コラム

 公開日: 2016-08-19  最終更新日: 2016-09-07

ネックレスで赤くなる。機械性じんましんかも

ネックレスが関係した皮膚のトラブルといえば、金属アレルギーが思い浮かびます。
アレルギーの原因となっている金属が肌に触れることによって、かゆみやかぶれが出てくる症状です。

しかし、金属アレルギーではない皮膚のトラブルもあります。首まわりの皮膚は薄くてデリケートですので、あせもやアトピー性皮膚炎も出やすいところです。

そのほかに考えられるものが機械性じんましんです。聞きなれない名前かもしれませんが、珍しいものではありません。

機械性とは、外から与えられる刺激を意味し、皮膚を圧迫したり、引っ掻いたりすることが刺激となってじんましんが発症します。

あなたが悩んでいるトラブルは、金属アレルギーではなく、機械性じんましんかもしれません。今回は誰にでも出る可能性のある、機械性じんましんについてお話しいたします。

じんましんの種類にはどんなものがあるか

じんましんになったことはありますか?

赤いポツポツが現れ、しばらくすると消えていく病気で、その多くがかゆみを伴う不快な症状です。なったことのない人でも、家族や知人の話として聞いたことはあるのではないでしょうか。

じんましんはアレルギーが原因で起こるのかといえば、全部が全部そうではありません。じんましんはアレルギー性のものと、非アレルギー性のものがあります。

アレルギー性のものは、体に取り入れた物質(薬、食品など)がアレルゲンとなって起こります。
これに対して非アレルギー性のじんましんは、外部からの刺激によって起こります。日光性じんましん、寒冷じんましん、汗が原因のコリンじんましん、機械性じんましんなどがこれに当たります。

ネックレスをしている皮膚に発症するじんましんは、非アレルギー性の機械性じんましんと呼ばれるものです。

機械性じんましんは、アクセサリーの接触だけでなく、ベルトや下着の締め付け、肩にかけた荷物などによって刺激を受けた時に出ます。発症のメカニズムは金属アレルギーとは異なっています。

じんましんが起こる仕組み

一般的なじんましんの起こるメカニズムは、皮膚にある肥満細胞が関係しています。

真皮の血管周辺にある肥満細胞が刺激を受け活発に働き出し、ヒスタミンという物質を血液中に出します。

すると、血管の壁の透過性が高まり、血液中の水分やリンパ液が周囲の組織へ染み出ていきます。その結果、赤く腫れたような膨らみが発症します。

じんましんの発症する原因はわからないことが多いのですが、機械性じんましんは刺激を受けた部分にのみ出るので判断しやすいじんましんです。

またじんましんはかゆみを伴うことが多いのですが、機械性じんましんはかゆみを伴わないケースもあります。

機械性じんましんの症状

かゆみを伴う赤いポツポツが金属アレルギーなのかじんましんなのかを判断するために、機械性じんましんの特徴を覚えておいていただくと良いでしょう。

●最初は赤い発疹が出て、次第にミミズ腫れのようになる
●刺激を受けた部分にだけ発症する
●かゆみを伴わないこともある
●持続時間は数十分~数時間で、自然に消える

じんましんというと、かゆみがつきものというイメージがありますが、機械性じんましんはかゆみを伴わない場合があります。しかし、その部分を掻くと、その刺激が原因でかゆみが生じることがありますので要注意です。

機械性じんましんが発症したら、その箇所は掻かないようにすることが大切です。掻いてしまうとじんましんが広がり、症状の悪化を招くことがあります。

機械性じんましんの治療

一般的にじんましんは強いかゆみを伴うため、掻いて皮膚を壊したり、繰り返すたびに悪化させたりすることがあります。

かゆみがある場合は、冷やすことで症状の緩和を目指すことが望ましいです。冷たいタオルなどを当てて冷やしながら、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

機械性じんましんは、かゆみを伴わないこともあり、数時間で消えるので、それほど深刻な症状ではありません。

皮膚科を受診する頃にはおさまっている可能性もありますが、一度出ると慢性化する場合もありますので、発症している時に写真を撮っておいて医師に見せるのも一案です。

皮膚科を受診すると、抗ヒスタミン剤を服用して改善を図る場合が多いです。また、症状によっては塗り薬が処方されることもあります。

機械性じんましんの予防

ネックレスや下着のゴムの締めつけ、荷物による圧迫など、機械性の刺激は日常生活において避けることができません。

ですから、ネックレスをつけたままにしない、ゴムで締めつけすぎないなど、なるべく皮膚への負担を少なくするよう心がけましょう。

また、じんましんはストレスや自律神経も関係するといわれていますので、ストレスの解消、規則正しい生活、バランスのとれた食生活も大切かと思います。アルコールや刺激物によって悪化する傾向もありますので注意してください。いずれにしても健康的な生活をするに越したことはありません。

なお、機械性じんましんだと思っていたら金属アレルギーだった、ということもあります。見分けが難しいため、気になる場合は速やかに専門医に診てもらいましょう。




金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

*土曜日・日曜日・祝日は、予約枠が埋まりやすいので、お早めにご連絡ください。

*月間の制作数は13組が限界です。そのため現在、ご注文から完成まで4ヶ月をいただいておりますので、お早めにご連絡ください。

*ご来店いただかなくても、メールのやり取りだけで遠方からでも、ご注文可能です。お気軽にお問い合わせください。




新作と、お客さまの声を、写真画像とともに、随時こちらで公開しています。最近はご注文数が多く、3日~5日おきに新しく更新していますので、どうぞご覧ください。
↓    ↓
http://ringology.org

この記事を書いたプロ

東京ダイヤモンド株式会社 [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 廣瀬一京

東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL:080-7826-6811

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京ダイヤモンド株式会社の代表 廣瀬一京さん

ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという異なる分野で活躍(1/3)

 ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという全く異なる二つの肩書きを持ちながら、双方の分野で話題を集める廣瀬一京さん。東京ダイヤモンド株式会社の代表、ジーニアスファクトリージャパン株式会社の執行役員として活躍する彼の足跡を辿るこ...

廣瀬一京プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

金属アレルギーにならないレアメタル素材によるジュエリー制作

会社名 : 東京ダイヤモンド株式会社
住所 : 東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL : 080-7826-6811

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
2016年・2017年、年末年始も休まず営業いたします。

気付けば今年もあと2ヶ月。 つい先日まで真夏だったはずなのに、急に冬の訪れを予感するような、そんな季節に...

[ 営業日・営業時間 ]

鍼灸によるヒフの炎症。金属アレルギーかも。

鍼灸治療とは東洋医学で用いられる治療法のひとつで、鍼や灸で体表のツボから刺激を与え、さまざまな病気を改善し...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

じんましんの原因は何?金属アレルギーかも

突然、蚊に刺されたような大小の赤い発疹が発症し、強いかゆみが起こるじんましん。その特徴は全身のあちこちに現...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

結婚指輪も気をつけなければいけないアトピーの症状

アトピー性皮膚炎は現代社会に増え続け、もはや国民病ともいえるアレルギー疾患です。子どもの時にかかって大...

[ 指輪とアレルギー ]

金属アレルギーと間違う主婦湿疹とは?

手は乾燥、水仕事、紫外線など常に刺激を受けやすく、またいろいろな物に触れる機会も多いので肌トラブルも発症し...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ