コラム

 公開日: 2015-07-07  最終更新日: 2017-10-04

なぜ、ジュエリーのハイブランドはチタンを用いないのか?

金属アレルギー対応のジュエリー・アクセサリーといったらチタンが有名です。

「チタン」の名前はご存知の方も多いでしょうし、指輪かピアスか、あるいはその他のチタン製品をなにか1つは持っている方も多いのではないかと思います。


ですので、よく聞かれるのは、

「チタンとタンタルとでは何が違うのですか?」

「チタンとハフニウムとでは何が違うのですか?」

「チタンで金属アレルギーが発症したことがありますが、御社のタンタルなら安心なのでしょうか?」

という、ご質問です。


そこで、今日は、実際に加工を行っている立場から、チタンについて、詳しく書いておこうと思います。


そもそもチタンとは何?


チタニウムといったりもしますが、チタンは地球上で9番目に多い元素で、二酸化チタンのかたちで岩石中に多く含まれ、地殻の構成の0.5~0.6%を占めています。

このことからチタンは、実はレアメタルではなくコモンメタル(レアメタルの対義語)なのですが、精錬にコストがかかり手に入りづらいことからレアメタルの一種のような扱いをされています。

ひと昔前でいうと、アルミニウムが似たような扱われ方をしていました。大量の電気を使わないと精錬できないアルミニウムは、約150年前に精錬が成功した当時、軽くてピカピカ輝く夢の金属のように扱われていました。ナポレオン3世が、当時珍しいアルミニウムの食器を自慢していた逸話なども残っています。

つまり同様に、チタンは珍しく見えて、実は結構ありふれた存在なのです。

このことは、将来、資源が涸渇することはなく、精錬技術が進歩するとコストが下がり、もっと多くの用途が切り開かれることも意味しています。

今、この記事を書いているMac book airは、アルミニウムでできていますが、チタンで作られることになったらかっこいいですね^^


チタン製品は、こんなところに


チタンはサビない、丈夫、軽い、という性質から高機能な製品によく用いられます。飛行機や宇宙船の部品に始まって、自転車のフレーム、メガネ、ゴルフクラブなど。僕の好きな釣りの世界でも釣り竿の部材など現時点で最高級のパーツはチタンです。

また金属イオンが溶け出しにくく、生体適合性が高いことから、医療分野や歯科治療のメインの金属はチタンです。チタンのインプラントや人口骨などですね。金属アレルギー対応のジュエリー・アクセサリーに用いられるのも同じ性質(生体適合性の高さ)によります。

また、やや赤茶色がかった黒灰色のチタン独特の色は、渋さと高級感を感じさせてくれます。この渋さと高機能のイメージから、オトコノコゴコロをくすぐるデザインとして用いられることも多いです。

他、着けているだけで体がポカポカする健康グッズ(チタンネックレス、チタンブレスレット)や、集中力が高まるアスリートのためのグッズのような、謎の効果効能を謳った製品が多いのもチタンの不思議な特徴です。



なぜ、ジュエリーのハイブランドはチタンを用いないのか?


そんなチタンですが、欧米系のジュエリーのハイブランドは、なぜかチタンを用いることはありません。

スワロフスキーなどのアクセサリーに用いることはあっても、宝石と合わせたジュエリーになることはありません。(欧米の伝統的な世界では、アクセサリーとジュエリーははっきり区別されます。)

これはなぜなのでしょうか?

それぞれのブランドのポリシーなので、使いたくないから、と言えばそれまでなのですが、チタンの軽さや工業的な・量産的なイメージなどを敬遠する傾向があるようです。

伝統的な世界では、金とプラチナこそが貴なる金属(貴金属)で資産価値があり、それ以外は卑しい金属(卑金属)で資産価値は無いという価値判断が強いのです。

いくら高機能だと言っても、金属の中にもやっぱりヒエラルキーがあって、そのヒエラルキーの中では下位に位置づけられてしまうのですね。



チタンとハフニウムの比較


その他、チタンは強アルカリや酸化力の強い酸に弱いという化学的弱点もあります。

日常的な環境において問題になることはほとんどありませんが、水酸化ナトリウムの原液が付着すると、わずかに発泡しながらゆっくり腐食してゆきます。また塩酸、濃硫酸にも溶けてしまいます。

ですので、高いと言われるチタンの耐食性も完璧ではないということです。

そして、元素周期表を見ると、チタンの2つ下に位置するハフニウムという金属があります。

元素周期律表
元素周期律表

元素周期表は下にいくほど、一般に存在度が低く、高価になり、かつ化学的には安定してゆきます。

周期表の通り、ちょうどハフニウム・ジルコニウム・チタンの関係が、金・銀・銅の関係に対応しており、銅は錆びるが金は錆びないのと同様にチタンではやや不安のある耐食性(アルカリに弱い・薄茶色に変色する)もハフニウムでは心配がありません。

銅と金の違いと同様に希少性もずっと離れており、ハフニウムの地殻存在度はチタンの約1500分の1です。

そしてハフニウムが人気の理由は、色がプラチナに近い銀白色であることです。しかもこの銀白色は金属自体の色なので、メッキと違って剥がれることもないですし、変色の心配もありません。



チタンとタンタルの比較


一方で、ハフニウムと同じく元素周期表上の最後の周期にあって、ハフニウムの隣に位置するのがタンタルです。タンタルは更に珍しく、地殻存在度はチタンの約4000分の1です。

この最後の第6周期には、イリジウム、オスミウム、レニウム、プラチナ、金などずっしり高密度の元素が並んでいますね。

タンタルは、チタンよりも更に黒く、重く(約4倍)、非常に個性的な印象の金属です。おそらく身に着けているタンタルの指輪を知り合いに手渡してみると、「こんな金属があるの!?」と驚かれるでしょう。

数年前にスイスのオーディマピゲが腕時計にタンタルを採用して話題になったことを、もしかしたら知っている方がいるかもしれません。(タンタルをあれほど精密に加工するのは驚くべきです。興味がありましたら「オーディマピゲ タンタル」と検索してみてください)

そしてタンタルの最大の人気の理由は、酸にもアルカリにもまったく溶けないので、金属アレルギーの原因になることが100%無いという点です。


タンタル、ハフニウムともに、金属としての性質や価値などはチタンより優れていますが、一方で価格はチタンよりもずっと高くなってしまうので、購入できる方は限られてくると思います。

ですが、一切腐食しない、変色しない、金属アレルギーにならないという安心感は、他では替えられない特徴だと思います。



このタンタルとハフニウムは、じわじわと人気が広がっており、2016年は合わせて226本の指輪をご注文いただきました。


材料が手に入りづらいのと加工に時間がかかることから、3.5ヶ月待ちの状態になっていますが、歓びの声もたくさんいただいています。

こちらにタンタルやハフニウムの指輪の出来上がり写真を、お客さまの声と写真画像とともに、公開しています。最近はご注文数が多く、3日~5日おきに新しく更新していますので、どうぞご覧ください。
↓    ↓
http://ringology.org




金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当者直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

*土曜日・日曜日・祝日は、予約枠が埋まりやすいので、お早めにご連絡ください。

*ご来店いただかなくても、メールのやり取りだけで遠方からでも、ご注文可能です。お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたプロ

東京ダイヤモンド株式会社 [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 廣瀬一京

東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL:080-7826-6811

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京ダイヤモンド株式会社の代表 廣瀬一京さん

ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという異なる分野で活躍(1/3)

 ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという全く異なる二つの肩書きを持ちながら、双方の分野で話題を集める廣瀬一京さん。東京ダイヤモンド株式会社の代表、ジーニアスファクトリージャパン株式会社の執行役員として活躍する彼の足跡を辿るこ...

廣瀬一京プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

金属アレルギーにならないレアメタル素材によるジュエリー制作

会社名 : 東京ダイヤモンド株式会社
住所 : 東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL : 080-7826-6811

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
2017年、お盆も休まず営業いたします。

表題の通り、代官山工房は、お盆も休まず営業いたします。わたしはこの仕事が大好きですから、朝9時から23時ま...

[ 営業日・営業時間 ]

タンタルとハフニウムの金属アレルギーパッチテストについて
イメージ

金属アレルギーが100%心配がない金属であるタンタルと、それに次ぐハフニウムですが、それでも事前にテストを...

[ 指輪とアレルギー ]

イリジウムの指輪が値上がりしています。

弊社で数多く扱っている希少金属の中で、もっとも原価の比率が高い金属はイリジウムです。 具体的な数字はここ...

[ イリジウム ]

【金属アレルギー対応】タンタルの結婚指輪の作り方
イメージ

こんなご質問をいただきました。 質問: タンタルの指輪を自作する方法のご指導をお願いできないでしょうか...

[ 稀少金属(レアメタル)の指輪 ]

タンタルやハフニウムの鎚目の指輪の作り方
イメージ

最近、ご注文をいただいたり、ご質問をいただくことが多い「鎚目(つちめ)」のデザイン。 そこで、今日は、こ...

[ 稀少金属(レアメタル)の指輪 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ