コラム

 公開日: 2016-07-27 

金属アレルギーの起こる原因と過程とは?

今日は、金属アレルギーの起こる原因と過程をまとめさせていただきました。


金属アレルギーとは何か?


じつは、金属アレルギーの根本的な原因は、現代の医学でも見つかっていません。

金属アレルギー反応とは、人体のタンパク質が金属イオンによって変質しアレルゲンになって、そのアレルゲンに人体が過剰に反応している状態と説明されています。

現象の説明はそのとおりですが、なぜ過剰に反応してしまうのか?ストレスなど心理的な原因なのか?摂取した金属が一定量を超えたから、とか、原因そのものの明確な理由は、諸説あって明らかにはなっていないのです。


しかも、一度アレルギー反応が出てしまうと、金属アレルギーの体質が元に戻ることはほとんど無い、と言われています。

つまり、現時点では金属アレルギーになってしまう体質を、根本的に直すことは難しいと言えます。

また、もし仮に体質が改善したとしても、ふたたび金属アレルギーの体質に逆戻りする可能性は消し去ることはできません。



金属アレルギーの発症の過程について


金属アレルギーの発症の過程は、個人差もありますが、皮膚の薄い部分で起こりやすく、赤みから始まり、発疹や肌荒れ、重度の場合は膿や出血をともないます。

また、全身がなんとなくけだるくなったり、歯科用金属から溶け出した金属が消化器官から吸収されて、全身に発疹や肌荒れが発症する場合もあります。




金属アレルギーの心配がない状態とは?


そんな原因が分からないものに、どうやって対策するのか?

という声が聞こえてきそうですが、金属アレルギーの原因になる金属を取り除くことで、症状はなくなります。

つまり、反応する体を変えることは出来ないが、反応する対象を取り除くことは出来るということです。

ポイントは、金属アレルギーになる要素を排除すること。


現代生活を送る人の肌は、身に付けた金属が不安定になりやすい(溶け出しやすい)環境にあります。汗の中に含まれる塩酸と、大気中のNOXが混ざって、最強の酸である王水(おうすい)に近い化学物質が発生しているからです。

王水(おうすい)といえば、中学校の理科の授業を覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、塩酸と硝酸を3:1の割合で混ぜた強い酸です。王水は金やプラチナでさえ溶かしてイオン化させてしまいます。

そんな王水がごく微量でも発生している人の肌は、金属にとっては過酷な環境です。

なんでも溶かす酸に触れて、ほとんどの金属は不安定になってイオン化し、金属アレルギー反応を引き起こしてしまうのです。

したがって、金属アレルギーに対応するには、金属を身に付けないか、あるいは強力な酸に触れてもイオン化しない金属を選ぶか、どちらかしかない、ということが言えます。



金属アレルギーを起こしやすい金属と起こしにくい金属とは??


こちらの記事に、金属アレルギーになりやすい金属と金属アレルギーを起こしにくい金属の序列と、それぞれが使われている製品についてまとめさせていただきました。
http://mbp-tokyo.com/taiyo-chi

どうぞ、合わせてお読みください。






金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

*土曜日・日曜日・祝日は、予約枠が埋まりやすいので、お早めにご連絡ください。

*月間の制作数は13組が限界です。そのため現在、ご注文から完成まで4ヶ月をいただいておりますので、お早めにご連絡ください。

*ご来店いただかなくても、メールのやり取りだけで遠方からでも、ご注文可能です。お気軽にお問い合わせください。




新作と、お客さまの声を、写真画像とともに、随時こちらで公開しています。最近はご注文数が多く、3日~5日おきに新しく更新していますので、どうぞご覧ください。
↓    ↓
http://ringology.org

この記事を書いたプロ

東京ダイヤモンド株式会社 [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 廣瀬一京

東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL:080-7826-6811

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京ダイヤモンド株式会社の代表 廣瀬一京さん

ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという異なる分野で活躍(1/3)

 ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという全く異なる二つの肩書きを持ちながら、双方の分野で話題を集める廣瀬一京さん。東京ダイヤモンド株式会社の代表、ジーニアスファクトリージャパン株式会社の執行役員として活躍する彼の足跡を辿るこ...

廣瀬一京プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

金属アレルギーにならないレアメタル素材によるジュエリー制作

会社名 : 東京ダイヤモンド株式会社
住所 : 東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL : 080-7826-6811

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
2017年、お盆も休まず営業いたします。

表題の通り、代官山工房は、お盆も休まず営業いたします。わたしはこの仕事が大好きですから、朝9時から23時ま...

[ 営業日・営業時間 ]

タンタルとハフニウムの金属アレルギーパッチテストについて
イメージ

金属アレルギーが100%心配がない金属であるタンタルと、それに次ぐハフニウムですが、それでも事前にテストを...

[ 指輪とアレルギー ]

イリジウムの指輪が値上がりしています。

弊社で数多く扱っている希少金属の中で、もっとも原価の比率が高い金属はイリジウムです。 具体的な数字はここ...

[ イリジウム ]

【金属アレルギー対応】タンタルの結婚指輪を自作する方法
イメージ

こんなご質問をいただきました。 質問: タンタルの指輪を自作する方法のご指導をお願いできないでしょうか...

[ 稀少金属(レアメタル)の指輪 ]

タンタルやハフニウムの鎚目の指輪の作り方
イメージ

最近、ご注文をいただいたり、ご質問をいただくことが多い「鎚目(つちめ)」のデザイン。 そこで、今日は、こ...

[ 稀少金属(レアメタル)の指輪 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ