ汗などをかくと、金属が少しずつ溶け出し(イオン化)、体内にあるたんぱく質と結合し、アレルギーの原因になるアレルゲンに変質します。このとき、アレルゲンに対して抗体が体内で作られます。この抗体がアレルゲンに対して過剰に反応することで、金属アレルギーが発症すると言われています。

金属は人の肌に触れると不安定になってしまうのですが、不安定になる原因として人の体から分泌される汗が大きく関わっています。
汗に含まれる塩酸と大気中のNOX(窒素酸化物)が混ざると、王水に近い物質が発生します。この王水は酸化力が強く、金やプラチナも溶かしてしまうと言われています。

人の肌に発生したこの強い酸に触れることで金属がイオン化し、金属アレルギーを引き起こす原因となっています。

金属アレルギーを起こしやすい順番

ネックレスチェーンの素材で、金属アレルギーを引き起こす心配の少ない順番から紹介していきましょう。

純チタン、純金、純銀、純プラチナ、18金イエローゴールド、プラチナ900-パラジウム100合金、サージカルステンレス、ピンクゴールド18金、ピンクゴールド14金、シルバー950、シルバー900、シルバー700、真鍮ロジウムメッキ

上記のようになります。

ほかにも、金属アレルギーを発症する心配がない素材があります。

タンタル、ハフニウムという素材で、弊社ではこれらで制作した指輪をご提案しています。これらの素材は、チタンよりも金属アレルギーを引き起こす可能性が低いのですが、現時点では加工が難しいためチェーンには採用していません。

なお純金、純銀、純プラチナは柔らかい性質のため、チェーンに使うには強度の面で不安があります。
強度があり、金属アレルギーの原因になりにくい素材として、純チタン、18金イエローゴールド、プラチナ900-パラジウム100合金の3つをおすすめします。

ここで、金属アレルギーの原因になりやすい素材も挙げておきましょう。
イオン化しやすい順に並べていくと、ニッケル、コバルト、スズ、水銀、パラジウム、クロム、鉄、アルミニウムが挙げられます。
次に銅、ルテニウム、プラチナ、イリジウム、銀、金と続きます。

前述の18金イエローゴールドには、金属アレルギーを引き起こす可能性のある銅が、プラチナ900-パラジウム100合金にはパラジウムが含まれているので、お肌の敏感な方は純チタンのものを選んでいただくのが良いかと思います。

アクセサリーは素材選びに気を付けよう

金属アレルギーは一度発症してしまうと、その体質は元に戻らないといわれていますので、金属アレルギーの原因になりやすい素材を避けてアクセサリーを選んでいただくと、肌トラブルなどを未然に防ぐことができます。

前項でお話ししたように金やプラチナであっても、18金やプラチナ900などは金属アレルギーの原因になりやすい銅やパラジウムが混ぜられています。そのため、十分に注意してください。

また、ネックレスのチェーンだけでなくトップ部分にも気をつけてください。

ダイヤモンドやルビー、サファイヤなどの宝石やガラス、陶器、合成樹脂などはアレルギーの心配はありません。

金属アレルギーを発症する心配が少ない素材としてチタンを挙げましたが、色が気になる場合は、細いチェーンを選んでいただくとそれほど気にならないかと思います。

チタンは硬度があるので、細いものを選んでも切れてしまうといったトラブルもそれほど心配ありません。

アクセサリーは付ける人の魅力を引き出すものですので、自分に合ったもの、長く愛用できる良質のものを選ぶことをおすすめします。




金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

*土曜日・日曜日・祝日は、予約枠が埋まりやすいので、お早めにご連絡ください。

*月間の制作数は13組が限界です。そのため現在、ご注文から完成まで4ヶ月をいただいておりますので、お早めにご連絡ください。

*ご来店いただかなくても、メールのやり取りだけで遠方からでも、ご注文可能です。お気軽にお問い合わせください。




新作と、お客さまの声を、写真画像とともに、随時こちらで公開しています。最近はご注文数が多く、3日~5日おきに新しく更新していますので、どうぞご覧ください。
↓    ↓
http://ringology.org

この記事を書いたプロ

東京ダイヤモンド株式会社 [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 廣瀬一京

東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL:080-7826-6811

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京ダイヤモンド株式会社の代表 廣瀬一京さん

ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという異なる分野で活躍(1/3)

 ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという全く異なる二つの肩書きを持ちながら、双方の分野で話題を集める廣瀬一京さん。東京ダイヤモンド株式会社の代表、ジーニアスファクトリージャパン株式会社の執行役員として活躍する彼の足跡を辿るこ...

廣瀬一京プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

金属アレルギーにならないレアメタル素材によるジュエリー制作

会社名 : 東京ダイヤモンド株式会社
住所 : 東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL : 080-7826-6811

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
2016年・2017年、年末年始も休まず営業いたします。

気付けば今年もあと2ヶ月。 つい先日まで真夏だったはずなのに、急に冬の訪れを予感するような、そんな季節に...

[ 営業日・営業時間 ]

鍼灸によるヒフの炎症。金属アレルギーかも。

鍼灸治療とは東洋医学で用いられる治療法のひとつで、鍼や灸で体表のツボから刺激を与え、さまざまな病気を改善し...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

じんましんの原因は何?金属アレルギーかも

突然、蚊に刺されたような大小の赤い発疹が発症し、強いかゆみが起こるじんましん。その特徴は全身のあちこちに現...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

結婚指輪も気をつけなければいけないアトピーの症状

アトピー性皮膚炎は現代社会に増え続け、もはや国民病ともいえるアレルギー疾患です。子どもの時にかかって大...

[ 指輪とアレルギー ]

金属アレルギーと間違う主婦湿疹とは?

手は乾燥、水仕事、紫外線など常に刺激を受けやすく、またいろいろな物に触れる機会も多いので肌トラブルも発症し...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ